設定を選択してください。

海老郎メモ【電脳研究所】

小説の見え方比較テスト
小説の見え方比較テスト

 こんにちは。こんばんは。当文章のガイドを務めますナビーと申します。
 この文章では各小説投稿サイトで「小説の見え方」の違いに迫ってみたいと思います。
 テキストは文字が並んでいるだけでどのサイトでもほぼ同じと思っているかもしれません。しかし実際にはHTMLやCSSの設定により、非常に細かい部分で相違があります。

◆1. タイトルの長さ

 小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ、pixivは最大100文字です。
 アルファポリスは最大70文字です。

 サブタイトルの長さもタイトルとそれぞれ同じです。

◆2. 文字コード、データの保持方法

 小説家になろうでは、サロゲートペアは保存できません。また半角カタカナは保存時に全角カタカナに強制置換されます。ほとんどの絵文字は使えません。
 カクヨム、ノベルアップ、アルファポリス、pixivでは、Unicodeの文字がそのまま使えます。絵文字も問題ありません。
 アルファポリスではWindowsで使われるCP932の範囲を超えると、保存時または再表示時にHTMLの数値文字参照というものに置換されます。アプリ版では参照にはならないようです。

 髙 CP932の漢字テストにはハシゴ高と呼ばれるこの文字が覚えやすいです。
 &  半角アンド記号のテストです。

◆3. 本文の長さ

 小説家になろうでは200文字以上、7万文字以下の制限があります。
 カクヨムではオレオの通り1文字?ぐらいからですが、最大文字数の制限はないようです。
 ノベルアップでは最大7万文字以下です。
 アルファポリスでは10万文字以下です。

 小説家になろうでは短編が短編として、目次ページなしで本文に直行できる構造になっています。また複数の作品のリンク集をまとめることができる「シリーズ」を作ることができます。
 カクヨム、ノベルアップ、アルファポリスでは短編の区分はありますが、ページ構造の特別扱いはありません。

 pixivは最大30万文字です。newpage専用タグによりページ切り替えができます。またシリーズ機能があります。代わりに連載がなく「次へ」という風にはなっていなくて、各話が別作品扱いで独立しています。

◆4. 折り返し、禁則処理

 ここでテストしたいのはwrapの違いです。日本語で言えば「折返し」のことで「禁則処理」も含みます。

■4-1. 読点の行頭禁則処理

 あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ。
 ああ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ。

 どうでしょうか。読点「、」が行頭に来たりしていませんか。
 なお2行目の行頭が「ああ」なのは1文字分行末をずらしてテストしたいためで、ワザとです。

■4-2. 英語ワードラップ

 abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi abcdedghi.
abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded abcded.

 英文は単語単位のワードラップになっているでしょうか。
 小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ、pixivではワードラップです。
 アルファポリスのweb版では単語の途中でも改行されてしまいます。一方アプリはワードラップになっています。

■4-3.  長単語の折り返し

 abcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghiabcdedghi.
 エンシェントドラゴンの咆哮だ。
 GGGGGGGGGGGGRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO.
「うわあああーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

───────────────────────────────────────────────────────────

 とても長い英語はちゃんと折返しになっているでしょうか。たまに右側にはみ出る処理になっていて読めないアプリがあります。
 こんなのは小説に出てこないと思うかもしれませんがURLだったり、ドラゴンの英文字の咆哮などでたまに見かけます。
 また自作の罫線で横に長い線が引かれていることもあります。

 (2021-05-16追記この不具合は修正されているようです)
 ノベルアップでは縦書きのとき、プレビューと横縦の設定を変更した直後、縦書きスペースの縦幅がこの長い単語が折り返しなしの高さになってしまい、上下スクロールが必要になってしまいます。
 あらかじめ縦書き設定にしてから表示すると、めでたく途中で折返しになります。

 Androidアプリ「なおり」と、シケメンプリントさんの「縦書小説PDFメーカー」で折り返しにならないことは確認しています。

◆5. 全角記号

 今度は各種記号の表示確認をしたいと思います。

 あいうえお
 3点リーダー
 ♥♥♥♥♥ハート
 ★★★★★黒星
 ☆☆☆☆☆白星
 ♪♪♪♪♪音符
 ―――――ダッシュ
 —————EM DASH
 ─────罫線
 ━━━━━太罫線
 ◆◆◆◆◆黒ひしがた
 ◇◇◇◇◇白ひしがた
 ■■■■■黒四角
 □□□□□白四角
 ●●●●●黒丸
 ○○○○○白丸
 ▲▲▲▲▲黒三角
 △△△△△白三角
 ▼▼▼▼▼黒逆三角
 ▽▽▽▽▽白逆三角
 ×××××バツ

 横幅を比較するために5個並べました。
 あいうえおと縦が揃っていないなら日本語表示としては難があります。
 3点リーダーは中央に表示されているでしょうか。
 ダッシュはつがなって表示されていますか。

 少なくともノベルアップのWindowsのゴシックで横書きでは三点リーダーが下付きになっています。明朝体では問題ありません。
 どのサイトもハートはスマホのweb表示では、赤い絵文字で表示されます。ただしノベルアップで明朝を選択していると黒ハートになります。
 アルファポリスのスマホweb版では、あまり実害はないものの縦書きで、EM DASHの線が横向いています。

◆6. 記号絵文字

 次は一部記号類の扱いです。

 U+203C ‼ 感嘆符二つ
 U+2047 ⁇ 疑問符二つ
 U+2048 ⁈ 疑問符感嘆符
 U+2049 ⁉ 感嘆符疑問符
 U+2642 ♂ オス
 U+2640 ♀ メス

 表示環境や指定フォントにより絵文字などになってしまうことがあります。

 疑問感嘆符系は稀に小説家になろうなどで絵文字になっているのを見たことがあります。発動条件はよく分かりません。
 オス、メスなどはTwitterなどで絵文字になっているのは見かけます。

◆7. 空白文字制御、pre、TAB

 次はpreというのを調べたいと思います。

 行頭全角空白1つ 空白  空白2つ   空白3つ
  行頭全角空白2つ
   行頭全角空白3つ
半角空白1つ 半角 半角2つ 半角3つ
半角空白2つ
半角空白3つ
半角空白4つ
行頭空白なし
TABTAB1つTAB2つ
行頭TAB2つ
行頭TAB3つ
 全角1つ
  全角1つ半角1つ
  全角2つ
   全角2つ半角1つ

 STR 10※半角SP
 VIT 5※全角SP
 INT 8※nbsp x2

 小説家になろう、カクヨムでは空白処理はpreではなくHTML規則になるので半角空白2つ以上は1つにまとめられてしまいます。また行頭の半角空白は削除されます。全角はそのままです。
 (注2022年5月~6月の間になろうではサイレント修正されて半角空白がそのまま反映されるように変更されたようです。行頭、複数空白ともにそのまま表示されます)
 一方でノベルアップ、アルファポリスのweb版ではpre処理されて連続した半角空白もそのまま空白として表示されます。
 ただし表示フォントによっては、プロポーショナルの場合に半角空白は全角空白の半分の幅ではありません。
 アルファポリスのスマホweb版で縦書きのとき、半角空白が正立しているらしく、半角空白の数ぶんの全角空白と同じ幅になっています。
 アルファポリスのアプリでは全角空白はそのままで、単語間の半角空白は1つにまとめられ、行頭半角1つはそのまま、行頭半角空白2つから4つでは全角空白1つにまとめられて表示されました。
 pixivもpre派のようです。TABもタブストップが適用されています。
 何かの表やステータス表示などがあるときに、この空白処理の違いでインデントを揃えたつもりだったのに、ガタガタだったり丸々インデントが消えたりします。

 TAB文字は変則的です。非推奨文字ですが、たまに混ざっていることがあります。
 小説家になろうでは保存時に削除されてしまいます。
 カクヨムではTABは保持されますが、表示の際は半角空白と同じ扱いです。
 ノベルアップではタブストップでPC/Firefoxで最大全角8文字分、スマホ/Chromeで全角4文字相当の空白のようです。
 アルファポリスでもTABは保持されますが、半角空白と違いpre扱いされずカクヨム同様にHTMLの空白処理相当です。スマホweb版の縦書きだと途中のTAB文字の連続はひとつの全角空白ぶんだけ空きます。

 後で触れる縦書き時の横倒し・縦中横の設定に関して、カクヨム、pixivでは「STR 10」のような文字列の場合、半角空白と前後の半角英数を一体の英文列とみなして、横倒しになります。ステータス表示とかを書いて全半角混在の空白でインデントをすると数字が縦になったり横になったり思ったのと違うような感じになります。

◆8. 括弧と句読点の空白

 これは、「読点開き括弧」です。
「これは、会話文の句点閉じ括弧です。」
「「「はい」」」

 読点開き括弧、句点閉じ括弧がそれぞれ続く場合、多くの投稿小説サイトでは、句点が全角幅、括弧も全角幅です。そのため見た目上に空白が空いています。
 読点開き括弧では全角空きが間にあるように見えるはずです。
 句点閉じ括弧では間に半角幅の空きがあるように見えるはずです。
 括弧連続では、それぞれの間が半角幅の空きがあるように見えるはずです。

 しかし『日本語組版処理の要件』の3.1.4では、読点開き括弧では2分空き(半角空白)、句点閉じ括弧と括弧連続ではベタ組というふうに空き幅の指定があります。
 一部の電子書籍アプリやPDF出力ソフトなどでは、この空き幅を調整しているものが存在します。例えば、Word、縦書小説PDFメーカーがそうです。

■Android 12/Chrome/小説家になろう

 上記スクリーンショット(画像なし)はAndroid 12のものです。アキが調整されているのが分かると思います。
 少なくともこのスマホではなろうおよびカクヨムでこの調整が有効です。
 リガチャーやカーニングのようにシステムフォント自体にこの機能が組み込まれた設定になっていると推察されます。
 今後はこのような対応フォントが増えていくと考えられます。

◆9. ルビ

 次はルビの一部について調べます。

 漢字かんじ
 前部分短いとてもながいルビがしていされているばあいです。
 逆に長いベース文字の指定みじかいです。
 
 カクヨム記法による圏点
 *でんでんコンバータによる*圏点

 小説家になろうで表示可能な範囲で例示します。
 ルビ表記の詳細はサイトにより異なります。
 特に小説家になろうとノベルアッププラスでは丸括弧()が勝手にルビになる機能があります。これが場合によってただの文字列のつもりがルビになってしまっている場合があります。ご注意ください。
 カクヨムでも《》で書くのは同じですが直前が漢字だと縦棒なしでルビになります。
 表示サイトにより、ルビのある行とルビのない行の高さが異なることがあります。

 ルビで「・」による圏点は少し点が小さいように思います。
 一方でカクヨム記法の点は見やすいですが丸ではなく四角いのが気になります。

 (2021-05-16追記この不具合は修正済みです)pixivではFirefoxで「短い」が左寄りに表示されてしまっています。

◆10. 行末揃え

 次はちょっと特殊ですが行末揃えについて調べます。

 こういう風に文字列「ルビ文字列もじれつ」文字列――があるときに、途中でEnglishや――――――やルビ機能るびきのうがあると、折り返されます。その折り返し行が両端揃えになるサイトがあります。日本語だけでは全角幅なので分かりにくいですが、途中でAのように半角幅などが混ざってくると、行末がへっこんでいる行があるのかないのかで、判別できます。Aだけではうまく再現できないかもしれませんが、一応これはサンプル文です。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

 具体的に言うとノベルアップ、pixivです。
 Firefoxのノベルアップ、pixivでは、普通のテキスト部分では両端揃えの文字間空白が発動せず、ルビのところだけ空白調整が働き変な風に空きができます。ルビが行内にない場合にはFirefoxだと結果的に両端揃えにならず右側がでこぼこになっています。
 Chormeでノベルアップ、pixivを見ると横書きの時、右端の縦が揃っているのがわかります。
 縦書小説PDFメーカーも行末揃えになっています。
 「あ、あ、あ、あ」テストおよび、英単語の折り返しテストを見ても、行末がそろっているのがわかります。
<i698010|16837>

◆11. フォント

 カクヨム、ノベルアップ、pixivではフォントをユーザーが「明朝体」「ゴシック体」から選ぶことができます。
 デフォルトはカクヨムは明朝体、ノベルアップ、pixiv|(たぶん)はゴシックです。
 しかしカクヨムではAndroidの一部について明朝体が搭載されていないため、明朝体を選んでもゴシック体で表示されます。カクヨムアプリでは明朝体も表示できます。
 ノベルアップではwebフォントを使っているようで、Androidでも明朝体で表示することができます。
 小説家になろうにはこのような切り替え機能はありません。
 アルファポリスのweb版ではフォント切り替えはありません。アプリ版ではゴシックがデフォルトで明朝体が選べます。

 フォントサイズについて、小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ、アルファポリス、pixivにはユーザーごとに、大中小くらいの範囲で設定できます。

◆12. 色

 小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ、アルファポリス、pixivともに、閲覧ユーザーによる指定の白背景、黒背景などを選べます。
 小説家になろうでは、作者指定で小説ごとにデフォルトの文字色、背景色を指定できます。
 小説家になろうではページを表示した一瞬、ユーザー指定をしていても作者指定の色で表示されます。

◆13. 挿絵

<i491290|16837>

 小説家になろうでは別サイト「みてみん」を使い挿絵の挿入ができます。
 ノベルアップ、アルファポリスではサイトの画面上から挿絵をアップロード挿入ができます。
 pixivでは、挿絵を別途絵として全体公開でアップし、そのidを専用記法で挿入します。
 (2022年12月2日追記)
 2020年12月23日にpixivでは小説に直接挿絵アップロード機能が追加されています。
 本文の右上にある「ツール」プルダウンから選択して挿絵をアップロードしてください。

 小説家になろう、ノベルアップでは挿絵の表示・非表示をユーザーが選択できます。
 小説家になろうの縦書きPDF、およびノベルアップの縦書き表示では、挿絵が表示されません。
 カクヨムでは挿絵は未対応です。

◆14. 前書き後書き

 小説家になろう、ノベルアップでは、前書き、後書きを書く場所があり、横線などで本文と区切られています。
 前書き、後書きの文字数は作品の文字数に含まれません。
 小説家になろうでは本文と同じようにルビ、挿絵などが使えます。
 ノベルアップではルビ、挿絵などの装飾タグは使えません。
 カクヨム、アルファポリス、pixivでは、前書き、後書きはありません。

◆15. 縦書き

 小説家になろうでは、タテ書き小説ネットというサブサイトでPDF表示により縦書きの整形済みデータで見ることが一応できます。
 しかし紙指定が横長になっていてPCで見る分には問題が少ないですが、スマートフォンでは横向きにしないといまいちな感じになっています。
 半角文字は全角文字に置換されて表示されます。英文字は縦向きになります。

半角1個テス12個。テス123個テス1234個テス12345個。
半角1,234円テス12,345円テス12、345円。12,345円。
半角1.2。1.23。1.234。1.2%。テスト1.23%。
半角1・2。1・23。1・234。1・2%。テスト1・23%。12・34%。
全角1。12。123。1234。12345。
半角AテスABテスABCテスABCDテスABCDE。
半角aテスabテスabcテスabcdテスabcde。
半角a1。a10。a100。a1000。RC-01。RC-01-2。
全角AテスABテスABCテスABCDテスABCDE。
括弧。半角(括弧)い()う(eng)え[]{}
括弧全角。「」『』〈〉〔〕【】()[]{}
比較<>矢印→←↑↓ハイフン‐コロン
ギリシャ文字ααβαβγαβγδαβγδεΑΒΓΔΕ
半角!? !! ?! ??

 カクヨム、ノベルアップ、pixivでは読者ユーザーが縦書きを指定できます。
 カクヨムではすべてのUIが縦書きモードになります。
 カクヨムではちょっと複雑なルールにより、半角文字は1文字なら「正立」半角数字2、3文字なら「縦中横」半角英数2、4文字なら「正立」半角5文字以上は「横倒し」で表示されます。!!と!?は縦中横の特殊処理があります。
 カクヨムのスマホアプリでは縦書きが選べません。PC、スマホのweb版のみです。

 ノベルアップではデータのみが縦書きになります。
 (2021-05-19追記ノベルアップの半角文字の正立、縦中横は廃止されています。
 以下の文は古い内容です。

 また本文のみが縦中横の特殊処理の対象です。
 半角数字だけが対象で1文字なら「正立」2文字なら「縦中横」3文字以上は横倒しです。しかし「12,345」のような半角カンマ区切りは一塊として処理されず「12」だけ縦中横で処理されます。全角英数は正立、半角英字はすべて横倒しです。英字と数字の混合はそれぞれ分離して処理されます。!!と!?は半角英字なので横倒しです。)

 pixivでは本文のみ縦書きです。pixivはカクヨムと同じような処理により、横倒しになったり正立したりします。そこそこ複雑なルールに基づいているようです。ノベルアップ同様「12,345」のようなカンマ小数点に未対応です。特徴的なのは英大文字は正立、英小文字は横倒しになるようです。

 アルファポリスでは、PC版のwebで縦書きにすることはできません。スマホアプリ、スマホweb版なら縦書き表示があります。
 スマホアプリの縦書きでは、半角英数1文字なら正立、半角英数2文字の場合は縦中横、半角英数3文字以上は横倒しです。半角英字記号数字は一緒に処理されます。全角英数は正立で表示されます。括弧はちゃんと縦書き用になります。
 アルファポリスのスマホweb版では、半角文字は半角のまま括弧を含めて正立になっています。すなわち半角括弧の表示の向きが変です。

 比較演算子<>と矢印ハイフンコロンの向きも要注意です。これらも縦書きでは横向きになる文字です。しかしフォントなどにより向きが異なります。
 アルファポリスのスマホアプリ版ではコロンが正立していました。
 アルファポリスのスマホweb版では比較記号は横倒しにならず正立しています。括弧類句読点、矢印ハイフンコロンは縦書き用、横倒しになっています。

 よく「オープンβ」「プラスα」「β版」などで使われるギリシャ文字は文字方向が要注意です。日本語フォント的には全角文字ですが、Unicodeでは全半角の扱いは文脈依存になっています。
 Unicode TR#50では、ギリシャ語のデフォルトの文字方向は横倒しです。
 縦書きのカクヨムでは、半角文字相当として処理されて、4文字以下なら正立、5文字以上なら横倒しで処理されます。
 ノベルアップとアルファポリスのアプリ、pixivでは、UTR#50の通り何文字でも横倒しで処理されます。
 アルファポリスのスマホweb版ではギリシャ文字も正立です。

◆16. URL

 なろうでは特に考慮されていません。そのまま素テキストとして表示されます。しかしアフィリエイトなどのリンクは禁止されています。
 カクヨムでは、サイト内のURLはリンク表示でクリック、タップで飛ぶことができます。サイト外のURLは素テキストとして表示されます。
 ノベルアップではhttpと書くことがシステムで禁止されています。しかしプロトコルハンドラを除いたURLの本体はそのまま書くことができ、よくわからない制限です。
 アルファポリスでは、リンクなど特別な処理はしていません。
 pixivでは専用の記法(WikiのURL記法っぽいやつ)により内外へのリンクを貼れます。

◆17. コンテンツ保護

 アルファポリスでは、ウインドウを非アクティブにすると表示が消える機能があります。
 場合によっては、読む際に不便です。

 また同じくアルファポリスでは、文字列を選択することができないため、漢字や用語をコピペや右クリック検索で調べることができません。
 読み上げソフトなどにコピペを経由して読んでもらうことができません。

◆◆まとめ

 半角空白は表示環境ごとに表示されかたが違います。行頭および2文字以上連続して使う場合には要注意です。
 TAB文字は表示環境ごとに表示されかたが違います。非推奨です。
 アルファポリススマホweb版の縦書きでは、半角括弧類が横書き用になってしまうので、全角括弧にするといいと思います。
 比較<>はアルファポリススマホweb版の縦書きでは横向きです。括弧のように使うことは出来ないので山括弧〈〉を推奨します。
 コロンはアルファポリスアプリ版の縦書きでは横向きです。二点リーダー「‥」に見えます。
 三点リーダーはノベルアップWindowsのゴシックで中央に表示されません。
 ルビ表記はサイトごとに異なるので、それぞれの環境で確認することを推奨します。
 数値は「12、345円」という書き方よりは「12,345円」のほうが縦書き時に変になる環境が少ないようです。一番ブレが少ないのは全角化して「12、345円」としてしまう方法です。
 アルファベットは、正立にしたいなら全角化し、どちらでもいい場合には半角にしておくといいと思います。
 ギリシャ語などは全角・半角というものがないので、基本的には表示環境依存になります。

(了)
次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する