設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

53 錬金炉で鏡だよ
●53 錬金れんきんかがみだよ

 賞金しょうきんもらっておかねまって、発注はっちゅうしていた錬金れんきん出来上できあがった。

錬金れんきんだよ」
「おおぉお」

 シャロちゃんも関心かんしんがあるみたいで、興味深きょうみぶかていた。
 購入こうにゅうしたのは携帯けいたいよう錬金れんきんだ。なかでは一番いちばんちいさい。だからつくれるもののサイズsizeおおきくはないんだけど、なんとか実用じつよう範囲はんいないだ。

 おおきければ大剣たいけんとかハルバードhalberdとかもつくれる。

「そしておかねにモノをわせてぎんあつめました」
「おぉおぉ」

 銀貨ぎんかでおなじみのぎんだけど、銀貨ぎんかじつ含有がんゆうりょうすくなくて、それで安価あんかになっているという事情じじょうがある。
 ここにあるぎんこう純度じゅんど値段ねだんたかいやつだ。

 錬金れんきん錬金れんきんがまとはちがう。錬金れんきんがまおも液体えきたいみずっぽいものをあつかうことがおおい。それにたいして錬金れんきん液体えきたい金属きんぞくあつかう。高温こうおんえるようにできている。

「ふふふ、ではさっそく」

 ぎん投入とうにゅうして、魔石ませきれて温度おんどげるためのエネルギー[energy]にする。
 魔力まりょくすこ使つかって制御せいぎょしながら温度おんどげていく。

 そうしてかたれてできたのが、綺麗きれい平面へいめんをしているぎん円盤えんばん
 裏側うらがわはなびら模様もようになっている。
 表側おもてがわはただのぎんたいらだ。これだけたいらにするのはかなりの技術ぎじゅつ必要ひつようなのだ。えっへん。

「すごいです、すごい」
「えへへ」

 わたしもシャロちゃんにめられるとちょっとうれしい。
 こうしてさい高級こうきゅう品質ひんしつの、ぎんかがみができた。
 普通ふつう鍛冶かじではここまでの平面へいめんはできなくて、錬金術れんきんじゅつ優勢ゆうせいほこっている。
 そして、これは非常ひじょう技術ぎじゅつ必要ひつようなので、値段ねだんたかい。



 完成かんせいしたので、午前ごぜんちゅうわるちょっとまえにメイラさんにせにく。

「どうもこんにちは」
「こんにちは。今日きょうなにせてくれるの?」
「えっとですね。ぎんかがみです」

 一度いちど温度おんどげると、連続れんぞくしてつくったほうが燃費ねんぴがいいので、じゅっぐらいつくってきた。

ぎんかがみ……」
「はいどうぞ」
「ええ、すごくよくえるわね」
「でしょう、自信じしんさくなんです」
ポーションpotion専門せんもんなのかとおもってたけど、そういえば魔法まほうぶくろとかもつくっていたっけ」
「そうですよ」

 メイラさんはかがみて、自分じぶんかおをじっくり観察かんさつしている。
 つぎにはひっくりかえしてうら模様もようとかもていた。

「なるほど。うら可愛かわいいじゃない」
「ですよね」

 このうらはなびらのかたは、実家じっかつくってってきたものだ。
 金属きんぞくよう鋳型【いがた】つくるのにも結構けっこう値段ねだんがする。
 ちょっとやそっとでけないようにてつミスリルMithril合金ごうきんせいだ。

「ただ、ちょっとちいさいわね」
「そうなんですよね。でもちいさいほうがはこびには便利べんりで」
「そういえばそうね。いえ使つかうだけでなくて、ってあるくという発想はっそうかったわ」
「まあ、そうかもしれません」
かがみたかいからね」

 そうなのだ。かがみたかいのが常識じょうしきだから、あさ化粧けしょうとかするときに使つかうだけで、いえにしまってあることがおおい。
 でも、これならはこびも便利べんりだから、そうしてほしい。

ちいさいほうが値段ねだんおさえられて、それでこれだけ綺麗きれいえるかがみはなかなかないですよね?」
「そうね。王都おうとじゅうさがしても、いね」
「ですよね、どうです?」
「いいじゃない」

 メイラさんのおすみきをもらった。
 まずは半数はんすうをメイラさんにおさめてってもらう。
 もう半分はんぶんはうちのみせでせこせこることになった。



 おみせ実際じっさいってみる。

「すごい、このかがみたいら」
「おお、こんな綺麗きれいかがみはじめてるな」
「お値段ねだんちいさいからか、そこまでたかくないわ」

 おきゃくさんにも上々じょうじょう評判ひょうばんだった。
 たかいけれど、女性じょせいには人気にんきで、れていく。
 初日しょにちいたのはだったんだけど、すぐにれてしまった。

 つぎばいにしてみたけど、やっぱりれてしまった。そうしてかなりのかずかがみれた。
 もうかった。もうかった。

 こうしておみせ定番ていばん商品しょうひんぎん手鏡てかがみポケットpocketミラーmirrorえたのだった。

 シャロちゃんとマリーちゃん、それからメイラさんもしがったので、プレゼントpresentした。
 みんなよろこんでくれて、錬金術れんきんじゅつ冥利【みょうり】きるというものですよ。
 ってきた手鏡てかがみさんまいあるんだけどさきにあげればよかったね。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する