設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

49 アプルの木だよ
●49 アプルappleだよ

 また子供こどもたちと日曜日にちようび平原へいげんりにていた。
 今日きょうはウサギりではなく、スライムslime魔力まりょくさがだ。
 ウサギりの魔力まりょくさがしてくれている。ただスライムslimeはおあずけになる。
 魔力まりょく利益りえきもバカにできない。

「あはは、あー、あのアプルappleだあ」

 アプルappleようはりんごのなんだけど、厳密げんみつには種類しゅるいちがうらしい。

 子供こどもたちは魔力まりょくさがしつつも、アプルappleあつまっていく。

 この平原へいげんにはくさだけでなく、まばらだけどこういうえている。
 ほとんどはただのなんだけど、アプルappleオレンジorangeレモンlemonなど王都おうと栽培さいばいしているものからたねんできて、いつのにかえたとおもわれるもそれなりにあった。
 ただひろ平原へいげんないのところどころにえていて、わざわざいちにちかけてここまでりにひとはまずいないので、放置ほうちされていた。

 それを平原へいげん活動かつどうしている子供こどもたちは、うれしそうにのぼって収穫しゅうかくしていく。
 ちいさいから身軽みがるで、ほそめのだろうとへっちゃらだ。

 そうして収穫しゅうかくしたアプルappleをみんなでそのでとりあえずひとつはべる。

アプルapple美味おいしいね」
アプルappleき」
「おいちい」

 わたしアプルappleもらったので、ポムとける。

「ポム美味おいしい?」
「きゅっ」
「そう、よかったね」

 ポムはあまいものとかもきなので、きみたい。
 子供こどもたちは、粗末そまつリュックruckのこりのアプルappleれると、つぎスライムslimeさがしにもどった。

「あ、あのはちができてるみたい」
「あーどれどれ」

 たしかにはちができてる。
 この種類しゅるいのハチは、うえつくるんだけどミツバチで、美味おいしい蜂蜜はちみつれる。

「やったあああ」
「おりゃあああ」
「うぃええいいい」

 みんなだい興奮こうふんで、はちをよろこんだ。
 そりゃああま蜂蜜はちみつ大好だいすきだよね。

 こうしてまでいって、蜂蜜はちみつってる。これもすでに経験けいけんみらしく、どこからかびんってきていた。
 かりはないらしい。しっかりしてる。

 びんめた蜂蜜はちみつはたっぷりはいっていて、美味おいしそう。

 はちからこぼれたぶんって、直接ちょくせつ【な】めていた。

「おいしい」
「あっまーい」
あまあまい」
「おーいしー」

 なかなか元気げんき子供こどもたちもりをするようになっている。
 最初さいしょスライムslime魔力まりょくだけだったのに、たくましい。



 わたしはちょっとかんがえた。
 荷物にもつが、うん、ぼろいリュックサックrucksackれてはこんでいるけど、もしもっと薬草やくそうとか、それこそアプルappleみたいな収穫しゅうかくぶつがたくさんあったら、はいりきらないとおもう。
 それにおもいんだよね。全部ぜんぶれると。

 わたしからだちいさいほうだから、普通ふつうリュックruckをいっぱいにするととってもおもいのをっている。
 自分じぶんリュックruck収納しゅうのう魔道具まどうぐなのだ。

 このさいだから、子供こどもたちのぶんだけとわず、ラインlineナップup収納しゅうのうリュックサックrucksackやそう。
 そう決意けついして、出費しゅっぴかったけど、普通ふつうリュックruckあつめた。

 それからこれが重要じゅうようなんだけど、通称つうしょう収納しゅうのうせきといういしがある。これがそこそこたかいんだけど、財源ざいげん圧迫あっぱくしない程度ていどんだ。もちろんりょうって値引ねびきしてもらったから、ちょっとおとくだった。

「しっかりててね、シャロちゃん」
「はい、こんなにめずらしいのはきです」
「でしょう。まあ王都おうとでもあんまりなぜかないモノね」
「いやあ、なんかめる魔力まりょくりょう尋常じんじょうじゃないんで、つくるのが大変たいへんというふうにいてますが」
「あ、たしかにそうだね」

 うん。空間くうかん圧縮あっしゅくするために、最初さいしょ使つか魔力まりょくめるのがたしかに大変たいへんなのだ。
 魔道具まどうぐになってしまえば、とくコストcostとか全然ぜんぜんないんだけどね。

錬金れんきんがま収納しゅうのうせきくだいたものをれます」
「はいっ」
つぎはおみずです。ぐるぐるぜます」
「はいはいっ」
「ぐーるぐる、ぐーるぐる」
「う、うん」

 わたしはぐるぐるのうたうたいながらぜる。ちょっと幼稚ようちかなとはおもうんだけど、これはわたししき儀式ぎしきみたいなものなので、このうたれないとなに集中しゅうちゅうできないのろいにかっている。
 いやあ、せるのはちょっとずかしいんだよ。

「できた収納しゅうのうせき液体えきたいに、リュックruckみます」
「はい」

 ちょっと錬金れんきんがま携帯けいたいようなのでちいさめだけど、なんとかむ。

魔力まりょくめます。えっと空間くうかん圧縮あっしゅくです」
「え、あ、はい。ぶっちゃけ空間くうかん圧縮あっしゅくとかむずかしい、いやさい難関なんかんですね」
「まあそうだけど、おぼえちゃえばいいだけだよ」
簡単かんたんってくれる先生せんせいだなあ」
「あはは」

 空間くうかん圧縮あっしゅく魔力まりょくけて、しつぶすかんじで。
 それでもう圧縮あっしゅくできないよ、となったら。

「はい、わり」
「え、これだけ?」
「うん。あとはしてかわかすだけ」
「へえ」

 こうして収納しゅうのう魔道具まどうぐリュックruckがひとつできた。
 携帯けいたい錬金れんきんがまだと、一度いちどいっしかつくれないけど、まあ順番じゅんばんつく以外いがいには方法ほうほうがない。
 もっと量産りょうさんようおおきい錬金れんきんがましいけど、たかいし、使つかいにくいんだよね。
 収納しゅうのうせき液体えきたい使つかいまわしができるので、どんどん収納しゅうのうリュックruckつくっていく。
 ちなみにどうも普通ふつう錬金術れんきんじゅつだと、魔力まりょくれて量産りょうさんできないらしいと最近さいきんった。
 魔力まりょくポーションpotionブーストboostするだってある。まぁ魔力まりょくポーションpotion品薄しなうすだけど。
 収納しゅうのうせき液体えきたいいちにちくらいで使つかえなくなる。

 なにはともあれ、こうして子供こどもたちに圧縮あっしゅく収納しゅうのうリュックサックrucksack魔道具まどうぐプレゼントpresentできた。
 ついでにあまった材料ざいりょうで、おみせにもならべている。
 こういう魔道具まどうぐてきなものをるのはじつはじめてなので、ちょっとどうなるかたのしみだ。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する