設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第40話 エルフちゃんと節分と高校受験
だい40 エルフちゃんと節分せつぶん高校こうこう受験じゅけん

 二月にがつ三日みっか節分せつぶん
 節分せつぶんとは立春りっしゅん前日ぜんじつになる。じつ時差じさ関係かんけい正確せいかく日付ひづけ中国ちゅうごく日本にほんちがうことがあるらしい。
 立春りっしゅん太陽たいよううごきにわせてまって閏年うるうどしなどの関係かんけいもあり四日よっかだったり三日みっかだったりする。

「おにわーそと」
「あわわわ」
「ふくわーうち」
「あわわわ」

 もちろんやったことがないというララちゃんをまじえて、いもうとのエリカと幼馴染おさななじみのハルカと一緒いっしょだ。
 正確せいかくには「おにそと」「ふくうち」だけども、ララちゃんの発音はつおんはちょっとだけ違和感いわかんがある。それはそれでなんかかわいい。
 一本いっぽんつの赤鬼あかおにさんで二本にほんつの青鬼あおおにさんだ。諸説しょせつあり。
 それでおれおに紙製かみせい仮面かめんかぶって、みんながおれかってまめいている。このおめん二本にほんつのだけど赤鬼あかおにさんだった。
 いえ廊下ろうかまめだらけだ。幼稚園児ようちえんじもかくやという本気ほんきっぷりだった。
 まめった大豆だいずだ。のこったまめのうち年齢ねんれいぶんだけべる。
 うちではちたまめはすってこなにしてにわしたくけどこれは一般的いっぱんてきではないとおもう。

「えへへ、十六個じゅうろこですぅ」
わたし十四個じゅうよんこでーす」

 まめをパクパクべる。ちいさいころおじいちゃんたちがあそびにきて「年齢ねんれいぶんもたあくさんあってべられんわあ」とかっていたようながする。
 まあ六十ろくじゅっとか七十ななじゅっだから、そんなに正確せいかくかぞえられないかもしれない。

「こういう文化的ぶんかてきなことはあまりやらないので面白おもしろいですぅ」
「ああ、こういうのは日本にほんっぽいな」
「もっといろいろあるなら体験たいけんしたいですぅ」
「そうだね。もう七夕たなばたとかもやったけど」
七夕たなばたねがごとですかぁ、あれもロマンチックでよかったですねぇ」
「ああ」

 翌日よくじつ立春りっしゅんだ。
 あ、でも日本にほんでは立春りっしゅんだからといってもとくなにかをするわけではない。
 前後ぜんごして旧正月きゅうしょうがつはある。とく中国ちゅうごくではいまでも旧正月きゅうしょうがついわうので一部いちぶのネットゲームではこの時期じきにおまつりがあったりするらしい。
 日本にほんサーバーはげつおくれで四月しがつ新年しんねんしんアイテムが配布はいふされるなんて運営うんえいもごくまれにある。
 まあそのへん状況じょうきょうによる。

 さてなに特筆とくひつすべきことといえば、いもうと受験じゅけんがあった。
 公立こうりつ高校こうこう試験しけんだ。
 筆記ひっき面接めんせつべつにあり、中学ちゅうがくではなく高校こうこうって受験じゅけんする。

ってきます」
頑張がんばってこいよ」
頑張がんばってきてください。ファイトですぅ」
「ありがとう、おにいちゃん、ララちゃんも」

 あさからすでにきそうだ。
 これは受験じゅけんがイヤなのではなく、うれしきだった。
 もう安全圏あんぜんけん判定はんていされて筆記ひっき試験しけんかるつもりでいる。問題もんだい面接めんせつ内申ないしんといわれるものだ。
 面接めんせつ礼儀正れいぎただしいから大丈夫だいじょうぶだろう。べつにおかしいところはない。
 もう高校こうこう入学にゅうがくすら不可能ふかのうで、ずっと病院びょういん原因げんいんわからずそのままんでしまうかもしれないとおもっていたのに、回復かいふくして勉強べんきょう必死ひっしにしたのだ。

「もういま奇跡きせきみたいなものだから、なにがあってもわたし大丈夫だいじょうぶ
「ああ、よかった。つよくなって」
「もうメソメソしないもん」
「いやぎゃく不治ふじやまいから逆転ぎゃくてん復活ふっかつって面接めんせついてみせたらどうだ」
としするってこと? たしかに出席しゅっせき日数にっすうとかりないどころじゃないんだけど、病院びょういんでナースさんと勉強べんきょうした出席しゅっせきあつかいにしてもらってるし」
「そうそう、そうやってもうんじゃうとおもいましたってくの」
ずかしいからちょっとメソメソするだけにするね」
「ああ、そうしてこい」

 この作戦さくせんはどうやらうまくいきそうだ。

「えへへ、筆記ひっき勉強べんきょうした範囲はんいないだったかららくだとおもう」
「へぇ」

 このはへっちゃらなかおうが、おれ結構けっこうぎりぎりで合格ごうかくだったとあと教師きょうしおしえてもらったので、がない。
 優秀ゆうしゅういもうとってよかったとよろぶべきなのだろう。

 面接官めんせつかん体調たいちょうわるいのに勉強べんきょう必死ひっしにして合格ごうかくラインまで勉強べんきょうはげみ、病気びょうきけないで頑張がんばったいもうときそうになったところで、えらい感心かんしんしたらしく「もう合格ごうかくだとおもいますが」と口走くちばしったらしい。
 おれ学校がっこう公立校こうりつこうなかではうえほうなので、結構けっこうきびしいが、そうか先生せんせいたちのこころうごかしたか。
 べつ事実じじつなだけで、をもむ必要ひつようはない。ただ面接官めんせつかんだってひとだってことはわりがない。でなきゃ面接めんせつなんてやる意味いみがない。

合格ごうかくできそうですっ」
「よかったな」
「よかったですぅ」
合格ごうかく発表はっぴょうまでたのしみですね」

 この余裕よゆうっぷりだった。

 私立しりつ試験しけんももうすこあとであった。
 こちらは今回こんかいすべめということになるので、気楽きらくなものらしい。
 ただでも公立こうりつおれおな学校がっこうである県立けんりつ埼台さいだいひがし高校こうこうきたいとのことで、私立しりつ眼中がんちゅうになくやるはない。

「おにいちゃんとおな学校がっこうじゃきゃ、んでもいい」
「それはまたおおげさな」
「それくらい一緒いっしょ学校がっこうがいいの。こうして中学ちゅうがくってるのだって我慢がまんしてて、本当ほんとうはもうきゅうおな学年がくねんになりたいのに」

 優秀ゆうしゅういもうとはこうってのける。たしかにいもうとくらい頑張がんばあたまがいいならきゅうしてきそうだ。
 案外あんがいやってみたらできたりして。日本にほん制度せいどがどうなってるからないけど。

「そんなにおれのこときか?」
「え、大好だいすきだよ、おにいーちゃん」

 あまえたねこなでごえってくるから、こっちはあたまがクラクラしそうだ。
 いもうとすことはないが、かわいいものはかわいい。
 ずっとひざうえかかげていたいほどだった。

 そんなこんなで、男女だんじょ一年いちねんのメインイベントともいえる、バレンタインがやってくる。

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する