設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

48 中上級ポーションだよ
●48 ちゅう上級じょうきゅうポーションpotionだよ

 メイラさんとのはなしつづいている。

「まあ、これの中身なかみスライムslimeくんの『なに』であるかはにしないことにしよう」
「そうです、そうですよ」
「それで、どれくらい生産せいさんできる。材料ざいりょうなどはいるのかい?」
日産にっさんさんぼんぐらいみたいです。材料ざいりょうはポムがルーフラそうべてるのがそうだとおもいます」
「なるほど、ルーフラそうか」
「それは、べるりょうやせば、ポーションpotionえるのかい?」
「さあ、検証けんしょうはまだなにもしてなくて。効果こうか実証じっしょうもまだですね」
「ふむ」

 メイラさんはうつくしいかおななうえけて、をつぶってかんがえている。

くすり指定してい機関きかんというか ババランの病院びょういんのみであつかうようにしよう」
「え、それって独占どくせんですか?」
「そうだ。そのわりババランは利益りえきない」
「それって、タダってことですか?」
「いやちがう。ポーションpotionだいはミレーユさんのぶん全部ぜんぶにしよう」
「あ、なんとなくかってきました」
いになるのはえている。そして中級ちゅうきゅうポーションpotion無理むり患者かんじゃすうはそんなにいない」
「はい」

 中級ちゅうきゅうポーションpotion無理むりなら、現状げんじょうはほとんどあきらめるしかない。
 現在げんざい教会きょうかいにも最高さいこうヒーラーhealerさんもいらっしゃらない。
 しかしポムポーションpotion生存せいぞんできる可能かのうせいはある。
 問題もんだい値段ねだんだ。上級じょうきゅうポーションpotion貴族きぞく専用せんようなように、とんでもないことになるのはえている。
 そしてポーションpotionには使用しよう期限きげんがあり、期限きげんないたかいおかねはらえないひとぬ。
 それではあんまりなので、利益りえき度外視どがいし公共こうきょう福祉ふくしとして、安値やすね回復かいふくさせてしまおうというはなしだ。
 たかポーションpotionだれえなくて、期限切きげんぎれでてられるとか、もったいなさすぎる。

最初さいしょ貴族きぞく王族おうぞくからだ。そのぶんはおかね相当そうとうぶんろう。それが一段落いちだんらくしたら一気いっき値下ねさげして、庶民しょみんならえるようにする。これでどうだ。中級ちゅうきゅうポーションpotionみとはいえないけれど、ばいよりはやすくすると約束やくそくする」
「は、はい、それでいいです」
「すまん。利益りえきをむさぼれるのに、そうはしない」
「いえ、いいんです。あ、でも携帯けいたいでいいから、しいんですよね。あと制服せいふく
「あはは。それはいずれ」
「そうですね。まあ貴族きぞく相手あいてポーションpotionればそれくらいになるかなぁ」
「なるとおもう。大丈夫だいじょうぶだ」
「やった」

 いえもどってきてまずはポムにおねがいだ。

「ポム、あのさあ、おねがいなんだけどいてくれる?」
「きゅきゅきゅっ」
にわのルーフラそうだまってべてるよね?」
「きゅっ」
「ルーフラそうきなだけとまではいえないけど、もっとべてもいいから、ポーションpotionろっぽんぐらいにならない?」
「きゅっ」

 なんかこたえたポムはぽんぽんびまわってうれしそうにしているから大丈夫だいじょうぶだろう。
 ルーフラそう自体じたいは、はたけにもかなりえてあるので、中庭なかにわのものはポムのえさようおもにしよう。

 こうして翌日よくじつ、うれしそうにルーフラそうべたポム隊員たいいんは、ポムポーションpotionろっぽん約束やくそくしたとおつくってくれた。

「ポムはえらいねえ」
「きゅっ」

 自慢じまんかおのポム。
 まあ、そのかおぶんのはたらきはしているので、むわけにもいかない。
 なかなか可愛かわいい。

 ババラン病院びょういんには、しんポーションpotion入荷にゅうかするようになった。
 そしてホーランド商業しょうぎょうギルドguild名前なまえで、しんちゅう上級じょうきゅうポーションpotion王都おうと告知こくちした。

 これがポムポーションpotionだということは、ほとんどられていない。
 一応いちおうメホリックのろう紳士しんし、ボロランさんにはおしえてある。

「ルーフラそうべさせていたら、ポムがすごいポーションpotionつくりまして」
「なんとまあ、いやはや」
「それでホーランド商業しょうぎょうギルドguild経由けいゆで、隠蔽いんぺいしてもらって、ババラン病院びょういん治療ちりょうけられるようになっています。それがちゅう上級じょうきゅうポーションpotionです」
「ふむ」

 あまり上手じょうずじゃない説明せつめい必死ひっしにして、納得なっとくはしてもらった。

 最初さいしょ値段ねだん貴族きぞく価格かかくなのでたかかった。
 貴族きぞくでも材料ざいりょうはいらないかぎり、上級じょうきゅうポーションpotionにできないため、中級ちゅうきゅうポーションpotionではなおらないタイプtype病気びょうきひど怪我けがひともいる。
 材料ざいりょうちの順番じゅんばんちみたいになっていたんだけど、その一部いちぶはこのちゅう上級じょうきゅうポーションpotionで、なんとかなおせるひとおおかった。

 さき治療ちりょうできる優先ゆうせんけんのぶんたかいという説明せつめいはしてあるので、あとでやすくなるのは貴族きぞく承知しょうちしていた。
 そうでないとあとおこられてもこまる。
 納得なっとくできないひとは、やすくなるまでつんだろう。

 そしていよいよちゅう上級じょうきゅうポーションpotionやすくなった。
 毎日まいにちろっぽんだったんだけど、いまはポムが頑張がんばってはっぽんつくってくれている。そのぶん薬草やくそうをむしゃむしゃするんだけど、必要ひつよう経費けいひだ。
 そのぶんのポーションpotionだいそのものはもらっている。

 錬金術れんきんじゅつたちのあいだではなぞの、ちゅう上級じょうきゅうポーションpotionはこうしてひろがっていくのだった。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する