設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

50 収納のリュックサックだよ
●50 収納しゅうのうリュックサックrucksackだよ

 収納しゅうのうリュックサックrucksackりにした。
 結論けつろんからべるなら、初日しょにちはものすごいれた。
 それもバッグbag目当めあてでなくて、たまたまっただけの冒険ぼうけんしゃさんたちに。

「おい、ちょっとこっちてみ」
リュックサックrucksackだな。えっと普通ふつうリュックruckならめっちゃたかいな」
「バカうなよ」
かってる。ちょっとしんじられなかっただけだから。これ収納しゅうのうリュックruckだろ」
「だよな」
なんばい?」
はちばいだな」
「えそれでこの値段ねだんなの?」
「ああ」
「まじでか

 冒険ぼうけんしゃて、コント[skit]みたいな会話かいわをしていた。
 あー、どうも量産りょうさんしすぎたせいで、値段ねだんがめっちゃやすくできたんだよね。

 あとほか冒険ぼうけんしゃいたんだけど、王都おうとはい収納しゅうのう魔道具まどうぐさんばい圧縮あっしゅく普通ふつうで、たかくてもばいぐらい。
 これははちばいぐらいだね。
 お値段ねだんさんばい圧縮あっしゅくのおみせさんぶんいちくらいらしいよ。

「えっといくらだけ」
「お値段ねだん丁度ちょうど金貨きんかいちまい
たかいけど、けども。めっちゃやす

 普通ふつうのおみせ金貨きんかさんまいぐらいのお値段ねだんなんだね。
 収納しゅうのうせきいち回分かいぶんで、わたしならなんもできるから、コストcostパフォーperfor-マンスmance全然ぜんぜんちがうらしい。
 魔力まりょくポーションpotionはというか回復かいふくポーションpotionもそうなんだけど、なんもたくさんむと、ポーションpotion中毒ちゅうどくという症状しょうじょうて、ひどいと場合ばあいによってはんでしまう。
 もとリュックサックrucksackもちょっとたかいというのも問題もんだいだったりするし。

 すぐに携帯けいたいしいとおもっていたけど、収納しゅうのうリュックruck需要じゅようがあるなあと子供こどもたちをていておもいついたのが、よかったみたい。
 いやあ、直感ちょっかんってたるといいよね。
 たらないと悲惨ひさんだけど。

 それからうわさきつけた冒険ぼうけんしゃるわるわ。
 王都おうとでは、あんまり冒険ぼうけんしゃがいないといっても、西にしもりひとはそこそこのかずいるらしい。

収納しゅうのうリュックruck、まだってますか」
収納しゅうのうリュックruckはなしいてたぜ」
「なんか収納しゅうのうリュックruckがすげえおどくって」

 続々ぞくぞくる。

収納しゅうのうリュックruck、あの、借金しゃっきんでいいので、ってくれませんか
「いやあ、さすがに借金しゃっきんはだめですね。どこかでりてくるならいいですけど」
「そうですか」

 しょんぼりしていく、ちょっと貧乏びんぼうそうな青年せいねん
 ごめんね、さすがに借金しゃっきんるのは無理むりだわ。うちもやすっているから、もうけもそこまでおおきいわけじゃないし。

 これはもしかしたら、普通ふつう値段ねだんれば、丸儲まるもうけなのでは。
 あ、でもそんなにたかかったらえないのか、みんな。
 たかいとれない。
 やすいともうけがあんまりでない。
 なかなかいい塩梅あんばいさがすのはむずかしい。
 こればっかりは、いままでの経験けいけんだけでは無理むりだった。

「ちょっとミレーユさん」

 あ、おみせ直接ちょくせつメイラさんがはしってる。ちょうめずらしい。
 今日きょううつくしいですねおねえさん。

「あ、はい。ミレーユです。ご機嫌きげんうるわしゅう」
「はいはい。挨拶あいさつとかいいから、このさわぎ、なんなの、収納しゅうのうリュックruckですってね」
「おみみはやいようで、はい。ちょっと量産りょうさんしてしまいまして、一掃いっそうセールsaleなんですよ」
一掃いっそうセールsaleだったのか」
「あ、いえ、あの、ずっとこの値段ねだん予定よていなんですけど」
「それはセールsaleとはわない」
「あ、はい」
「どうしてこうなったんだ」
「いやあ、あのう」
わるい、おくとおしてくれるかい」
「はい」

 おみせおくかいがってはなしつづける。
 ことのいきさつ、収納しゅうのうせきをちょっとおどくんだことと、自分じぶんには量産りょうさん可能かのうなことを説明せつめいした。

「はあ、まったく」
普通ふつうつくっただけですよ。ちょっと子供こどもたちのぶんのついでに」
「ついででこれか」
「いやあ、まあ、面目めんぼくない」
「で、もっと量産りょうさんできるの?」
「やろうとおもえば、もうちょっといけますね。ただリュックruckってこないといけなくて、それが面倒めんどうくさいんです」
かった。リュックruckはこっちでなんとかする」
「え、あれ」
協力きょうりょくしよう。なにギルドguildたよってくれ」
「あーよかった。めっちゃおこられるのかとおもっていた」
「いやおこりたくても、もうってしまっている。あとまつりだ」
「そうですね」

 こうしてリュックruck増産ぞうさんギルドguild加盟かめいてんおこなわれている。在庫ざいこまわしてもらっている。
 お値段ねだん小売こうりでってくるより、なんとやすい。卸値おろしねえた。
 おとくとく

 わたしはせっせと、あつまったリュックruck可能かのうかぎり、はちばい圧縮あっしゅく収納しゅうのう魔道具まどうぐにしていった。

 商人しょうにんたちにもぶようにれていた。
 ポーションpotionみたいにナマモノではないので、あればあるだけれるらしい。
 でも、そう簡単かんたんにもかない。
 王都おうとでの収納しゅうのうせき在庫ざいこえた。ほか業者ぎょうしゃあせってあつめているらしく、収納しゅうのうせき値段ねだんがり気味ぎみだった。
 収納しゅうのうせきはもともと高値たかねだったためにそこまでれていなくて需要じゅよういとみなされていた。その在庫ざいこすくなかったのが問題もんだいだったらしい。
 収納しゅうのうせきがないと、収納しゅうのうリュックruckにはできない。継続けいぞく販売はんばい無理むりということになって、一度いちど撤退てったいということになる。

 それでもたか商品しょうひん利益りえきけたちがって、それなりのもうけにはなりました。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する