設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第5話 エルフちゃんとクラスへ向かう
だい エルフちゃんとクラスへかう

 をつないだまま校門こうもん通過つうか。――県立けんりつ埼台さいだいひがし高校こうこう

 おれはなんでをつないだままここまでてしまったのか。
 それは魔性ましょうのおっぱいがうでたっているのからげるのをわすれたからだ。
 はなしたら当然とうぜんこの感触かんしょくはなれてしまう。しいとおもってしまったのだ。

「おはようございます」
「おはよう」
「おはようございます、え、だれ
「うわぁ美少女びしょうじょ、すげえ」
金髪きんぱつ碧眼へきがんだと」

 校門こうもんまえ挨拶あいさつ運動うんどうとかいうのをしている生徒会せいとかいひとつぶやいた。
 でもだれらないのだろう。

 彼女かのじょもなんなら外務省がいむしょうひと手続てつづきとか手伝てつだってくれたらしいので、今日きょう初登校はつとうこうらしいし。

がつ上旬じょうじゅんだったらサクラがいてて綺麗きれいなんだけどね」
「はいっ、あの動画どうがました。サクラ……すごく綺麗きれいで、わたしあこがれちゃって」
「そっか」
来年らいねんたのしみにしていますね。一緒いっしょましょうね」
「おお」

 来年らいねんか。もう来年らいねんのことなんかかんがえているとおにわらわれてしまいそうだけど。
 そっか、ずっと一緒いっしょにいてくれるってすでにおもってるんだ。
 なんだかそれだけでもうれしくてニヤついてしまいそう。

「あ、玄関げんかんあれ靴箱くつばこまだてられてないから」
上靴うわぐつならってきましたぁ」
「そっか、なら適当てきとうえようか」
「えへへ、ちゃんとスーパーのふくろもあるのでくつれてっていきますね」
準備じゅんびいいね」
「はいっ。外務省がいむしょうひと結構けっこう親切しんせつで。というか国際こくさい問題もんだいこわいみたいで」
「あはは」

 エルフのさい重要じゅうよう人物じんぶつだもんな。
 ほかくに自国じこく火種ひだねになるのをおそれてどのくにれを拒否きょひしたというのに。
 永世えいせい中立国ちゅうりつこくでさえこわがったっていうくらいだから相当そうとうのはず。

 りダコということもかんがえられるがぎゃくなんだな。
 彼女かのじょ火種ひだねになる。どういう意味いみからないけど、やっかいごとをわざわざ自国じこくみたいくになどいなかったと。

 うっ、くつえる彼女かのじょ見守みまもっていたんだけど、下向したむいてもどすとむねがぼいーんってれてすごい。
 こういうついうっかり運動うんどうするところをると、ばるんばるんするからあなどれない。

 エルフだけど貧乳ひんにゅうじゃないんだよな。
 おれはどっちかというとむずかしいな。ちっぱいにはちっぱいのさがあるとおもっているし。
 おおきいのはおおきくて破壊力はかいりょくがすごい。
 どちらもならべてちちくらべしたい。

 さてよこしまなことをかんがえているうちにくつえた。

「んじゃいくか」
「はい」

 おれのクラスってまっているらしい。
 普通ふつうはどのクラスになるかは抽選ちゅうせんみたいなところがあるが、国際こくさい問題もんだいになる特例とくれいおれ一緒いっしょということだ。

いちねんくみだね」
いちねんくみ、ですね」
「そそ」

 階段かいだんがりクラスをいちくみから順番じゅんばん二番目にばんめ教室きょうしつはいる。
 ガラガラ。

 のドアをけるとなかから視線しせんあつまってくる。してくる生徒せいとたち。

「おい、山女やまめ、どういうことだ。金髪きんぱつ碧眼へきがん巨乳きょにゅうとか卑怯ひきょうだろ」
「だよな。そーだーそーだ。山女やまめ、おまえ卑怯ひきょうだぞ」
「ぱつきんちゃん、おはよう、仲良なかよくしてね」
「というかなんかみみとがってませんか。え、エルフとかわないよね」

 教室きょうしつない一気いっきさわがしくなる。
 質問しつもん順番じゅんばんにしてくれ。

「はいっ、今度こんど、このクラスでお世話せわになるエルフぞくのラーラミン・ハイッペロット・トワイライトです。ララってんでほしいですぅ」
「ララちゃん。めっちゃくぁわいいい」
「……結婚けっこんしたい」
「ララちゃんね。よろしくー」

 男女だんじょとも興味津々きょうみしんしんだ。

「エルフぞくってっていいんだっけ」
「あっエルフぞくっていうのは秘密ひみつで、あの、その、アルクメニスタンからの留学生りゅうがくせいということで。秘密ひみつですからね。っちゃダメですよ。ううぅぅ」
かった、かったよ」

 ばれてーら。エルフなのがソッコー、バレる。
 クラスちゅう苦笑くしょうあふれかえった。
 こういうときはみんないいやつらばっかりでたすかる。

金髪きんぱつ碧眼へきがんなのは遺伝いでんということで。あのみみはですね、突然変異とつぜんへんいということで、ひとつ」
了解りょうかいかったよララちゃん」

 そういうことにしておいてくれ。

 せきがすでにえていたのでそこへララちゃんがすわる。
 南側みなみがわ一番左いちばんひだりおくだ。いわゆるベランダのドアがあるせき
 その右隣みぎどなりはなんとおれという。

 先週せんしゅう席替せきがえで今度こんどはいいせきになったなとおもっていたが、うむ。
 これ、操作そうさされてるんだろうな。
 座席ざせきはランダムですとはわなかったし、だれだれはなしておくとかあるんだよね。
 高校生こうこうせいでもなかわるかったり、ぎゃくなかくてうるさいやつらとかははなされる。

起立きりつれい。おはようございます」
「「「おはようございます」」」
「わっ、わっ、お、おはようございましゅ」
「「あははは」」

 ララちゃんがおくれて挨拶あいさつすると、そのたかくて可愛かわいこえ教室きょうしつないひびいた。
 みんなちょっとわらうけど、べつ嘲笑ちょうしょうしているわけではない。
 なんだかあたたかい雰囲気ふんいきになってよかった。

「はい。今日きょうからなんだっけアルクメニスタンからの留学生りゅうがくせいのララちゃんが一緒いっしょ勉強べんきょうします。仲良なかよくしてね」
「「「はーい」」」
「はいララちゃんまえてきて一言ひとことよろしく」

 小学生しょうがくせいみたいに元気げんき返事へんじをする高校生こうこうせいたちを先生せんせい満足まんぞくそうにうなずいた。
 ちなみに先生せんせいじゅうよんさいおんな先生せんせいだ。
 茶髪ちゃぱつのセミロングで童顔どうがんなので人気にんきがある。はなかたやさしい。
 ママにしたい先生せんせいランキングいちである。

 ララちゃんが一番後いちばんうしろのせきからまえてくる。

「はいっ、よろしくおねがいしますっ」

 ララちゃんが元気げんきよく挨拶あいさつしてあたまげる。
 そうするとおっぱいがぼいんとれて、男子だんしたちがざわめいた。
 女子じょしたちもしょうがないな男子だんしはというふうにおもったようであきがおだ。

 まああのおっぱいにはだれてない。
 なんだかんだおっぱいにたすけられているんだよな。
 エルフの物珍ものめずらしさを全部ぜんぶおっぱいがっていってしまうので、エルフだからってへんひまがないというか。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話には 1 件の感想があります。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する