設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

42.綺麗な水
◆42.綺麗きれいみず

 十七にち本日ほんじつ天気てんきくもり。この世界せかいくもりなのはめずらしいかも。
 美味おいしいあさはんのスープとパンをいただくと、はたけかう。

 雑草ざっそういたりして、はたけ手入ていれをする。
 さっそく薬草やくそうわかいのが収穫しゅうかくできるころになったけれど、んでおいた湧水わきみずのいいやつ在庫ざいこがもうない。

 あれをれるには、またトカゲゾーンを突破とっぱして、むらまでもどってさらにもりおくまでって、湧水わきみずってくる作業さぎょう必要ひつようだ。

 はっきりって、めんどくさい。
 それならランクのひく製作せいさく我慢がまんしようかな。

 師匠ししょうのニコライドおじいさんにいてみた。

じつはだな。きれいなみずんでくると気分きぶんてきにはいのだけど、浄化じょうかいしという便利べんりなものがあるのだ」

「なんですかそれ」

泥水どろみずではだめだ。井戸いどみずぐらいのある程度ていど綺麗きれいみず沸騰ふっとうさせるだろ。そのときに浄化じょうかいしれておくと、えないよごれまで吸収きゅうしゅうしてくれる。なにやら大量たいりょう微小びしょうあないているそうだ」

 わたしたちの苦労くろう一体いったいなんだったのだ。
 もちろん、なんでもかじった程度ていどにできるおじいさんは浄化じょうかいしっていた。

無限むげん使つかえるわけではないが、かなりの回数かいすう使つかつづけられる。薬師くすし錬金術師れんきんじゅつしには必須ひっすアイテムだな」

 浄化じょうかいしは、かん理科りか実験じっけん使つか沸騰ふっとうせきみたいなかんじだった。
 まるくてしろくてかるいしで、あなちいさすぎてえないみたい。

 たくさんあるから、けてくれるそうだ。

 今日きょうれた薬草やくそう四十をポーションにするときに浄化じょうかいし使つかってみた。
 みずは、おうち付属ふぞく井戸いどからんでた。
 みずのランクは2で、普通ふつう品質ひんしつだ。

 んだみずをすぐストレージにしまうと、おもみずってあるかなくていいことにいた。
 あれこのまえけいたいみずはこびで苦労くろうしたってってたよね。
 かれらはしまわないで、かついでいったのかな。

 みず浄化じょうかいしをいくつかれてから、にかける。
 かんじはあまりわらない。気持きも気泡きほうおおいぐらいだ。

 無事ぶじポーション(しぶひかえめ)が完成かんせいする。
 ランクは最近さいきんつくったものとおなじで4だった。

 ポーションが八できて、ものポーションは合計ごうけい百二十八になった。
 ポーションの賞味期限しょうみきげんとかあるのだろうか、いまところとく使用しようのものがくさったとかそういうのはないけれど。
 質問しつもんしてみた。

「ポーションはつよちからがあるから、普通ふつうくさらないな」

 だそうだ。まあそうだよね。ゲームてきかんがえて、管理かんりがめんどくさいもん。
 たとえばリアル基準きじゅんで一週間しゅうかんぶりにインしたらゲームないで一かげつっていてポーションが全滅ぜんめつした、とかが発生はっせいするとポーションめてるライトユーザーはつらいことになってしまう。
 はたけそだつのははやいけれど、すぐにはれない親切しんせつ設計せっけいだった。

 午後ごご後半こうはんせん、またかわりにた。
 よくると川岸かわぎし浄化じょうかいしおなかんじのいしちている。

「ああ、あれは浄化じょうかいしになる。このへん川原かわらにはおおいんだ。みせにもってるけどね」

 今日きょう大会たいかい開催かいさいされる。
 わたしたちはからまない程度ていどはなれてならんで、かわ竿ざおらす。

 本日ほんじつも、ぼちぼちイロエマスのちいさいのがれる。
 というか、ちいさいのしかれない。

 しかし、さすが師匠ししょう
 ちょっとはなれていた場所ばしょっていたニコライドおじいさんは、ついに25センチのイロエマスをげた。
 ほかさかなはみんな10センチだいだったからばいちかおおきさだ。

「ほっほっほっ。さすがワシ。ほれ、こんなにおおきいぞ」

 おじいさんが自慢じまんしてくる。いつもはもうすこしクールなかんじなのにたのしげだ。

 結局けっきょくあとは10センチだいのイロエマス十二ひきったところわりになった。

 今日きょうばんはんは、このイロエマスだ。
 料理りょうり担当たんとうは、おばあさんとわたし
 イロエマスにしお胡椒こしょう、ハーブと少量しょうりょう小麦こむぎをつけて、オリーブオイルをひいたフライパンでく。
 ハーブはバジルみたいなやつです。

 おおきいのはおじいさんのぶんになった。
 そしてクルミはわたしたちより一匹いっぴきおおくて四ひきべていた。
 そんなにべると、また最大さいだい満腹まんぷくえるぞ。

 表面ひょうめんがパリパリになって美味おいしい。
 マスなので、はサーモンピンクのいろをしていて食感しょっかん白身しろみけいだった。
 ホクホクしていて、あまみとうまみがあり、味付あじつけとあわせて丁度ちょうどかんじになる。

 さかなあしはやいので、このまちではおみせっていなくて、自分じぶんたちでくらいしか入手にゅうしゅできないそうだ。

 美味おいしいごはんべたので、日課にっか作業さぎょうをして、おやすみなさい。

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する