設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

45.ウシ戦(2)
◆45.ウシせん(2)

 ウシ(オス)をなんとかたおすことができた。
 たおれたうし解体かいたい選択せんたくしてドロップを確認かくにんする。

 ・ウシのにくx3
 ・ウシのつのx2
 ・ウシのかわx2
 ・ウシのフン

 いつものてきよりドロップがおおいみたい。
 つのとフンがいてきた。

 この世界せかいではものはウンチをしないけれど、ウシはドロップでフンがある。へんだけどゲームだから適当てきとうなんだろう。

 ●ウシのフン
  ウシの排泄はいせつぶつ枯葉かれはとまぜて高級こうきゅう堆肥たいひになる。
  種別しゅべつ素材そざい
  レア2  ランク

 なるほどね。肥料ひりょうになるのね。
 これはぜひ、薬草やくそうのランクアップのためにも必要ひつようだね。

 ちかくには、メスうしもいた。つのがなく、おっぱいがおおきいから判別はんべつ可能かのうだ。

「んー。メスうしちゃんはやさしそうなかおしてるから、たたかうのはちょっとって」

 クルミがったをする。そしてわたし太陽たいようそう要求ようきゅうしてきたので、実体じったいしてわたす。

「ほーら、ほら、ウシちゃん。ごはんですよ~」

 クルミが太陽たいようそう両手りょうてって、べさせようとちかづいていく。
 わたしとサクラちゃんはおっかなびっくりして、それをているだけだ。

『も~』

 メスうしはひときして、ちかづいてむしゃむしゃべだした。

「ミケ、もう一して」
「はいよ」

 また太陽たいようそうしてクルミにわたす。
 ウシはまた呑気のんきべだした。
 さらにウシはべて合計ごうけいたばまるまるべた。
 それをメスうしわると、チロリンとめずらしくおとった。

『[ウシ(メス)]がテイム可能かのうになりました。テイムしますか?』

 ホログラムメッセージがる。選択せんたくはクルミのまえいている。

「もっちろん、Yes」

『も~』

「よしよし。じゃあ名前なまえめないとね。えっとマロンにしよう」

 マロンはあたまげたとおもったら、クルミのまえでしゃがみこんだ。

「あれー。どうしたんだろう?」
「これはってくださいっていうことではないでしょうか?」

 サクラちゃんが疑問ぎもんこたえる。
 クルミはうなずいて、マロンにった。

「ちょっとはやいけれどもどろっか?」

 わたしたちはマロンをれてもどる。先頭せんとうはサクラちゃんとわたしでそのあとをマロンがつづいた。

 まだウシ地帯ちたいはいりかけの場所ばしょなので、すぐトカゲ地帯ちたいになった。
 マロンがいると、なぜかトカゲがちかづいてこない。
 これはいモンスターけになるぞ。

 すすむのがおそめなのをのぞけば、戦闘せんとうしなくてむので便利べんりだった。

 いえもどると、おばあさんがびっくりしていた。

「まぁまぁ。これまたおおきなれてきたね。どうしよかね」

 相談そうだん結果けっかむかし使つかっていた家畜かちく小屋ごや住処すみかにして、まだ雑草ざっそうえているだけのはたけ半分はんぶんをマロンのごはんようにすることになった。
 はたけ結構けっこうひろいので、だい丈夫じょうぶだとのこと。

 おじいさんの指導しどうのもと、わたしたちは領主りょうしゅさまはやしき、腐葉ふようってきた。
 腐葉ふようとウシのフンをぜて高級こうきゅう肥料ひりょうつくる。

「ウシはつよいからあまり流通りゅうつうしていなくてね。枯葉かれはだけより植物しょくぶつそだつから高級こうきゅう肥料ひりょうばれてる」

 とりあえず、ぜただけだけど、高級こうきゅう肥料ひりょうはできたみたいだ。
 それを薬草やくそうはたけいておく。

 ったりたりしたので、けっこうおそくなってしまった。
 今日きょう作業さぎょうはこのへんにして、また明日あした

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する