設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第6話 エルフちゃんは授業を受ける
だい エルフちゃんは授業じゅぎょうける

 エルフちゃんといえども授業じゅぎょう例外れいがいはない。
 ララちゃんはうしろからまえながめていた。

 おれとなりせきなので、ちらちらてみるもののいているようだ。
 いま数学すうがく時間じかんよんじゅうだい男性だんせい先生せんせいもちらちらとララちゃんをていた。

「ではつぎ問題もんだい。ララちゃんはどうだ、かるか?」
「はいっ」

 ララちゃんがいきおいよくげる。

「じゃあララちゃん」

 椅子いすうごかしてララちゃんががる。

「うぉおお」
「うわっ
「おお、眼福がんぷく

 ちらちらこえこえる。
 それもそのはずララちゃんががったところをたクラスメートはみんなそれを目撃もくげきしたのだ。
 ララちゃんのおっぱいがぼいんとれるところを。

「えへへ、えっとサインシータは
「はい、正解せいかい。みんなもボケッとしていないように」
「あはは」

 クラスにわらいがきる。
 そのあいだにささっとララちゃんがすわった。
 今度こんどているひとすくなかったのか、そこまで注目ちゅうもくされていなかった。
 先生せんせいみのおかげだろう。ナイス先生せんせい

 この先生せんせいもララちゃんのおっぱい目当めあてかとうたがってしまったがどうやらちがうらしい。
 ごめんな先生せんせい

 すわなおしたララちゃんはエルフみみあかくなっている。
 ほっぺだけじゃなくてエルフみみあかくなるんだよな。
 まあずかしかったのだろう。
 そしてそれはすごい目立めだつ。なにぶん左右さゆうているので。
 さいわいにして一番後いちばんうしろのせきだからそれほどわれないけど、おもってる生徒せいとおおいだろう。

 みんなそういうのをちゃかしたりはしない。高校生こうこうせいにもなるとすこしは空気くうきむのもかってくるらしい。

 授業じゅぎょう順調じゅんちょうすすんで昼休ひるやすみになった。

「それじゃあ、学食がくしょくこうか?」
「はいっ」

 おれたちはならんで学食がくしょくかった。
 またうでもうとしてきたけど、さすがに学校がっこうないでは遠慮えんりょをした。

「むぅ」
「いや、目立めだつんだって」
「まぁそうですけど。だってわたし全身ぜんしんもとから目立めだつんだもん」
「そうわれるとこまるな」
「でしょ」

 ララちゃんがほこったようなかおをしてこしてる。
 そういう仕草しぐさがいちいちかわいい。

「でもダメ」
「ぶぅぶぅ」

 ララちゃんが不貞腐ふてくされたかおつくっているけれど、これもこれでかわいい。
 もうぎゅってしたくなってくる。もちろんおれおとこだからしないけど。

 廊下ろうかあるいていくと視線しせんがすごい。
 なんとか食堂しょくどうまえまでやってきた。

「おい、あれ」
「ああ、かっわいい」
美少女びしょうじょじゃん美少女びしょうじょ
「エルフにえるんだが、おれがおかしいのか」
「いや東欧とうおう出身しゅっしんとかなんじゃないの?」
「なるほど」
「だってエルフなんてこの世界せかいにいないでしょうに」
かんないだろっ」
「いねえってラノベアニメの見過みすぎだ」
「そっかなぁ」

 いや、かるよ。おれもそうおもったもん。
 でもこれは現実げんじつであってゲームではない。
 もちろんラノベでもアニメでもない。

 ここはまぎれもなく現実げんじつおれたちの生活せいかつ空間くうかんだ。
 そこをエルフちゃんが普通ふつうあるいていく。
 めっちゃ目立めだつ。場違ばちがかんがすさまじい。

 おれ券売機けんばいきでカレーをう。

わたしもカレーにします。一度いちどべてみたかったんですぅ」
「おう」

 スカートのかくしポケットからちいさい小銭こぜにれをしてさらに小銭こぜにす。
 ガチャンと券売機けんばいきれて普通ふつう購入こうにゅうした。

 券売機けんばいきまえにエルフちゃん。なんだこの絵面えずら
 いやかわいいからにはなるんだけど、すごい違和感いわかんがある。
 エルフちゃんも随分ずいぶん庶民的しょみんてきだこと。

 順番じゅんばんちのれつならぶ。
 前後ぜんごしてくる。そりゃまあそうだろう。
 おれだって最初さいしょのとき玄関げんかんそとさんしたもの。

「エルフちゃん?」
「いや北欧ほくおうけいだって」

 またべつひとおなじことをっている。

「ここがガクショクとかいうアニメで風景ふうけい
「おう、そうだよ」

 順番じゅんばんちを消化しょうかしてカレーをる。
 給食きゅうしょくのおばちゃんも金髪きんぱつ碧眼へきがんなのをてびっくりしていた。

外国人がいこくじんさんかい、えらい別嬪べっぴんだね」
「えへへ」
「たんとおべ」
「ありがとうございますぅ」

 トレーをっていてるせき二人ふたりすわる。

「いただきます」
「いただきますですぅ」

 スプーンを神妙しんみょうかおつきでってカレーをすくって一口ひとくちべた。

「うぉおぉおん。美味おいしいですぅ。からさとスパイスの不思議ふしぎにおいがしてとってもデリシャスですぅ」
「そりゃよかった」

 まわりのひともなんだかホッとしたかおをしていた。
 みんな注目ちゅうもくしていたらしい。

 そこからは一口ひとくち、また一口ひとくち次々つぎつぎべていく。
 おれけないようにカレーをくちはこぶ。

日本にほんのごはんはなんでもおいしいですねぇ」
「ああ、美味おいしいものがおおいらしいね」
「そうなんですねぇ、うらやましいですねぇ」
「あはは」

 たまにおみずみつつ、カレーをすすめる。

いえでもカレーってべられるんですか?」
「ああ、レトルトもあるしルーもってるからつくろうとおもえばつくれるよ。いもうと入院にゅういんしちゃってからは一人ひとりだったんでつくったことないけど」
「そうですかぁ、じゃあ今度こんどねがいしてもいいですかぁ?」
「もちろん」
「やったぁ。おうちのカレーはどんなあじいまからたのしみですぅ」
「そりゃ頑張がんばってつくらないとな」

 たのしくはじめての学食がくしょくでおひるべた。
 ちょっと人前ひとまえてハラハラしたけど、なんとか大丈夫だいじょうぶそうだ。
次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する