設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

40 片腕の人と鳥狩りだよ
●40 片腕かたうでひととりりだよ

 貧困ひんこんがいひとたちとのはなしはまだわっていない。

「なんか病気びょうきとかひどい怪我けがとかしているひとおしえてくれる?」

 そう質問しつもんすると、こっちこっちとなんにん紹介しょうかいしてくれる。
 低級ていきゅうポーションpotionとそれから中級ちゅうきゅうポーションpotionを、ひっそりして使つかった。

「これは秘密ひみつですけど、中級ちゅうきゅうポーションpotionです」
「ありがたや、ありがたや」

 偽善ぎぜんっぽいけどいいんだ。やらぬぜんよりやる偽善ぎぜんというし。
 ただしなるべく秘密ひみつということで、おねがいしたい。

 その怪我けがをしているひとなかで、片腕かたうでうしなって、その傷口きずぐちがまだのこっているひとがいた。
 いそいで中級ちゅうきゅうポーションpotion使つかって、きずやした。
 きずはふさいだものの、もちろんうしなわれた右腕みぎうでえてきたりしない。

「ありがとう。もう右腕みぎうでから全身ぜんしんダメになるかとおもった」
「いえいえ」

「やはり右腕みぎうで怪我けが原因げんいんで?」
「そうだ。まえ冒険ぼうけんしゃだったんだが、うでをやられちまってな。ひだり苦手にがて引退いんたいしたんだが、仕事しごとがねえ。片腕かたうでだとせると仕事しごともさせてもらえない」

 こういう怪我けがひとへの風当かぜあたりはかなりつよい。

「なるほど」
きずはふさいでもらった。ありがとうよ。なんかおれにできることがあれば、手伝てつだうけど」
「そうですね。子供こどもたちの訓練くんれん引率いんそつをおねがいしてもいいですか。みなみ平原へいげんでの」
「いいよ」
「あと、スライムslime乾燥かんそうさせて、それからこなにしてほしいんです。そのこなあつめてうちのみせまで定期ていきてきってきて換金かんきんする仕事しごとをおねがいしたいんです」
「おお、おもったよりまともな仕事しごとだな」
「はい。おかねなので、さすがに子供こどもたちだけというわけにもいかないでしょう」
「そうだな。おれがちゃんと管理かんりしてやるよ」
「ありがとうございます」

 この隻腕せきわんひととははなしがついた。

「ではスライムslimeもいいけど、ほかにもさくがあるんです」
「え、何々なになにおねえちゃん」
「とっととえよ」
「はやく、はやく」

 子供こどもたちにかこまれてたじたじだけど、つぎう。

とりつかまえようとおもいます。おにくべたいよね?」
「え、おにく!!」
「おにく、おにく、おーにーくー」

 子供こどもたちをれて自分じぶんたちのはたけかった。
 先日せんじつ、せこせこと鳥籠とりかごかた箱罠【はこわな】六個ろっこつくったので、昨日きのうここのはたけ設置せっちしてあったのだ。
 箱罠はこわなはそれぞれはなして設置せっちしてある。

わな簡単かんたんです。はこになっていてふたがあって、とりはいるとまってられなくなります」
「ふんふん」

 実際じっさいはこまえ説明せつめいする。すでになんかうごいているおとがする。

「すごい、とりはいってる」
「すごい、すごい」

 そしてはこ回収かいしゅうして、なかとりナイフknifeいきめる。
 子供こどもたちに解体かいたい仕方しかた説明せつめいしていく。
 今後こんご自分じぶんたちでやってもらわなければならない。

 とりさん イワリスズメを解体かいたいするのは、ちょっとショックshockもいるみたいだけど、おにくになるという誘惑ゆうわくにはあらがえないようだ。

 こうしてとりさんは無事ぶじにくになった。
 イワリスズメが全部ぜんぶ。ひとつだけわなにはからなかった。

 イワリスズメは中型ちゅうがたとりなので、すくないながらもべるおにくれる。
 土着どちゃくとり一年中いちねんじゅうられるので、いつでもべられるということだとおもう。

 はたけすみをおこし、とりにした。
 味付あじつけはシンプルsimpleしおだけだ。貧困ひんこんがいにしてみれば、しおだってけっこうたかい。
 胡椒【こしょう】わたしたちもべてるけど、貧困ひんこんがいではないとおもうので、今回こんかいはやめた。

 全部ぜんぶじゅうさんにんけると、それなりにべられた。

「おにくおいしー」
「おいしーおいしーね」
「おにくにく
「すごくおいしー」

 もうおにく美味おいしいとしかわない。夢中むちゅうになってべていた。
 わたし一口ひとくちだけもらった。おにくはやっぱり美味おいしい。
 普段ふだん干肉ほしにくとかだけだから、こういう新鮮しんせんやわらかいジューシー[juicy]なおにくは、王都おうとてからほとんどべる機会きかいい。
 田舎いなかむらでは、魔獣まじゅうなどをってくることがたびたびあったので、おにくかたまりはいったし、よくべた。
 じつ食生活しょくせいかつは、貧乏びんぼうだとおもっていたハシユリむらのほうが、ずっと豪華ごうか食事しょくじだった。食事しょくじ以外いがい貧乏びんぼうそのものだったけどね。

「ここのはたけかぎり、はこわないていいから、とりっていいよ」
「「「やったー」」」
「「「すごーい」」」
「「「おにく」」」

 こうして子供こどもたちの食生活しょくせいかつに、おにくくわわった。
次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する