設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第17話 エルフちゃんとプール
だい17 エルフちゃんとプール

 先日せんじつ予告よこくどおり、プールびらきがあった。
 県立けんりつ埼台さいだいひがし高校こうこうには更衣こういしつがあるのでプールでも女子じょしはそこで着替きがえる。
 男子だんしはというとプールわき部室ぶしつ長屋ながやがあってそこがいくつかてられていた。

たのしみだよな、ララちゃん」
「ああ、どんだけなのか」
「ごくり」

 男子だんしたちがささやきあっている。
 そういうのはおれこえないところでやれよとおもうが、おれにはなってしまう。

 はやたいからかみんな早々そうそう着替きがえてプールにかう。

「きたぞ」
「さてどうだ」
はやくタオル」

 ララちゃんと一緒いっしょにハルカもならんでこうからやってくる。
 プールサイドにがってくるとタオルをった。

「おおぅ。巨乳きょにゅうワンツーだな。デカい」
「すげえ」
「ぼよんぼよんじゃん」
まるい。メロンとかスイカとかいうけど本当ほんとうなんだな」

 濃紺のうこん水着みずぎがまんまるくからだ正面しょうめんふたつぶらがっている。
 あれならおもいにまっている。
 そしてあるくとれる。すげえやわらかそうだ。
 体操服たいそうふく夏服なつふくもだいぶどくだったが、ブラジャーをしていない水着みずぎ破壊力はかいりょくはすごい。
 もっともブラジャーはしていないけどしたにサポーターというものをつけているので、なにもないわけではない。
 でないとえてはいけないものがたりしてしまう。なにがとはわないが。

 なんってるかって、そりゃ水着みずぎ手配てはいときにおらせをたからだ。
 ララちゃんだけでは意味いみ不明ふめいかもしれないし、まあほとんどよくからなかったのでそのままスルーしてハルカに丸投まるなげしたんだけど。
 ブラとかむねパッドとかサポーターとかいてあったようながする。

 さすがにおっぱいのかたちまるかりの格好かっこうでララちゃんもかおあからめている。
 おとなりのハルカもずかしいようでおれのほうをにらんでいる。
 なんでおれだけにらまれているのかなぞだけど、まあいいんだ。

 体操たいそうなどをする。
 ああ、うん。体操たいそうってからだうごかすからおっぱいもれたりするんだ。
 前屈ぜんくつして今度こんどうしろにばすとおっぱいを強調きょうちょうするみたいにむねがってくる。

「おおぉおお」
「すげ」

 おっぱいがぽよんぽよん。ばるんばるん。
 いつもよりささえがよわいかられるれる。
 ジャンプしながらうでひらいたりじたりする運動うんどうなんかもある。
 ジャンプなんてしようものならそりゃあ上下じょうげはげしくおくれてれる。
 しかし真面目まじめなのか体操たいそうをやめたりむねかくしたりはしないのだった。

 そしておよ時間じかんになった。
 まえからみは禁止きんしになっている。
 コースのよこからみずはいってクロールでおよぐ。
 クロールはべつむねえたりしないので平和へいわすすんでいく。
 そのかわり金髪きんぱつ綺麗きれいだし、みみているのでエルフみみなのがえる。
 エルフみみはちょっとみず抵抗ていこうがありそうだなどと他人事ひとごとおもう。

「じゃあつぎ背泳せおよぎをやってみましょう」
「おぉぉおお」

 一部いちぶひとがってる。なんだろう。
 ララちゃんのばんになった。

「すげえ」
「おっぱいがおよいでる」

 背泳せおよぎだととうぜんむねうえになる。
 むねちいさいはほとんどぺっちゃんこなんだけどララちゃんはちがった。
 本当ほんとうにおっぱいがおよいでいるみたいなのだ。
 それがうでうごかして左右さゆうにグラインドさせるようにおよぐので、むね左右さゆう上下じょうげにゆさゆさとれる。
 おっぱいがみずいてすすんでいく。
 水面すいめんにはあたま、おっぱいみぎ、おっぱいひだり三角形さんかくけいつくっていた。
 おなかなどは水中すいちゅうなのでおっぱいだけえるのだ。

「あれはすごい」
「はぁ

 おれもちょっと感嘆かんたんのためいきいてしまった。
 ララちゃんクラスだとああなるんだ。参考さんこうになった。
 なんの参考さんこうからないがおれたちクラスメートはひとかしこくなった。

「あっ

 おれ目撃もくげきしてしまった。
 ララちゃんがみずからがってくる瞬間しゅんかん
 ちょっとまえかがみになるんだよね。水着みずぎうえぶん巨乳きょにゅうむね谷間たにまがででーんとできていた。
 それからむねらしながらみずからてプールサイドに完全かんぜんがる。
 みずがおっぱいからしたたってなんかなんとなくエロい。
 ぽつん、ぽつんとおっぱいがらみずちてくる。
 普通ふつうならそこまでがっていないから下乳したちちとかないわけだけどララちゃんにはあるのだ。

「ほほう」
「なるほど」
「ふむ」

 男子だんしたちが次々つぎつぎをギラギラさせてそれを鑑賞かんしょうしている。
 なんだか可哀想かわいそうになってきてかくしてあげたいがおれにはできない。

 キーンコーンカーンコーン。

 無情むじょうにもおっぱい鑑賞会かんしょうかいしていたプールの授業じゅぎょうわりをげた。

今日きょうはすごかったな」
「あぁおれ貧乳ひんにゅうだったのに、あれはすごい」
鞍替くらがえする」
「そうしろそうしろ。巨乳きょにゅう素晴すばらしいぞ」
「どっちもいいとおもうんだ」
「おう、そうだな」

 男子だんしたちのおっぱい談義だんぎきつつ、ララちゃんは大変たいへんだなとおもった。

 教室きょうしつもどるとみずかみがまだれた女子じょしたちがいた。
 更衣こういしつ付属ふぞくしているらしいドライヤーでかわかすもいるそうな。

「どうしました?」
「ううん」

 ララちゃんも夏服なつふくでさっぱりした格好かっこうもどってきた。
 なんというか今更いまさらだけどツヤツヤのプルプルなくちびるになってくる。

 おれたち、あの、キスしたんだよな。

 ララちゃんはいまではなんでもなさそうなかおをしているけど、ずかしそうにげていったので、なかったことになっているのかもしれない。
 おんな感情かんじょうおれたちおとこおもっている以上いじょう複雑怪奇ふくざつかいきだ。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する