設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第31話 エルフちゃんとハルカの誕生日
だい31 エルフちゃんとハルカの誕生たんじょう

 もうそろそろ十一月じゅういちがつ五日いつかはハルカの誕生たんじょうだ。
 ララちゃんと二人ふたりプレゼントをさがすためにおデートをしている。
 おんなにプレゼントするためにほかおんなとデートなんてとおもうだろうが、おれおもう。
 でもハルカとララちゃんはおれ共有きょうゆうしているようなものだ。

「えへへ、ハルカさんなにがいいですかねぇ」
全然ぜんぜんおもいつかない」
指輪ゆびわとかしがりそうです。きゃっきゃっ」
婚約こんやく指輪ゆびわか? はやくないか?」
「え、なにいってるんですか、正気しょうきですか?」

 なぜかしろられるおれ

婚約こんやく指輪ゆびわ誕生たんじょういわい、一緒いっしょにされたらおんなおこられちゃいますよ。別々べつべつのことなんだからしっかりしてください」

 真面目まじめおこられた。おれせぬ。
 いや、エルフの価値観かちかんかもしれないし。

「そっかじゃあ婚約こんやくじゃない普通ふつう指輪ゆびわおくるか」
「はいっ、それならいいとおもいますぅ」
指輪ゆびわか。まともなのだと結構けっこうたかいな」

 かといってそのへん路上ろじょう販売はんばい指輪ゆびわおうとはおもわない。
 ものによっては金属きんぞくアレルギーとかもあるので、いいしなったほうがいい。

「シルバーかな」
「そうですね。さすがにゴールドだとおおげさかなぁと、魔術的まじゅつてきにも」
魔術まじゅつね」
「はいですぅ」

 エルフは魔術まじゅつくわしい。
 それがどの程度ていどこの世界せかい通用つうようするかは不明ふめいだが、すくなくとも魔法まほう使つかえるので、関連性かんれんせい皆無かいむではないのはたしかだ。

「そういえば結婚けっこん指輪ゆびわもと魔術まじゅつなんだっけ」
「らしいですね。この世界せかい歴史れきしはあまりくわしくなくて」
「そっか、ララちゃんがっててもそれはこうの世界せかいはなしか」
「そうですねぇ」

 つま浮気うわきをしないように指輪ゆびわ精神せいしんしば契約けいやく一種いっしゅなんだったかな。らんけど。
 そうして装飾そうしょくてんはいってみる。緊張きんちょうしてくる。

「ご婚約こんやくですか?」

 指輪ゆびわをつけていないおれたちと年齢ねんれいから婚約こんやく指輪ゆびわだとおもったのだろうか。

「いや、ここにいない幼馴染おさななじみ誕生たんじょういわいを」
かりました。指輪ゆびわのサイズはかりますか?」
「いや」
「ハルカちゃんの指輪ゆびわのサイズならだいたい」
なんってるんだ」
おんな同士どうし秘密ひみつだよぅ」
「お、おう」

 なんだろう。女子じょし特有とくゆうさわりっことかするとかるのだろうか。
 たぶんそういうのだろうな、おんなのスキンシップはよくからない。

「ダイヤモンドの指輪ゆびわ婚約こんやく指輪ゆびわなんだっけ」
「そうですね。それで結婚けっこん指輪ゆびわはプラチナリングがおおいです」
「なるほどね」

 それでシルバーリングか。

高校生こうこうせい誕生たんじょういわいなら、シンプルなシルバーリングでも十分じゅうぶんかなとおもいます」

 おみせひとおしえてくれる。
 まあそうだな。ルビーとかついてたらびっくりするもんな。

「それに宝石ほうせきがないほうが邪魔じゃまでなく、普段ふだん使つかいに便利べんりというのもあるんですよ」
「なるほどですぅ」
「それで結婚けっこん指輪ゆびわはプラチナなのか」
「そうみたいですぅ」

 ララちゃんもうなずいた。

「じゃあシルバーのリングで」
かりました。デザインもございますが」
「そっか、てみるか」

 いろいろある。へびみたいのとか近未来きんみらいみたいなのとか、ただのリングももちろんある。
 そうだなちょっとこのせんみたいな近未来きんみらいのがいいかな。

「じゃあこれで」
「かしこまりました。刻印こくいんなしですと在庫ざいこがございますのでおかえりできます」

 そうして指輪ゆびわった。
 あの独特どくとく指輪ゆびわれの四角しかくいケースをパカッとけてみると、なるほど、それっぽい。
 なんだか感慨深かんがいぶかいな。
 あれだけ疎遠そえんになっていたハルカと高校こうこうおなじクラスになり、ララちゃんと交流こうりゅうするなかまえ以上いじょう親密しんみつ関係かんけいになった。
 むかし婚約こんやく約束やくそくまでしたとわれて無効むこうにしてもらったけど、やっぱりおれ、ハルカのこともきなんだよな。

 十月じゅうがつ五日いつか放課ほうか

「ハルカ、誕生たんじょうおめでとう」
「ハルカさん、誕生たんじょうおめでとうですぅ」
「ハルカおねえちゃん、おめでとうございます」
「ありがとう、三人さんにんとも」

 四人よにんおれんちの居間いまでテーブルをかこう。
 ハルカのいえでやってもよかったが、家族かぞくとはべついわうことになった。

「あのこれ」

 おれはぽいっとふくろわたす。

「このふくろ駅前えきまえ宝石店ほうせきてんじゃない」
「だな」
「あけていいの?」
「うん。そのためにってきたから」
かった。ありがとう」

 ハルカが中身なかみす。パカッとふたけると指輪ゆびわが。

指輪ゆびわ、なのね。わたしはじめての指輪ゆびわ
「お、おう」

 うれしそうになぜか左手ひだりて薬指くすりゆびにつけるハルカ。

「えへへ、まさかヘタレの景都けいとから指輪ゆびわもらがくるとは。きててよかった」
「ああ、誕生たんじょうだからな」
「うん」

 やさしそうにハルカが微笑ほほえんだ。なんだか聖母せいぼさまみたいに愛嬌あいきょうがあった。

わたしからはエルフちゃん人形にんぎょうですぅ」
「あ、これ」
「うん。ケートくんのとおそろいですぅ」
「ありがとう、うれしい」

 ちいさいエルフちゃん人形にんぎょうをぎゅっといだきしめる。
 これはとんだサプライズだな。
 このまえ一緒いっしょにいなかったがあったんだけど、あのったのかな。
 おれとハルカ、どちらもララちゃんにとって大事だいじだという表明ひょうめいほかならない。
 これはおれ結婚けっこんするくらいきならハルカもおなじくらいきとってるようなものだ。うれしくないわけがなかった。

 あといもうとのプレゼントもあったけど、ハンカチかな、うん。
 なぜかハルカはにしてよろこんでいたけどなぞだった。
 ただのハンカチではないのかもしれない。有名ゆうめいブランドとか。

 こうしてハルカの誕生たんじょう無事ぶじごすことができ、おれたちはまた一歩いっぽ大人おとなになった。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する