設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

56.一緒に夕ご飯
◆56.一緒いっしょゆうはん

 このあともう夕方ゆうがたなのでおばあさんに今日きょうゆうはんらないと連絡れんらくれた。
 ザイールさんとミーティアさんが一緒いっしょにごはんべようとさそってくれたのだ。
 場所ばしょ中級ちゅうきゅう庶民しょみん贅沢ぜいたくぐらいの宿屋やどやのごはんだ。おみせ飲食いんしょくてんふくめてやっていない。
 おもにプレイヤーとおもわれるきゃくだい盛況せいきょうだ。
 すでにお二人ふたり普段ふだんまちひと目立めだたないようなやつに着替きがえている。

みな何歳なんさいだ? 十五さい以上いじょうだな。よしではビール五つ」

 なんか勝手かってにビールにされてしまった。

「十五さい以上いじょうならめるんですか?」
「そうだぞ。そんなこともらなかったのか? ああ、すまん。かみ使つかいの冒険ぼうけんしゃだったな」
「はあ、いいのかな」
「んー。まあ、いいんじゃない?」
説明せつめいしょしょ問題もんだいないっていてありましたわ」

おれたちは、領主りょうしゅかかえの非常ひじょう騎士きし半分はんぶん冒険ぼうけんしゃをやってる。デルタだい予備よびえきたいだ」
「そこそこえらひとなんですか?」
「まあ、そこそこだな。べつにかしこまらなくていい」
「はい。ありがとうございます」

 ちょっと会話かいわしていると、すぐにビールがやってきた。

「それでは、みな今後こんご活躍かつやくねがって、乾杯かんぱい

「「かんぱーい」」

 全員ぜんいんでグラスをぶつけて乾杯かんぱいした。
 ビールは、そこまでにがいやつじゃなくて、炭酸たんさんべつにきつくはなかったけど、あたたかかった。
 日本にほんのビールはやすのが普通ふつうなので、ちょっと想像そうぞうちがった。
 クルミは「ぷはぁ」とかやっている。

「おじさんくさいぞ」
「えー。いいじゃん。ビールんだら、一度いちどやってみたかったんだもん」

「でだ。レポリダイはどうだ?」
「ザイールさん、レポリダイってなに?」
「えっと、そこからか」

 ザイールさんとミーティアさんは世界せかいについておしえてくれた。
 レポリダイとは、この世界せかいそのものをすらしい。
 そしてここはカーディス大陸たいりくほかにカーガン大陸たいりく発見はっけんされているらしい。
 カーディス大陸たいりくのアデレイス王国おうこく首都しゅとまえ登場とうじょうしたファインティアだ。
 このまちはデルタまちで、領主りょうしゅ名前なまえは「エレノア・K・デルタ」。
 デルタまち周辺しゅうへんむらふくめてサークル地方ちほうぶ。

「で、サークル地方ちほう大昔おおむかしだい魔法まほう爆発ばくはつだか隕石いんせき衝突しょうとつあとわれてる。デルタまちはその中心ちゅうしんにあるんだ」

 だからサークル地方ちほうまわりをまるがけかこわれているカルデラじょうになっている。
 それで、出口でぐちかわながれていくさきがある。しかし出口でぐち手前てまえ湿地しっちたいになっていて、てきつよいので、よわひとたちはとおることができないらしい。
 まち領主りょうしゅかんまえには転移てんい装置そうちがあるけれど、これはみとめられたひとしか使つかうことができないそうだ。

「まあ、そういうわけで、ここはめられてるんだ」
「そりゃこまりますね」
「でもかねがあれば、たまに飛空ひくうていんできたときにせてもらえるぜ」
飛空ひくうていには一度いちどってみたいです」

 料理りょうりはこばれてきた。
 フランスパンをったもの。もっともこっちではフランスパンとはばないけれども。
 トカゲにく野菜やさいのデミグラスシチュー。
 ウサギにく燻製くんせい
 新鮮しんせん野菜やさいのサラダ、クルトンき。
 オムレツふう卵焼たまごやき。

 結構けっこう豪華ごうかだ。卵焼たまごや以外いがい人数にんずうぶんある。

「ご馳走ちそうさまです」
「なに、遠慮えんりょしないで。先行せんこう投資とうしみたいなもんだ」
「ありがとうございます」

 みんなでフォークとナイフでべる。
 もちろん、おとをなるべくてないように、でも会話かいわはたまにしつつ。

「おにく、ホロホロだわ」
「ああ、ここのシチューはうまいぞ」

 そうそう、むかしのMMO-RPGだったらBGMがながれてるんだけど、VR-MMOのコレは、BGMとかいうものはない。もちろんwebを表示ひょうじして動画どうがなり音楽おんがくなりながせば、自分じぶんにはこえるけれど。
 あとwebでなま放送ほうそうけいは六倍速ばいそくがあるため、正常せいじょう表示ひょうじできないわながある。
 だから現実げんじつのファミレスで音楽おんがくかってるような場所ばしょとは雰囲気ふんいきもだいぶちがった。

 まえまった宿屋やどやはウサギにくのホワイトシチューだった。ウサギは若干じゃっかんとりっぽいのにたいして、こちらはほぼビーフシチューだ。
 どれもおいしい。

 たのしい夕食ゆうしょくはもうすこつづくんじゃ。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する