設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

61 魔道式懐中時計だよ
●61 魔道まどうしき懐中かいちゅう時計どけいだよ

 なかには、教会きょうかいかね定刻ていこくどおりにることからかるように、時計とけいというものが存在そんざいしている。
 時計とけいそのものには、機械式きかいしき魔石ませき駆動くどうによる魔道具まどうぐのものがある。

「ミレーユさんなにしてるんですか」
「えっとね、ひま時間じかんわたしは、時計とけいつくります」
「「時計とけい!!」」
「そう、時計とけい
「すごいです」

 おみせには現在げんざい余裕よゆうがあるし、かなりのものをシャロちゃんにまかせることができようになってきた。
 だからすこわたし作業さぎょう時間じかんがあった。
 それから日曜日にちようびはおやすみなので、まるまるいているときもあるのだ。

 そういう時間じかん使つかって、魔道具まどうぐである魔道式まどうしき懐中かいちゅう時計どけいつくろうとおもう。

 まず魔石ませき普通ふつう魔石ませきだ。これは属性ぞくせいとかがない無属性むぞくせいのもの。
 スライムslimeをはじめ、ほとんどの魔物まもの魔石ませき属性ぞくせいおおい。
 ファイアfireドレイクdrakeなど、少数しょうすう魔物まもの最初さいしょから属性ぞくせいのある魔石ませき産出さんしゅつする。
 あとは魔法陣まほうじんにより属性ぞくせいあたえるか、魔力まりょく浸透しんとうさせることによって、属性ぞくせい魔石ませき変換へんかんすることができる。
 こういう魔石ませき属性ぞくせい変換へんかん作業さぎょう専門せんもんにしている業者ぎょうしゃひともいる。
 一度いちど属性ぞくせいまった魔石ませきほか属性ぞくせいにするのはかなりむずかしいので、普通ふつう属性ぞくせいからしか変換へんかんはしない。
 この魔石ませき属性ぞくせいげは、わたし頑張がんばれば一応いちおうできる。

 とにかく、懐中かいちゅう時計どけいには属性ぞくせい魔力まりょくをそのまま使つかう。
 魔法陣まほうじん運動うんどうエネルギー[energy]一定いっていすように指示しじむ。
 こうして心臓しんぞう部分ぶぶん完成かんせいだ。

 ここで重要じゅうようなのは「一定いってい」というところ。
 寸分すんぷんたがわず、一緒いっしょりょうでないといけないので、魔法陣まほうじんくのには使つかった。

 魔石ませきからのエネルギー[energy]魔法陣まほうじん第一だいいち歯車はぐるまつたえる。
 これを歯車はぐるま何個なんこわせて、秒針びょうしん長針ちょうしん短針たんしん回転かいてんすうつくる。
 それから、時刻じこく調整ちょうせいよう空転くうてんする部分ぶぶんに、一定いってい以上いじょうちからくわえると強制的きょうせいてきまわ部分ぶぶんける。
 これで時刻じこく調整ちょうせいもできる。

 錬金術れんきんじゅつ賜物たまもの夜間やかんにうっすらとひかるようにひかり属性ぞくせい魔石ませきかしんだ溶液ようえき文字盤もじばんひたして、文字もじかびがるようにする。

 それから金属きんぞくせい外装がいそうシンプルsimple作成さくせいして、最後さいごガラスglassいたをはめめば、ほら、完成かんせい
 ガラスglass簡単かんたんにはれないように、錬金術れんきんじゅつ強化きょうかガラスglassにしてある。

魔道まどうしき懐中かいちゅう時計どけい完成かんせいです」
「「おおぉおぉ」」
「できました」

 ぱちぱちぱち。

 わり、拍手はくしゅをもらった。

 ここにるまでは、ちょっとながかった。
 こまかなヤスリや、ネジとばれる部品ぶひんつくったり、もちろん歯車はぐるまつく作業さぎょうもいる。
 部品ぶひん点数てんすう完全かんぜん機械きかいしきにくらべれば半分はんぶん程度ていどぐらいにはシンプルなのだけれど、それでもすくなくはない。

 機械きかいしき毎日まいにちいたバネをかなければいけないし、時間じかんくるいやすい。
 それにたいして、魔道まどうしきつくれるひと極端きょくたんすくないこともあって、非常ひじょう高価こうかだ。
 そのわり魔道まどうしき魔法陣まほうじんさえくるっていなければ、すごく正確せいかくとききざむ。
 また携帯けいたいしている人物じんぶつから魔法陣まほうじん魔石ませき魔力まりょくして充填じゅうてんするため、携帯けいたいさえしていれば、半永久的はんえいきゅうてきとききざむ。
 ずっと放置ほうちするとそのかぎりではないけれど、内部ないぶ魔石ませき交換こうかん不要ふようだ。
 魔力まりょくスイッチswitchしきではないので、魔力まりょくそそげないひと使つかえる。

 わたし自分じぶんようひとあるいている以外いがい予備よびもなかった。
 今回こんかい頑張がんばって一度いちどじゅっ生産せいさんしました。

 ごろお世話せわになっているマリーちゃん、シャロちゃん、メイラさん、ボロランさんにあげるとしたら、のこれるのはろっだけだね。

 お値段ねだん、びっくり。
 金貨きんかじゅうまい

 日曜日にちようび何回なんかい使つかったし、ほか休憩きゅうけい時間じかんもかなり作業さぎょうしたので、これくらいはする。
 むらではもっとやすくて、便利べんりなのでほとんどのひといっくらいはっていた。
 丈夫じょうぶなので、代々だいだいがれているいえもあった。
 王都おうとではほかのおみせでも金貨きんか十五じゅうごまいぐらいらしいので、これでもやすいんだそうだ。

 マリーちゃんとシャロちゃんにあげたら、よろこんでくれた。

「ミレーユさん、時計とけい、ありがとうございます。感動かんどうです」
「ミレーユさん、ありがとうございます。うれしいです」

 メホリック商業しょうぎょうギルドguildのボロランさんには、たま御用聞ごようききのひとわたしておいた。
 ってくれるだろうか。

 メイラさんにいにく。

「おお、ミレーユさん」
「メイラさん、かずすくないですけど、魔道まどうしき懐中かいちゅう時計どけいです」
「おお、これはすごい。王都おうとでも、高級こうきゅう専門店せんもんてんひとつあるくらいで、あとはほとんどオーダーorderメイドmaidとかそういうレベルlevelだな。ホーランドにはいないね」
「そうなんですか」
「ああ」
「メイラさんにもひとつあげますね」
「すまない。つつしんで、ちょうだいします。ありがとうございます」
「いえいえ、それでじゅっ生産せいさんしたんですけど、のこりがろっなんですよね」
「わかった。こちらでみっってみよう。そちらでもみっつでいいかな?」
「はい」

 ということで、おみせすみショーケースshowcaseみっかれている。
 このものは、文字盤もじばんカバーcoverでも使つかった錬金術れんきんじゅつ強化きょうかケースglassケースcaseにしまってある。
 こそどろはいかんぜよ。

 とにかくまあ、まだれていないけれど、れるのは時間じかん問題もんだいだろう。

 だって紳士しんしにん、すでにケースcaseまえにいて、必死ひっしにジャンケンをしている。
 五にんのうちさんにんてば、そのひとえるということに、いつのにかなっていた。

 頑張がんばってって、ってくださいね。

 ちなみに追加ついか生産せいさん時間じかんかることもあり、予定よていされていないので、限定げんてい販売はんばいです。

 ごめんね。
 また時間じかんがあったらつくるね。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する