設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

26.ウサギ帽子とオオカミさん
◆26.ウサギ帽子ぼうしとオオカミさん

 十日とうかれいのごとく、今日きょうもスープとパンの朝食ちょうしょくる。
 あさきたらヒカリちゃんからメッセージがていた。
 ウサギ帽子ぼうし完成かんせいしたという。

 食事しょくじ宿屋やどやっていたら、ヒカリちゃんとコマチさんがやってきた。

「ミケさん、サクラさん、えっとクルミさん、おはようございます」
「みなさま、おはようございます」

 ヒカリちゃんはあさから、礼儀れいぎただしく挨拶あいさつする。
 コマチさんもつづいた。

 ヒカリちゃんはウサギのぬいぐるみのマイケルのあたまってげて、マイケルもお辞儀じぎをさせる。

 食堂しょくどうでは目立めだつので、せまいけれど部屋へやれてもどる。

「あー。ウサギ帽子ぼうしできたんだって? みせてーみせてー」

 クルミがはしゃいで要求ようきゅうしてくる。

 ヒカリちゃんがアイテムぶくろからウサギ帽子ぼうしりだしてくれる。
 すぐに三にんくばった。

 ●ウサギさん帽子ぼうし(しろ)
  かおみみとしっぽがいている毛皮けがわ帽子ぼうし一針ひとはり一針ひとはり頑張がんばってった。
  レア4  ランク
  種別しゅべつ装備そうび(帽子ぼうし)
  防御ぼうぎょりょく
  魔防まぼうりょく10
  耐久たいきゅう45/45
  作成さくせいしゃヒカリ

 口元くちもと可愛かわいくできてる。ヒゲとくちがついていてうえにはウサギみみけてあるけれど、がっている。
 うしがわには、まる尻尾しっぽがくっいていて、おもわずさわってみたくなる。

 よろいは三にんとも、からだのみで、あたまにはなにもつけていない。
 この帽子ぼうしはかなり防御ぼうぎょりょくたかうえ可愛かわいい。
 この補正ほせいなら、おじさんでずかしくても我慢がまんしてかぶるレベルのできだ。
 ったらいくらだろう。10,000セシルぐらいにはなりそう。

 ヒカリちゃんは、すでに自分じぶんたちのぶん作成さくせいみらしい。
 おもむろにして装備そうびした。

 ローブ姿すがたのちっちゃいが、もともといぬみみ可愛かわいいのに、うさみみになってさらに可愛かわいい。
 もと犬耳いぬみみはどうなってるのかは、なぞであるが、ファンタジーだしにしちゃだめだろう。

けいたいの四にんはどうするの?」
「あのかたたちは『おれたち硬派こうはにはウサみみ似合にあわないから、オオカミにしてほしい』ってってましたよ」

 コマチさんがこたえてくれた。

「ちなみに、オオカミはこれです」

 ヒカリちゃんの作成さくせい能力のうりょくはかなりたかい。
 自分じぶんでかぶってせてくれる。
 三角さんかくみみっていて、いぬ尻尾しっぽうしろにれている。

 ●オオカミさん帽子ぼうし(灰色はいいろ)
  かおみみとしっぽがいている毛皮けがわ帽子ぼうし一針ひとはり一針ひとはり頑張がんばってった。
  レア4  ランク
  種別しゅべつ装備そうび(帽子ぼうし)
  防御ぼうぎょりょく11
  魔防まぼうりょく
  耐久たいきゅう50/50
  作成さくせいしゃヒカリ

 ウサギのほうが魔法まほうけいで、オオカミは物理ぶつりけいなのか。

 いや。やっぱりこれも、かなり可愛かわい出来できだぞ。
 本当ほんとうにあのひとたちかぶるのか?

 わたしところに、アルクさんがメッセージをよこした。
 便利べんりなことに、このゲームのメッセージシステムはVRギアと連動れんどうしているため、インしていなくても、確認かくにん送信そうしん可能かのうだ。
 メッセージをて、いそいでログインしてきたらしい。

 わたしは、けいたいの四にんむかえにき、部屋へやれる。
 部屋へや一気いっきせまくなった。もうぎゅうぎゅうだ。

「オオカミ帽子ぼうしができたそうじゃないか」
「はい。わたし頑張がんばりました」

 けいたいの四にん感謝かんしゃべつつり、装備そうびする。

「ぶはっ。おっさんでも可愛かわいいな~。こりゃ流行はやるわ~」

 なんかクルミが爆笑ばくしょうしている。

愛嬌あいきょうがあって、似合にあっているとおもいますわ」

 サクラちゃんがフォローをするけれど、どうだろうね。

われけいたい、ずっとこの帽子ぼうし大切たいせつにします!」
「「「大切たいせつにします!」」」

 びしっと、ヒカリちゃんにけて、そろって敬礼けいれいをする。

 ヒカリちゃんも、うでがってるけど敬礼けいれいかえす。

かん無量むりょうであります!」
「「「同感どうかんであります!」」」

 台本だいほんがあるんじゃないかとおもくらい一致いっちしていて、ちょっとく。
 けいたいじゃなくて、幼女ようじょ親衛しんえいたい間違まちがいじゃないかとおもう。きっと。

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する