設定を選択してください。

少年賢者アルム・サロクの事件簿 ~小さい天才は謎を相手に無双する~ 【魔法陣殺人事件】編

新館周りでの聞き取り捜査
 新館に入りたくても入れないので、俺とリリーは旧館内をウロチョロしていた。メリナは仕事があるし、学者たちは客間で再び【魔法陣】とにらめっこをしている。

「マーカス様を昨日最後に見たのはいつか? そうねえ
「些細なことでもいいから、何か覚えてない? お色直しの時とか」
「う~~~~~~ん、思い出せないわ、ごめんなさいね。坊や」

 通りかかる使用人に聞いてみるのだが、あまり芳しい成果は得られないままである。

全然いないね。マーカスさんを見たって人」
「ああ。お色直しの時間を含めても、いくら何でも屋敷の外に出たとかは考えにくいんだけどなあ」

 マーカスが殺されたとして、その遺体はどこにあるのかも、依然としてわからないままだ。

「パパは、どこにマーカスさんの遺体があるか検討はついてるの?」
「んー、そうだなぁあくまで、俺の場合だったらだけど

 リリーの問いかけに俺は、新館の1階を指さす。

3階の書斎を爆破するなら、遺体は1階より下に隠すかな」
「どうして?」
「爆発なんてしてみないと被害がわからないだろ。そうしたら、2階に置いとくのは危ないじゃないか。何かの拍子で出てくるかもしれない。だったら、最初から1階に置いといた方が、バレる可能性は低いしな」
「なるほどねえ」
「間取り知らないから、地下室もあるのか知らないけど地下室がなければ、1階のどこか、かな」

 そんな風に話しながら、俺達は旧館中庭の周りをグルグルと回っていた。新館は旧館に囲まれるような作り方をしている。中庭の真ん中、敷地ギリギリのところに建てたのだろう。そして後ろの敷地外は、森になっている。
 新館の警備は中々に厳重で、正面玄関はもちろん、左右の窓からも入れないように、使用人が見張りに立っていた。いずれも屈強な男たちで、簡単には入れそうもない。屋敷に入った時の、槍を持った門番も警備に回されている。

いっそ、あの人たちやっつけて中に入っちゃう?」
「お前、次それ言ったらデコピンな」
「ぴえっ」

 そんなやり取りしながら新館の周りをうろうろしている子供と、それにくっついている女性というのは、目立つものだ。警備の人も、先ほどからちらちらとこちらを見ている。リリーが悪魔だということも知っているはずだから、ごくりと息を呑んでいる人もいた。本当すみません。

「――――――コラ――――――っ!」

 突然、旧館から怒鳴り声が聞こえてきて、俺たちはびっくりしてそちらを見やった。
 見やれば、若いメイドさんに、太ったおばさんメイドのフジノが、カンカンに𠮟りつけている。

「ダメじゃないの、お客様も来てるんだから! 壁によりかかったりしたら!」
「で、でも、ここは旧館だし、別にいいかなって
「新館、旧館とか、そんな問題じゃないでしょう!」
旧館だし?)

 その言葉が気になった俺は、フジノがいなくなったタイミングで、そのメイドさんに話しかける。彼女は彼女で、いなくなったフジノの背中に向けて舌を出していた。

「ねえ、お姉さん。ちょっと聞きたいんだけど。新館で壁によりかかると怒られたの?」
「あら、今の見られてた? ええ、マーカス様が建築した屋敷なんだけど、壁によりかかってサボってると、「だらしないことするな!」ってめちゃくちゃ怒られたのよ」
「んー、でも、あのマーカスは自分がそんなこと言えたような態度じゃなかったような

 リリーの言葉に、メイドさんは苦笑いした。恐らく、呼び捨ても含めての苦笑いだろう。 

そう言えばマーカス様があんな風に怒るようになったの、新館が建てられてからね。以前はメリナと旧館で話すときとか、彼女、壁によりかかってたし」
「メリナさんが? それって、メリナさんが幼馴染だから?」
「いや、違うわ。むしろ逆で、メリナこそ新館で何か触るたびに「触るな!」って怒られてたもの。メイドの中でも、一番怒られてたんじゃないかしら」

 そうなのか。そんな仕打ちを受けていたのに、あの事故を見て真っ先に駆け付けてくるっていうのは、凄いな。

しかしあのフジノのバーさん、マーカス様が死んだってのに、全然調子変わらないわねえ、腹立つわぁ」
「フジノさん? ああ、さっき怒られてたよね」
「あの人、マーカス様の乳母だったのよ。旦那様の推薦でね。それでマーカス様と仲が良くて、メイドの中でも年長だからって偉そうにしてさ! あの太っちょババア!!」
「そ、そうなんだ。大変だね、ははは

 指の爪を噛みながら愚痴るメイドさんに、俺達は笑うしかない。

「いっそ、ずっとしょげたままでいてくれれば、こっちも仕事しやすいってーのに。って、こんなの子供に言うことじゃないわね。忘れて頂戴な」

 じゃあね、と言ってメイドさんは、バケツとモップを持って去ってしまった。
次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する