設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

60 魔道マッチだよ
●60 魔道まどうマッチmatchだよ

 名誉めいよ女男爵じょだんしゃくめいじられ、あわただしかった日々ひびいてきた。

 商品しょうひん魔道具まどうぐアイテムitemやそうとおもう。

「じゃじゃーん、今回こんかい種火たねび魔道具まどうぐです」

「「おおぉ」」

 けるとき、王都おうとでは「火打石ひうちいしセットset」をおも使用しようしている。
 火打石ひうちいしセットsetは、火打ひうちいし火打ひうちがね火口ほぐち必要ひつようだ。
 いしたんれにくいかたいし
 火打ひうちがねけると火花ひばなてつでできてる。
 そしてその火花ひばなおおきくするためのえやすい綿わたみたいなものが火口ほぐちばれる。
 それでこの火花ひばな火口ほぐちうつらせてさらにおおきくするのが、それなりに面倒めんどうくさい。
 なにはともあれ、それでも十分じゅうぶん使つかえるんだけど、錬金術れんきんじゅつ火打石ひうちいし使つかわない。

 そもそも錬金術れんきんじゅつでは錬金釜れんきんがま錬金炉れんきんろ直接ちょくせつあたためるので、使つかわないわけだけど。
 それでもお風呂ふろ料理りょうりには普通ふつう使つかう。

 わたし錬金術れんきんじゅつであると同時どうじに、魔術師まじゅつしけいでもあるので、火魔法ひまほうをつけることもできる。
 しかし一般いっぱん市民しみん生活せいかつ魔法まほう着火ちゃっか魔法まほう使つかえるひとはかなりかぎられるらしい。

 そこで登場とうじょうするのが種火たねび魔道具まどうぐなのだ。
 これは魔道具まどうぐぼうに、ほんのちょっと魔力まりょくとおすと、装着そうちゃくされている魔石ませき魔力まりょくにより、先端せんたんからちいさなる。

「こうして、こうして、うんしょ」

 てつぼう魔力まりょくこなインクink魔法陣まほうじんきざ火属性ひぞくせい魔石ませきをはめむ。
 ければ、ほら完成かんせい

 そうしてできたのが「魔道まどうマッチmatch」とわれるものだ。

 じつはこれ、戦闘用せんとうようの「ファイヤーfireボールball魔法杖まほうつえ」と基本きほん原理げんりまったおなじだ。
 マッチmatchのほうは消費しょうひ魔力まりょくちいさく、使用しよう可能かのう回数かいすう大幅おおはばおおいこと、がすごくさいことをのぞけば、あとは一緒いっしょである。

「ほら、ここで魔力まりょくながせば」

 ぼっ。

 さきっぽからちいさなほのおる。

「おーぅすごい、すごい」
「へぇぇ、面白おもしろいですね、ミレーユさん」

 とりあえずとして、試作品しさくひんいえ使つかう。
 マリーちゃんとシャロちゃんにためしてもらうのだ。

わるくないですね。火打石ひうちいしって結構けっこうちかられて使つかうので、これはらくチンです」
「ふむふむ」

「ふーふーする必要ひつようもなくて、すぐがついて便利べんりです」
「なるへそ」

 二人ふたり貴重きちょう意見いけんだ。
 評価ひょうかわるくないようだ。

 これならすこ量産りょうさんして、様子ようすよう。
 すぐれなくても、じわじわれていくんでもいいから、かずつくってしまおう。

 こうして翌日よくじつ、ホーランド商業しょうぎょうギルドguild経由けいゆで、えだ小粒こつぶ火属性ひぞくせい魔石ませき、それからてつあつめた。

 てつかして、既定きていおおきさに整形せいけいしなおすのは、ぎんかがみ処理しょりているので、携帯けいたい錬金炉れんきんろ使つかえさえすれば、かたってならべていくだけでできる。
 こうしててつぼう量産りょうさんする。

 それができたら次々つぎつぎ魔法陣まほうじんペンpenれていく。
 そして魔石ませきをはめる。

 加工かこう二人ふたりまかせて、最後さいごわせるだけだ。

 こうして四十個よんじゅっこぐらいのかずつくった。



 またおおみ開店かいてんする。

「いらっしゃいませ」
「いらっしゃいませ」

本日ほんじつ魔道まどうマッチmatch、いかがでしょうか。をつける魔道具まどうぐですよ」
「ほほう」

 今日きょう開店かいてん時間じかん冒険者ぼうけんしゃひとが、てくれていた。

「ああ、おれ適性てきせいからっきしでさ、みずせるんだけど、をつけるの面倒めんどうなんだよね」
「なるほど」
「これいいね、ください」

 さっそく魔道まどうマッチmatchれた。

 ほかにも、近所きんじょひとメイドmaidさんなどに、そこそこのかずれている。

 げは上々じょうじょうだろう。

わたし魔力まりょくながすのも、無理むりで、これ便利べんりそうだけど、わたしには使つかえないかも」
「そっか、それは残念ざんねん

 二十人にじゅうにん一人ひとりくらいの割合わりあいで、魔力まりょくながすことができないひとがいる。
 そうひとでも魔力まりょく自体じたいっているので、受動的じゅどうてき魔力まりょくげる魔道具まどうぐなどは使つかえるが、こういうスイッチswitchしきで、魔力まりょくなが必要ひつようがあるものは使つかえないのだった。
 残念ざんねん

 お値段ねだん銀貨ぎんか五枚ごまい
 魔石ませき値段ねだん、それからてつ加工品かこうひんということもあって、ちょっとたかいけれど、魔石ませきえれば、ずっと使つかえるからコスcostperfor- manceわるくない。
 それになにより便利べんりなのだ。

 ホーランド経由けいゆったものは、たび行商人ぎょうしょうにん人気にんきだそうだ。
 たびでは当然とうぜん野営やえいになることもあるが、をつけるのはそれなりに苦労くろうする。
 火口ほぐち消耗品しょうもうひんだし、火打石ひうちいし一応いちおうではあるが消耗品しょうもうひんだ。
 長旅ながたび火口ほぐち大量たいりょうあるくとけっこうかさばる。
 もちろん現地げんち調達ちょうたつできなくもないが、さがしていたら時間じかんかかかる。
 魔道まどうマッチmatch消耗品しょうもうひんだけど予備よび火属性ひぞくせい魔石ませきあるいて自分じぶん交換こうかんすることもできるぶん使つか勝手かってはずっといいだろう。

 なんやかんやで、魔道まどうマッチmatchは、毎日まいにちちょっとずつでもれている。
 錬金術れんきんじゅつてん定番ていばん商品しょうひん仲間なかまりをするのだった。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する