設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

43.お買い物
◆43.おもの

 十八にち今日きょうものこうとおもう。
 というのもわたしたちはいまところたきりすずめなのだ。
 下着したぎもデフォルトのしろいやつで、そのうえ初心しょしんしゃのローブとかよろいとかを装備そうびしている。
 サクラちゃんなんかはよろいのままのう作業さぎょうりに採掘さいくつをしているので、うごきにくいんじゃないかともおもう。
 よろいといっても、まだかわよろいだからそこまでわるいわけじゃないけど、普段ふだんしい。

 というわけでひと沢山たくさんしかけてくるまえ今日きょううちに、いにこうとおもう。

 このまちでは大通おおどおりは東西とうざい南北なんぼく十字じゅうじつらぬみちとそれに交差こうさする環状かんじょうになってるみちがある。
 とりあえずぶらぶらあるいて、女性じょせいふくっているみせさがす。

 いくぶんあるいたら、それらしいみせ発見はっけんする。
 さっそくなかはいってみる。
 たながあって、スカートにズボンにシャツにブラウスなどがいてあった。
 いろはカーキーいろとかしろとか地味じみけいおおいみたいだ。
 世界せかいかん反映はんえいしてかショッキングピンクとか蛍光けいこう水色みずいろとかはないみたい。

 のう作業さぎょうとかをするよう薄茶うすちゃのブラウスに、茶色ちゃいろのズボンをわせてみる。
 生地きじ種類しゅるいもいくつかあるようで、わたしのは綿めん素材そざいのを選択せんたくした。

 露店ろてんをしたり、まち探索たんさくするようしろいワンピースをう。
 こしうしろにおおきなリボンがついていて、簡単かんたんなフリルきの可愛かわいいファンタジックなやつだ。

 つけみみカチューシャとか、尻尾しっぽ、あとどうても首輪くびわみたいなチョーカーとかもっていた。
 女性じょせいけの小物こものもあって、補正ほせい指輪ゆびわとか腕輪うでわなどもあるけれど、それらはどれも値段ねだんたかい。

「ミケはねこだから、このねこすずきチョーカーにしようよ」
「どうしようかな」

 クルミがってきたのは、金色きんいろの2センチぐらいのすずがついたくろめてあるぬののチョーカーだった。
 すずいている部分ぶぶん根元ねもと部分ぶぶんにもかえしがついてて、リボンふうになっていて、緑色みどりいろ角形かっけい宝石ほうせきいている。
 くびうしろでちょうちょうむすびにして装備そうびするタイプだった。

 ●ねこすずチョーカー(くろ)
  ねこすずきの綿めんのチョーカー。魔力まりょく宝石ほうせきき。すずはダミーでおとはならない。
  レア2  ランク
  種別しゅべつ装備そうび(首輪くびわ)
  魔攻まこうりょく
  防御ぼうぎょりょく
  魔防まぼうりょく
  回復かいふくりょく
  耐久たいきゅう30/30

「んー。補正ほせいもかなり魔法まほう使つかけでいいかんじだし、これでいこう」
「ぐぬぬ。たしかにりょう補正ほせいだね。どう、にあう?」

 わたしくびててせてみる。

可愛かわいいですわ。とっても似合にあっていますわ」
「おー。ばっちりじゃん」

 値段ねだん確認かくにんしないとね。値札ねふだる。7,000セシルだ。
 ふくズボンワンピースは2,500、3,000、4,000セシルなのでチョーカーのほうたかい。

「それなりのお値段ねだんだけど? いいの?」
「んー。ねこすずけておけば安心あんしんじゃん。おかねはまだ余裕よゆうあるでしょ」

 合計ごうけい37,500セシルの支払しはらい、のこりは8まん7千セシルくらいになる。

 作業さぎょうは三にんともたようなものをえらんだ。
 おかけようは、クルミはレモンイエローのでサクラちゃんは紺色こんいろものだった。
 クルミのは結構けっこうみじかいスカートのワンピースで、サクラちゃんのはツーピースのスカートになっている。

 下着したぎえも購入こうにゅうしておいた。これは必要ひつようせいからいえば必要ひつようで、たん気分きぶん問題もんだいだけど、やっぱりほしいよね。
 あせはかかないし、ホコリでよごれたりもしないみたい。
 むろんNPCもふくめて、普段ふだん洗濯せんたくはしない。
 もちろん他人たにんせる事情じじょうがあるひとならべつだけど、わたしたちはいまところとくにない。
 下着したぎにおかねけるひともいるけれど、今回こんかいやすいのをえらんでおいた。

 耐久たいきゅうりょくというがあるんだけど、公式こうしき説明せつめいによればこれが0になっても、装備そうびアイテムとしての補正ほせいがほぼ発揮はっきされなくなるだけで、ったりはしない。
 だから戦闘せんとうちゅうよろいがダメになって、下着したぎ姿すがたはだかをさらすということはない。
 そのへん安心あんしんシステムになっているみたい。
 武器ぶきえちゃったりしないけれど、刃物はものなられなくなるのか、れるのかはからない。
 まだ、そこまで使つかんだひとはいないみたいだし。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する