設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

48.教会
◆48.教会きょうかい

 わたしたちは教会きょうかいかっている途中とちゅうだ。

わすれてた。マイケルへはこれをあげるよ」

 わたしまってマイケルにはなしかける。

「ミケさん。ありがとう」

 ●くびようあかいリボン
  くびくタイプのリボン。
  種別しゅべつ:アクセサリー(首輪くびわ)
  レア:2  ランク:2
  攻撃こうげきりょく:2
  魔攻まこうりょく:2
  命中めいちゅう:2
  耐久たいきゅう:25/25

 ふくったときに、ついでにマイケルにいいとおもってっておいた。
 いまおもうとおなじペンダントでもかったかもしれないけど、それだとおおきくて邪魔じゃまになりそうだからリボンで正解せいかいだった。

 マイケルをいているので一度いちどおろして、くびにヒカリちゃんがリボンをいて、ふたたげる。

 マイケルは移動いどうちゅうもずっとヒカリちゃんにかれていて、普段ふだんうごいたりしゃべったりしない。
 完全かんぜんにぬいぐるみに擬態ぎたいしている。
 これは、ただでさえめずらしいのに目立めだって余計よけいなトラブルをふせぐためだ。


 もうすこあるいて教会きょうかい到着とうちゃくする。
 りょうとびらのついた石造いしづくりの教会きょうかいだった。

 赤茶あかちゃ三角さんかく屋根やねのてっぺんには、えんのシンボルがいていた。
 教会きょうかいなかではヒューマンの女性じょせい職員しょくいんひと対応たいおうしてくれる。

かみ使つかいの冒険ぼうけんしゃさまですね。ようこそデルタ教会きょうかいへ」

 教会きょうかいについてかる説明せつめいしてくれる。
 まずえんのシンボルは太陽たいようつきがモチーフになっていて、どちらもこの世界せかいかみあらわすものだそうだ。
 そしてこのまちは、デルタ教会きょうかいさきつくられて、そこへまちができたという。
 だから教会きょうかい名前なまえもデルタという名前なまえなんだそうだ。

 今日きょう魔法まほうとくにしろ魔法まほう関連かんれんアイテムがないかたずねにたのだ。

「そういうことでしたら、攻撃こうげき魔法まほう、ステータスアップの補助ほじょ魔法まほうなどがございます」

 ライトランス。せいなるちから回復かいふくりょくもちいた攻撃こうげき魔法まほうひかりやり
 エンジェルブレス。天使てんし祝福しゅくふく。ステータスアップ。具体ぐたいてきにはちかくのプレイヤーたちに、一定いってい時間じかんぜん補正ほせいわりアップ。
 そして範囲はんい攻撃こうげき魔法まほう。ゴッドレイ。後光ごこうかみひかり

護衛ごえいほう以外いがいのお二人ふたりには適性てきせいはあるようですね。おおしえすることはできますけれど、有料ゆうりょうとなっております」

 やっぱり有料ゆうりょうなのか。そうだとおもったよ。

「三つセットだとおとくで、お一人ひとりさまあたり2,500セシルになります」

 スキル習得しゅうとくでこれぐらいならやすいよね。
 わたしとヒカリちゃんは三つセットをおねがいする。

 やりかたはおかねはらったら、スキル習得しゅうとくログがながれただけだった。
 なんかこう、秘薬ひやくむとか、専用せんよう装備そうび使つかって魔法まほうとなえるとか、祝福しゅくふく祝詞のりとけると、ぱぱっと発生はっせいするとか、あるものじゃないかとおもうんだ。

 しろ魔法まほうはヒカリちゃんでウサギのヌイグルミのマイケルはどうやらしろ魔法まほうばさないようだ。
 実際じっさい、パーティーない属性ぞくせいかぶっているよりは、けたほうがいいだろう。

 ついでに、装備そうびについてもいてみる。

いものはぎんきんのロザリオなどがございます。しかしかなり高価こうかです」

 ぎんは20,000セシル、きんは90,000セシルらしい。
 そのぶん補正ほせいいんだろう。

 今回こんかいはパスして、どうのロザリオをチョイスする。

 ●どう教会きょうかいようロザリオ
  教会きょうかい配布はいふしている銅製どうせいのロザリオ。初心しょしんしゃからのランクアップようだ。
  種別しゅべつ武器ぶき(ロザリオ)
  レア:2  ランク:2
  魔攻まこうりょく:5
  回復かいふくりょく:15
  耐久たいきゅう:100/100

 まぁまぁの補正ほせいのようだ。初心しょしんしゃようの50%アップというかんじになっている。

 8,000セシルで販売はんばいしていたのでもとめた。
 そういえば、月食げっしょくてたのロザリオは7,000セシルだったな。
 絶対ぜったいこっちのほうがいいね。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する