設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第38話 エルフちゃんと成人の日
だい38 エルフちゃんと成人せいじん

 一月いちがつ第二だいに月曜日げつようび成人せいじんだ。
 埼台さいだいでは成人せいじん年齢ねんれい十八歳じゅうはっさいげになったけど成人式せいじんしき従来じゅうらいどお二十歳はたちにやるそうだ。
 十八歳じゅうはっさいだとみんな地域ちいき高校こうこうかよっていて普段ふだんとあまりわりがない。
 市町村しちょうそん位置いちにもよるけれど、二十歳はたちだと大学だいがく二年生にねんせいとしなので地方ちほう大学だいがく大阪おおさか京都きょうと福岡ふくおかなどへ進学しんがくしたもどってきてなつかしいね、ってできるのだ。

「だからおれたちは四年よんねんだね」
四年よねん
「えっと結婚けっこんできるのは十八歳じゅうはっさいからだね」
高校生こうこうせいって結婚けっこんしてもいいのでしょうか?」
「ごめん、かんない。あんまり前例ぜんれいはないかもしれん」
「そうですよねぇ」

 現役げんえき高校生こうこうせい結婚けっこんか。
 子供こどもむとなるとこう確率かくりつ退学たいがくすすめられるのはいたことがある。
 いっげつ程度ていど学校がっこうやすむというのと、まあ世間体せけんていというクソみたいな理由りゆうだろうけど、からないでもない。
 でも結婚けっこんだけならどうだろうか。せきれるだけ。
 名字みょうじわるのはちょっとこまるかもしれない。というのも高校こうこうではあまり前例ぜんれいがないのでそういう変更へんこう対応たいおうした事務じむ処理しょりとかの仕方しかたからないのだ。
 でもおや離婚りこんでも名字みょうじわることは普通ふつうにあるので、たぶん処理しょりじょうはなんとかなるとおもう。
 学校がっこうでもハルカとそういうはなしをした。

山女やまめハルカか」
「ちょっと……やめてよぉ、ずかしいじゃない」
夫婦別姓ふうふべっせいってまだ法律ほうりつ通過つうかしてないんだっけ」
「うん」
名字みょうじわるのき? きらい?」
わたしきかな。旦那だんなさまひとつの家庭かていになるっていうのはあこがれだわ」
「そうなんだ。別姓べっせいかとおもってた」
わたしだっておんな結婚けっこんとか夢見ゆめみることもあるの、べーだ」
「あはは、わるわるい」
「もう、わたしのことなんだとおもってんのよ」
おれがハルカのいえ名字みょうじ名乗なのろうか?」
「ひぇぇ、それはナシかな私的わたしてきには」
「そうなんだ」
「うん、なんとなくだけど」

 まあ夫婦別姓ふうふべっせいやどちらの名字みょうじにするというはなしにも意見いけんはいろいろある。
 おれべつ山女やまめせいにこだわりはない。
 なんでもおじいちゃんのおじいちゃんくらいの明治めいじのときのひとが、かわ山女やまめがたくさんれるのが縁起えんぎがいいとして名乗なのりだしたらしい。
 もっとまえから通称つうしょう山女やまめさんとばれていたみたいだけど。
 明治めいじ戸籍こせきつくるときには名字みょうじ自由じゆうだったから。
 それがいまでもつづいているという。

 埼台さいだい市民しみんホールにはたくさんのしん成人せいじんでごったがえしている。
 男性だんせいはスーツがおおいけれどあおりはかまひともいる。
 女性じょせい和装わそうおおい。あかきん刺繍ししゅうなども使つかわれていて非常ひじょう豪華ごうかだ。

 今年ことしうんよくゆきっていないが、この成人せいじんきゅうセンター試験しけん大学だいがく入学にゅうがく共通きょうつうテストとならんでゆきのようながする。
 イベントなのでおお印象いんしょうなだけらしいけど、でもそこそこる。
 そういえば今年ことしはクリスマスにはゆきらず、ホワイトクリスマスは来年らいねん以降いこうしになった。
 ホワイトクリスマスはあまりなくて、十年じゅうねん一回いっかいあるかどうかくらいだとおもう。
 日本海側にほんかいがわ東北とうほく以北いほくよりは全然ぜんぜんらない。
 それで共通きょうつうテストは相変あいかわらずピンポイントでねらったみたいにゆきって、試験しけんすう時間じかんうしろにずれこんだりする。
 今年ことしもまさにそれで首都圏しゅとけん電車でんしゃもう混乱こんらんをきたして受験じゅけんせいをさんざんなやませた。

わたしたちも再来年さらいねん、あれやるんですかぁ」
「ああ、それまでに転移てんいもんひらいていないなら、共通きょうつうテストでゆき混乱こんらんしながら試験しけんける可能性かのうせいはある」
「イヤですぅ、なんとかしてくださいですぅ」

 勉強べんきょうができるララちゃんですらきついてきた。
 そうわれても天気てんき操作そうさできるのは神様かみさまくらいなものだ。
 いやあめらすのに空気くうきちゅうなにくことで人工雨じんこうう人工雪じんこうゆきができるんだっけ。
 どこかの大国たいこくならまだしも日本にほんではさすがにそこまでやらないか。

ゆきこわいですぅ」
「そんなにゆきダメなの?」
「まだたこともないですぅ。あぁああとおくのやま頂上ちょうじょうもってるのしかたことがないですぅ」
「ああ、そういうこと」
「はいですぅ」

 エルフのもり比較的ひかくてき温暖おんだんふゆでもマイナスぎりぎりならないくらいらしい。
 おれのイメージではアマゾンなんだけど、それよりはすこさむそうだ。
 でもゆきらないと。なるほどなぁ。

「なんだっけやま名前なまえ
「ベリドントン山脈さんみゃくとマダグダスカルさんですね」
「そうそれそれ。りゅうってさむさにつよいのかな」
やまうえんでいるわりには、おもったよりさむがりでふゆわらとかをいてこもっているらしいですぅ」
「そうなんだ」
「はいですぅ。毛皮けがわがないのでちょっとさむそうですぅ」
「ああ、トカゲとかヘビみたいだもんね。羽毛うもうがあればいいんだろうけど」
「それじゃあ、とりさんですぅ」
「だよな」
「なんだっけでっかいとり
「ガルーダですね。世界せかい一番いちばんおおきい神鳥しんちょうですぅ。ちなみにりゅうよりおおきいですよぅ」
「そんなにデカいのか」
「はいっ」

 ちょっとてみたいもするが、ガルーダがんでいるところ。
 そこまでデカければりゅうみたいにはなしたりできて温和おんわかもしれないしね。

 今年ことしさむいので成人せいじんにはもこもこのしろいファーをつけた着物姿きものすがた女性じょせいたちがたくさんあるいていた。
 あしにはあわせて下駄げたいている。
 あれはあれですこさむそうだななどとおもいつつ、一月いちがつ休日きゅうじつごした。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する