設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第30話 エルフちゃんとハロウィン
だい30 エルフちゃんとハロウィン

 十月じゅうがつわりごろ。ああっているとおもうがハロウィンがある。
 近年きんねん年々ねんねんそのおまつりは規模きぼ拡大かくだいしていて、デパートや大手おおてスーパーなどでもかざりをしたりと商売しょうばいにするのに余念よねんがない。

日本にほんというか世界せかいじゅうでハロウィンはある」
「へぇ、ハロウィンですかぁ。アニメですこしだけっていますぅ」
「やっぱりアニメなんだな」
「はいですぅ」

 ララちゃんはアニメにくわしいからな。
 たしかに日常にちじょう会話かいわ苦労くろうしないレベルの日本語にほんごりょくとなるとアニメを相当そうとうまくったにちがいない。
 最近さいきんでもよる一人ひとり部屋へやているらしい。
 いえなかのテレビは録画ろくが共有きょうゆう出来でき部屋へやでもれる。
 パソコンも政府せいふから支給しきゅうされているのでそれでもネット番組ばんぐみだってれる。
 部屋へやなにしているかまではらない。プライベートも大切たいせつだろう。

「えへへ、ハロウィンですぅ。玄関げんかん荷物にもつとどいてましたぁ」

 最近さいきんはもうほとんどはいになっていた。

なにったの?」

 ララちゃんには外交がいこう機密きみつあたりからお小遣こづかいがている。
 国家こっか機密きみつ存在そんざい伊達だてではないらしい。

「えへへ、ハロウィンのサキュバスちゃんのコスプレですぅ」
「サキュバスかってサキュバスかよ」
「はいっ、ご想像そうぞうとおりかと旦那だんなっ、たのしみにしてくだせい、ぐへへ」

 なぜか三下さんした口調くちょうであおってくる。
 いやべつにいいけど、なんだか似合にあわなくてわらってしまう。
 ララちゃんかわいい。

 ガタガタやっていたがしばらくしたら部屋へやからてきた。

「どうですかぁ?」
「ちょっとっ、ララちゃん!!!」

 かおあかくしてララちゃんがからだせつけてくる。
 あーね。下着したぎとほとんどわらないというか、むらさきのマイクロビキニみたいな格好かっこうしていて、普通ふつう下着したぎよりかく面積めんせきすくない。
 しろいおなかとおヘソ、くびれなんかも丸見まるみえだ。
 ぶっちゃければかなりエッチだ。

「あのどうですかぁ、にやにや」
「えっとララちゃん。これでそと出歩であるこうとしてる?」
「まさかぁ、これは室内しつないようですよぉ。ケートくんとりこにするためにってきましたぁ」
おれようかよっ、うおおおお」

 かなりエッチだ。それこそおそいたいくらいだ。
 おっぱいなんてさきかくれてるけど下乳したちちなんて丸見まるみえだ。
 めちゃくちゃやわらかそう。
 しただってビキニのローライズのひもなのですげえかく面積めんせきちいさい。かろうじてかくれてる。
 きわめつきは子宮しきゅううえ淫紋いんもんシールがってある。ララちゃんこんなことまで
 これはいけないなぁ。

うしろだってすごいんですよ」
「うぉおいいいい」

 Tバックじゃん。なまのTバックなんてはじめてるんだが。
 まる綺麗きれいはだのおしりがぷるんとこんにちは。
 背中せなかなんてひもがあるだけ。おしりもそうだけど。

ずかしくないの、そんな格好かっこうして」
なにってるんですか? ずかしいにまっていますよぅ」
「ならやめればいいのに」
「ケートくんだってこういうのきでしょ?」
「ぐぅうう、きだけど」

 おれがぼそっというと、ララちゃんがガッツポーズをめる。
 まったくいけないんだから。

「ちょっとおにいちゃんっ、ララちゃん。はしたないです。やめてください」

 いもうとさわぎをきつけて部屋へやからてきた。
 そのあたまにはくろ猫耳ねこみみこしうしろにはくろ尻尾しっぽがついている。
 黒髪くろかみロングに猫耳ねこみみ追加ついかされて天使てんしかというぐらいかわいい。

「いや、おまえだってパジャマに猫耳ねこみみとかおれねらちにきてるだろ」
「えへへ、おにいちゃんわたしのパジャマ姿すがたきなの、ってるもん」
小悪魔こあくまはこいつだ!」
小悪魔こあくまとサキュバスがめればにいちゃんもイチコロです!」
「まったくこまったいもうとだ」
「えへへ、いままで我慢がまんしてきたんですから、おにいちゃんとラブラブしたいですっ」
「ほどほどにたのむ」

 猫耳ねこみみいもうととサキュバスのララちゃんがおれせまってくる。
 左右さゆうからかれておれ居間いまのソファにすわらされている。

「えへへへへ」
「うふふふふ」

 左右さゆうからうれしそうなわらごえこえてくる。
 おれはちょっとこわいなとおもいつつ、可愛かわい二人ふたりをちらちらとてはすこ興奮こうふんする。
 わるくはない、わるくはないのだ。
 ただおれ童貞どうていなのでこういう刺激しげきよわい。げたくなってしまうが、げたら堪能たんのうできない。
 自分じぶんとのたたかいだった。これはずかしいという自分じぶんと、うれしいという自分じぶんのせめぎいだ。
 らくになっちまいな、と悪魔あくまがささやく。
 いや倫理的りんりてきによくない、と天使てんし正論せいろんをいう。

「ぐぬぬ」
「えへへへへ」
「うふふふふ」

 ピンポーン。
 そこへひとがやってくる。

「おまえらはてくるなよ。人様ひとさませていい格好かっこうじゃない」
「「はーい」」

 大人おとなしくしたがってくれてうれしい。
 玄関げんかんかったらそこには救世主きゅうせいしゅさまのハルカがいた。

「おおよかったハルカ、こいつらどうにかして正常せいじょうもどしてくれ」
「あら、もうやってるの?」
「おい、ハルカ、いてるか?」

 そういうとなぜかセーラーふくのハルカがウサみみをつける。
 髪色かみいろわせた茶色ちゃいろウサみみのふわふわセミロング。ぐさっとおれ性癖せいへきさる。
 それからミニスカートにくろのガーターベルトとニーソックスになっていた。
 いもうともかわいかったがバニーガールみたいでなんだかエロい。

「しっぽもいるよね」
「いや、まあ、うん」

 そういうとスカートのうえ部分ぶぶんにぽんぽんの茶色ちゃいろいウサ尻尾しっぽ装着そうちゃくした。
 いやかわいいけど、なんだろう、真面目まじめ彼女かのじょがやると発情はつじょうしてるメスみたいででもやってしまったのかと。
 こい盲目もうもくとはよくいう。

ずかしいんだからねっ」

 いや、ハルカにツンデレ口調くちょうわれても。
 そのずかしそうにほおあかくしてはぁはぁといきをするのはめっちゃエロいけど。

 そうしてなぜかコスプレをした三人さんにんかこまれておれはしばらくごした。
 天国てんごくであり地獄じごくでもあった。南無三なむさん

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する