設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第11話 エルフちゃんとソフトクリーム
だい11 エルフちゃんとソフトクリーム

 今日きょう放課ほうかになった。
 ララちゃんは幼馴染おさななじみのハルカと仲良なかよくなってくれた。

 ということで三人さんにんあつまって今日きょう予定よていめる。
 部活ぶかつ勧誘かんゆう昨日きのうとはちがって今日きょうはいないようだ。

「このあとどうする?」
わたしはケートくんにおまかせするですぅ」
わたし景都けいときたいとこあれば」
「そう? じゃあありきたりだけどコンビニってくか、ソフトクリームがべたい」
「はいですぅ」
「いいよ」

 ということで学校がっこうないでは上位じょうい美少女びしょうじょおれ幼馴染おさななじみと、絶世ぜっせい美少女びしょうじょララちゃんをおともれてあるいていく。
 うん、以前いぜんにもまして注目ちゅうもくされてしまっている。
 こればかりは両手りょうてはなだしな、あいつもげろ、とかおもわれていそうだ。
 本当ほんとうおもわれてそうで、ちょっとわらってしまう。

 左右さゆうからおっぱいがせまってくる。
 ハルカはまえはこんなにぐいぐいこなかったのに右側みぎがわからおれにくっついているララちゃんをて、自分じぶん意識いしきしてしまったのだろう。
 わたしもおっぱいけなきゃってなるのかおんななにかんがえているかからんな。

 ひだりてぽよんぽよん。みぎてばるんばるん。
 おほほほ。
 あたまなかはすでにからっぽだった。あぁ極楽ごくらくぅもうなにかんがえられない。

 そうこうしているうちにコンビニに到着とうちゃくした。

「すみません、あのアイスクリームください。おれ、うーんと、バニラ」
わたしはえっと、ストロベリー」
わたしもどうしよう。イチゴ、イチゴあじ。ストロベリーくださいぃ」
おれのおごりでいいよな。あと、ホットヒトクチチキンひとつ」

 ささっと電子でんしマネーで支払しはらう。
 ララちゃんはちょっとまよったみたいだけど結局けっきょくイチゴあじだ。
 おれだけバニラだったか。
 まあかるよ。あのディスプレイされたなイチゴの写真しゃしんたらべたくなる。

 ヒトクチチキンはヒトクチサイズのナゲットがはいっているがいま増量ぞうりょうりだった。
 一人ひとりふたべれておとくだ。

番号札ばんごうふだ十五じゅうごばんのかた、おたせいたしました」
「ありがとうございます」
「「ありがとうございます」」

 みんなでぺこりんちょしてる。

「いただきます」
「「いただきます」」

 コンビニのとなりにある西山にしやま公園こうえんのベンチに移動いどうしてアイスクリームをべる。

「うん、美味おいしい」
「わっ、わぁ、つめたくてあまくて美味おいしいぃ、イチゴの風味ふうみもいいですぅ」
「ね、美味おいしいね」

 ペロペロッとアイスクリームをべる。
 そうしていると、ララちゃんのおれのバニラを凝視ぎょうししていた。

「え、ララちゃん、バニラもべたいの?」
「はい、になってしまって」
「はい」

 おれべかけだけど、ララちゃんにわたす。
 ララちゃんがペロンとアイスクリームをべる。
 あっこれも一種いっしゅ間接かんせつキスでは。

 ドキドキしてきた。
 童貞どうていおれ恋愛れんあいスキルは底辺ていへんっている。
 よこでニコニコしてている幼馴染おさななじみのハルカとだって記憶きおく範囲はんいでは、こんなことしたことがない。
 というかハルカと二人ふたりべるときはおなあじたの確率かくりつたかいので、こういうことはきない。

「バニラの風味ふうみがいいですね。これがバニラなんですねぇ」
「ああ

 ララちゃんにぺろりんちょされたアイスクリームを返却へんきゃくされたけど、これおれべるのか。
 ララちゃんのべかけだぞ。
 家族かぞくだとはいえハルカもてるのに。
 おれかおのぼってくるのがかる。ハルカもなんだか視線しせんおよがせている。
 平気へいきそうなのはララちゃんだけだ。

 けっしてつづきをべる。

「へへへ、どっちも美味おいしいです」

 べかけをべたのに、べつになんともなかった。
 よくかんがえたらそりゃべつなんともないにまっているが、精神的せいしんてき障壁しょうへきはある。
 ハルカの視線しせんはさっきからおれとララちゃんのあいだったりたりしている。
 こいつも初心うぶだからな。
 おれ経験けいけんないんだから当然とうぜん、このハルカちゃんにも経験けいけんはないのだろう。
 ほかおとことラブラブした経験けいけんがあったらおれはショックだがそうではなさそうだし。

 そしてあまいものをべたら、つぎはホットヒトクチチキンの出番でばんだ。

「うん、うまい、はい。ふたつずつだから」
「ありがとう、景都けいと
「ありがとう、ケートくん

 二人ふたりから笑顔えがおのおれいわれておれはむずがゆい。
 こんなことで点数てんすうれるならやすいものだ。

「ちょっとからいけど美味おいしい」
「だよね、あわたしひとつでいいから景都けいとみっべていいよ」
「そうか? さんきゅ」
「ううん」

 ペロっとからそうにハルカがしたす。
 ハルカはからすぎるのは苦手にがてらしい。これはそこまでではないがふた連続れんぞくべるとおもったよりからかったりする。

 にく旨味うまみほどよいからみ。こういうのこそホットスナックってかんじでおれはかなりきだ。
 チキンはあぶらすくなめでさっぱりしておりべやすい。
 醤油味しょうゆあじかコンソメあじどちらかのヒトクチチキンもってくるべきだったか。
 小腹こばらはソフトクリームもべたからいているけれど、満足感まんぞくかんからするともうすこべたくなってくる。
 高校生こうこうせいくらいだとおひるべてさらにおやつがしくなるものだもの。

美味おいしかった。ごちそうさま」
「「ごちそうさまでした」」

 高校生こうこうせいいくらいは黙認もくにんされている。
 いえ近所きんじょまでもどってきた。

「じゃあ、ハルカ、また明日あした
「じゃあね」
「ばいばいですぅ」

 ってハルカとわかれておれとララちゃんでいえもどった。

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する