設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第3話 エルフちゃんはなんでも一緒にしようとする
だい エルフちゃんはなんでも一緒いっしょにしようとする

 ゆうはんべて日本にほん理由りゆういた。
 さてお風呂ふろはいろうか。

「お風呂ふろですねぇ。家族かぞくなんだから一緒いっしょはいりましょう、ケートくん~~」
「えっ、は?」
「は? え、一緒いっしょはいらないんですか?」
「うん。別々べつべつでしょ、普通ふつう
「がーん」

 めっちゃむエルフのララちゃん。
 いや、その巨乳きょにゅう一緒いっしょにお風呂ふろなまおっぱい、たいけどさぁ。
 どうかんがえてもそれ「国際こくさい問題もんだい」だよね。

 おれたちは家族かぞくだけど、家族かぞくになったけど、それはないのではないでしょうか。

男女だんじょ別々べつべつにお風呂ふろだよ? いや小学生しょうがくせいでもこう学年がくねんになったら一人ひとりでしょ」
「そうなんですか? そんなのいてないです!!!」

 そんな抗議こうぎこえげて、心外しんがいですみたいなかおされても、一緒いっしょにお風呂ふろなんてはいったら問題もんだいあろう。

家族かぞく一緒いっしょなんです! エルフのさとではそうでした!」
「ここは日本にほんなので。それ以前いぜん地球ちきゅうなので」
「そんなのりませんよ。いいじゃないですか、お風呂ふろくらい。るもんじゃないし」
「ダメ。っていうか、ごめん。おれ理性りせいたもてないから無理むり
「そうですか……」
かりました。一人ひとりはいりますぅ」
「そうしてくれ、さきにお風呂ふろはいっていいよ」
「ありがとうございます~~ぶぅううう」

 あっかんベーをして、お風呂ふろ準備じゅんびはじめるララちゃん。
 まったく、エルフのさとはどうなってんだか。

 おれひまなのでテレビをる。
 ちょうどCMだったけど、きなアーティストだったので注目ちゅうもくしてみる。
 おんなのスリーピースバンドだ。最近さいきんネットで話題わだいだったもので、このスピードかんでCM起用きようか。

革新的かくしんてきしん技術ぎじゅつによりぜん世界せかいどこでもアンテナほん保証ほしょう。エルフィールのしん携帯けいたい、アクアズ。しん発売はつばいです。「きみとずっとどこまでも……」』

 お、すげえな。あたらしい携帯けいたい
 いままでは地上ちじょうにアンテナをてていたんだけど、てい軌道きどう衛星えいせいのメッシュネットワークとなぞしん技術ぎじゅつ応用おうようしたどこでも超高速ちょうこうそく通信つうしんのインターネットが使つかえるという。
 アングラ掲示けいじばんではじつ電波でんぱじゃないといううわさまである。なんでも異世界いせかい技術ぎじゅつ応用おうようした魔力まりょく通信つうしんなのだとか。
 電話でんわ料金りょうきん近年きんねんなぞしん技術ぎじゅつ導入どうにゅう年々ねんねん値段ねだんがっている。
 通信つうしん上限じょうげんほぼなしの無制限むせいげんでこのアクアズはつき五百ごひゃくえんだそうだ。
 問題もんだい電気でんきだな。いま核融合かくゆうごう国内こくないよんしょ実用炉じつようろつくってる途中とちゅうだった。完成かんせいすれば一気いっき電気でんき需要じゅようをまかなえて、でもって安全あんぜんなんだそうだ。
 うわさだとこっちもじつ核融合かくゆうごうじゃなくて本当ほんとう魔道まどうなんだって。

 いままで匿名とくめい掲示けいじばんなんて一切いっさいしんじてなかったけど、エルフがまえにいると、マジかもしれない、というにもなってくる。
 現実げんじつ世界せかい確実かくじつ侵食しんしょくされてるな。魔王まおうぐんめてこなければいいが。

 いらぬ心配しんぱいをしていたところで、おれめんらった。

「ぶはぁっ……」
「どうしました、ケートくん
「いや、その格好かっこう、マジでダメだから。はやくパジャマてきて。イエローカード、ワンナウトだからな」
「えっ、ちゃんとタオルいてるじゃないですかぁ、なんでぇえ」
うえしたもギリギリだろうがああ」
「え、まあ、そうですね。べつられてもわたしおこったりしませんよ?」
おれこまるのっ」
「そうですか、かりました。着替きがえてきます。しょぼーん」

 どこでしょぼーんとかおぼえてくるんだよ。
 階段かいだんのぼっていくおとがする。
 彼女かのじょ部屋へやかいだ。

 というかこのいえにはいっかいひろいリビング、親父おやじ書斎しょさい、キッチン、バス、トイレ、納戸なんど和室わしつがある。
 かいにはトイレと、たようなサイズの個室こしつ家族かぞく四人よにんぶん。でもって母親ははおや父親ちちおや一緒いっしょのベッドを使つかうので、実質じっしつ母親ははおや部屋へやはほぼ使つかわれたことがない。
 使つかうのはすうねんいっかいあるかどうかのけんかちゅうのときと風邪かぜいたときくらいかな。
 だから母親ははおや部屋へやをララちゃんの部屋へやとしたわけだ。
 母親ははおやのクローゼットがだいあるんだけど、ひとつの中身なかみ出張しゅっちょうさきっていっていて、いてるので使つかっていいそうだ。

「はい、ちゃんとパジャマてきましたよ。にゃーん」
「なるほど?」

 にゃーんとかって、ねこさんパジャマをせてくれる。
 うん、ピンクの生地きじしろねこがたくさんプリントされた薄手うすでのパジャマだった。
 あー、うん。でもなんだろうセウトだな。
 生地きじうすいんよ。おっぱいがな、これでもかとな、強調きょうちょうされてるんだわ。
 でナイトブラなんだろうけどけてんだわ。
 なまじゃないからいいけど、これはこれで破壊力はかいりょくたかい。
 あるいてくると、ぼいんぼいんと非常ひじょうによくれる。

「お風呂ふろってらっしゃい」
「いってくる……」

 諸行しょぎょう無常むじょう。もういいや。お風呂ふろこ。
 あたまからっぽにしてお風呂ふろかる。
 さっきまでララちゃんがはいっていたおかる。
 なんだかそうおもうと、イケないことしてるみたいだけど、お共有きょうゆう家庭かていでは一般的いっぱんてきだろう。
 おれはアニメにあらわれるごくごくみんでもないしな。
 ふたたあたまなかからっぽにしてからだあらってお風呂ふろからてくる。

「いいおでしたか?」
「ああ、気持きもちよかったよ」
「えへへ。ごくごくしちゃいました?」
「しねぇよ」
「ごくごくみんではなかったんですねぇ」
っているのかごくごくみん
「はい。日本語にほんご勉強べんきょうたくさんしました。通信つうしん教育きょういくだったんです。それからネットでアニメもたくさんたんです。勉強べんきょうになりました」

 なんの勉強べんきょうしてるんだよ。
 外国がいこくひとがアニメで勉強べんきょうしてるってはなしはよくくけど、日本にほん動画どうが配信はいしんてて、へん言葉ことばばっかりおぼえてもらってもこまる。
 なんか日本人にほんじんでごめんな。

「それじゃあ、ましょうかぁ。今日きょうわたし部屋へやますか? それともケートくんのベッドで一緒いっしょますか?」
「え、それってどっちの部屋へやでも一緒いっしょるってこと?」
「そうですよ?」
たりまえのようにう……」

 おれあたまかかえる。

「いや、日本にほんではな、個人こじん部屋へや別々べつべつるんだ。家族かぞくでもね。兄妹きょうだいだってべつだよ。一緒いっしょにはないんだよ」
「そんな……そんなの、いていませんっ、わたしだれかと一緒いっしょじゃないとぐっすりねむれないのにぃ」
「すまん、おれ精神せいしんがもたないので、別々べつべつで」
「がーん。かりました。……おやすみなさい。ケートくん、いけず」
「おやすみなさい、ララちゃん」

 ララちゃんがしぶしぶというかお自分じぶん部屋へやはいっていく。
 よし、おれ安全あんぜんたもたれた。
 一緒いっしょたら、たわわにしつぶされておれあさまでも一睡いっすいもできないにまっている。

 おれ一人ひとり自分じぶん布団ふとんはいり、安心あんしんしてすぐにねむりについた。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話には 1 件の感想があります。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する