設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

64 西の森へ行こう
●64 西にしもりこう

 今日きょうはちょっとつくりたいものができたので、西にしもりこうとおもいます。
 じつはメイドふく、シルクスパイダーという魔物まものしろいとでできていて、防御力ぼうぎょりょくぬの装備そうびなかではかなりたかい。
 だからメイドふくそのものの値段ねだんもちょっとたかいんだけどね。
 そこは商会しょうかいちからだね。

 普通ふつう西にしもりといえば冒険者ぼうけんしゃだ。
 ということでベテランである隻腕せきわんのジョンさんにもご同行どうこうをおねがいした。
 子供こどもたちの引率いんそつほかにも何人なんにんかでまわりだから今回こんかい大丈夫だいじょうぶだよ。

「それじゃあ、ジョンさん、よろしくね」
「ジョンさん、おねがいします」
「ジョンさん、よろしくおねがいします。あなたにもかみのご加護かごがあらんことを」
「ご丁寧ていねいにどうも」

 シャロちゃんが教会きょうかいふうにおいのりをするとジョンさんもあたまげる。
 ちょっとれてるジョンさんもなんだかかわいいところがある。

 今回こんかい危険きけん西にしもりくんだから、ちょっとだけ気合きあいかたちがった。

「それではっ」
「「「おー」」」

 一緒いっしょきたがった子供こどもたちをなんとかなだめて西門にしもんかう。
 さすがにれていくと子供こどもたちの安全あんぜんだって保障ほしょうはできない。

 西にしもりにはくだんのシルクスパイダーも生息せいそくしている。
 ほかにはフォレストウルフ、ゴブリン、オーク、ジャイアントスラッグなど。

 ジャイアントスラッグならハシユリむらちかくにもいる。
 すごくおおきいかい一種いっしゅで、べると美味おいしい。
 美味びみだよ、美味びみ
 はちょっとアレだけどね。

 それで今回こんかいのターゲットなんだけども。

「アカシメジだよ」
「「「アカシメジ」」」

 アカシメジはキノコの一種いっしゅでして、かさ特徴的とくちょうてきなんだ。
 なまべると毒性どくせいがある。
 一度いちどしてカラカラにしたものをもどしてなべれると最高さいこう美味おいしい。
 だけどどうも、王都おうとではどくキノコとして認識にんしきされているみたいで流通りゅうつうしていないんだ。
 冒険者ぼうけんしゃギルドで確認かくにんしてきたけど、生息せいそく自体じたいはしているそうだ。
 このくにであのなキノコといえばアカシメジだしね。
 ハシユリむらではどくきしてべたけど、こっちではやらないんだって。

やまへさ、くべさ~、ほいっささ♪」
やまへさ、くべさ~、ほいっささ♪」

 みんなで子供こどもうたうたってもりへとはいっていく。
 もり王都おうと保護林ほごりんなので、城門じょうもんてすぐさきからひろがっている。
 むかしひと先見せんけんめいがあったのだ。もり保護ほごしないとまるはだかになってしまうって。

「ほんとむかし王都おうとひとたちはえらえらい」
保護林ほごりんですもんね」
「そうだよ。それでれる資源しげんがいっぱいあって、いまでも王都おうと生活せいかつがいいんだよ」

 フォレストウルフ、オーク、ジャイアントスラッグなんかはおにくれる。
 あぁシルクスパイダーもカニみたいなあじがして美味おいしいらしいね。
 しろあかのあのいろなんだって。

「ほい、アカシメジ」
本当ほんとうだ!」
「やりましたね、先生せんせい

 わたしはマジックバッグにかぶごとったアカシメジをれる。
 そうしてまたあるく。

「ゴブリンだ」
「ほい、アイスミサイル!」
「ぷぎゃあああ」

 ゴブリンをわたしのアイスミサイルで一撃いちげきたおす。

「さすがミレーユさん」
「えへへ」
「そういえば、つよいんでしたね」
「そうだよ。辺境へんきょうもりなんてつよ魔物まものいっぱいいたからねぇ」

 ちょっととおくをながめるようにして、視線しせんらす。
 べつ暴力ぼうりょくおんなではない。ちょろっと錬金術師れんきんじゅつし魔力まりょくりょうとコントロールが人並ひとなみはずれているため、攻撃こうげき魔法まほうもおものなのだ。
 ただしわたし回復かいふく魔法まほう苦手にがてだ。そのわり錬金術れんきんじゅつでポーション作成さくせいおぎなっている。

 ゴブリンはあまり価値かちがないので、そのまま放置ほうちしてつぎすすむ。
 かわうすいしにくべるものではない。
 全部ぜんぶこなにしてぜて肥料ひりょうくらいにはなるかもしれないけど、ってるみたいだし。
 なんとなくゴブリンの不衛生ふえいせいなイメージが商品しょうひん価値かち損失そんしつしているんだよね。

「ちゃらん、ちゃんちゃん♪」

 ちがうたうたう。
 もりなかでは間違まちがってハンターに射撃しゃげきされたりしないように、おとすのを推奨すいしょうされている場合ばあいがある。
 よわいモンスターも基本的きほんてきにはおとすとってこない。
 のだけどバカなゴブリンは自分じぶんたちの力量りきりょうはかれないのか、てくることがある。
 とてもつよいモンスターはぎゃくおそってくるから、塩梅あんばいむずかしい。

「はい、アカシメジちゃんです」
「マリーちゃんサンキュ」
「はいです」

 またアカシメジをってマジックバッグにれる。
 これで合計ごうけいかぶかな。

 えへへ、わたしたちは収穫しゅうかく満足まんぞくして、ホクホクかおかえりました。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する