設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

31 中級ポーションだよ
●31 中級ちゅうきゅうポーションpotionだよ

 七月しちがつになった。今月こんげつ土地とち建物たてものだい、それから布団ふとんだい、あとは材料ざいりょう、マルボロさん夫婦ふうふ給料きゅうりょうとか全部ぜんぶとどこおりなく支払しはらいができた。

 シャロちゃんもわたしおな水準すいじゅんのミルルの使つかった改良かいりょうがた低級ていきゅうポーションpotion問題もんだいなくつくれるようになっている。
 けっこう魔力まりょくかたのコツをつかむのがむずかしいので、おもった以上いじょうにシャロちゃんは錬金術れんきんじゅつ適性てきせいたかいようだ。安心あんしんだし、感心かんしんだわ。

 そしてはたけ中庭なかにわのルーフラそう魔石ませきあたえたからか、予想よそう以上いじょう生長せいちょうで、もう収穫しゅうかく可能かのうサイズsizeになっていた。
 もちろん一番いちばんげがたかいのはもっとばいっぱすうぐらいになってからだけど、それまでっているのもだるい。
 まだまだ若葉わかばだけど、薬草やくそうとしてはもう十分じゅうぶん使つかえるはずだ。

 っぱの状態じょうたい確認かくにんする。

「よし、いいね。いよいよ中級ちゅうきゅうやろうか」
「はいっ」
「ついにですね」

 マリーちゃんとシャロちゃんに確認かくにんする。まぁ意見いけん表明ひょうめいみたいなものだ。

 たまたまはたけすみえていたあか、ボブベリーもある。これはミルルのみたいに、くわえると薬効やっこう安定あんていするようになる。中級ちゅうきゅうポーションpotionのほうがくわえる魔力まりょくおおいのでもともと不安定ふあんていなのだ。だからボブベリーは必須ひっすだった。
 実際じっさいにはボブベリー以外いがいにもいくつかの植物しょくぶつ利用りようできる。

 中級ちゅうきゅうポーションpotionといっても基本きほんおなじ。薬草やくそうみず一緒いっしょて、薬草やくそうから触媒しょくばいみずなか抽出ちゅうしゅつする。
 薬草やくそうすい安定あんていざいとなるボブベリーを投入とうにゅうする。
 そこにやしの魔力まりょくそそいで、薬草やくそう回復かいふく効果こうかのある成分せいぶんとの相乗そうじょう効果こうか重要じゅうようなのだ。
 魔力まりょくそそぐとやはり発光はっこうして、それから収束しゅうそくする。
 魔力まりょくめて、薬草やくそうすいやしの魔力まりょく吸収きゅうしゅうされたら、発光はっこうおさまって完成かんせい

「はい、これが中級ちゅうきゅうヒーリングhealingポーションpotionです」
「わあぁ」
「すごいです」

 はぁ。無事ぶじ完成かんせいしてよかった。かならずうまくいくとはかぎらないから。
 きれいな水色みずいろポーションpotion間違まちがいなく中級ちゅうきゅうポーションpotionだった。

 ちなみにポーションpotion品質ひんしつとは一般いっぱんてきにはふくまれるやしの魔力まりょくりょう比例ひれいしているといっていい。
 錬金術れんきんじゅつおおかれすくなかれ、ポーションpotion魔力まりょくったりすると観測かんそくできるので、それがただの薬草やくそうすいかそれともポーションpotionか、どのくらいのポーションpotionかなどが判別はんべつできる。

 中級ちゅうきゅうポーションpotion王都おうとでは、材料ざいりょうのルーフラそうをいくつかのえら錬金術れんきんじゅついえ独占どくせん契約けいやくしていて、ほか錬金術れんきんじゅつはルーフラそうれられないので、中級ちゅうきゅうポーションpotion製造せいぞうもできなかった。
 そして商業しょうぎょうギルドguildおろされている中級ちゅうきゅうポーションpotionせてもらったのだけど、品質ひんしつはあまりよくなかったのだ。

 これはちゃんとした中級ちゅうきゅうポーションpotion作成さくせい急務きゅうむだとおもっていたのです。

最低限さいていげん必要ひつようりょうわたしつくるけど、シャロちゃんもできるようになってもらいます」
「あ、そうですよね。自信じしんないけど、が、頑張がんばります
「マリーちゃんはボブベリーの確保かくほ入手にゅうしゅさきさがすのをおねがいします」
「は、はいっ」

 ボブベリーはたくさんとりさんにべられてしまい、年間ねんかんとおして使つかぶんだとりないのだ。
 ほか代替だいたい植物しょくぶつでもいいけど、できればボブベリーがいい。
 ちがうのを使つかうと品質ひんしつ安定あんていしないし、ポーションpotionただしくつくれるかからないからだ。
 文献ぶんけん知識ちしきでは大丈夫だいじょうぶとなっているけど、それがただしいかはやってみるまでからない。

 午後ごごになった。メイドmaidふくでおみせをやる。

中級ちゅうきゅうポーションpotion、はじめました』

 という【のぼり】つくったので、おみせまえしておいた。
 マリーちゃんとシャロちゃんにおみせをおねがいしてしまう。

「じゃあわたしはちょっとホーランドにってきます」
「あ、はい。いってらっしゃい」
「いってらっしゃい」

 出来できたばかりの中級ちゅうきゅうポーションpotionじゅうほん、ホーランド商業しょうぎょうギルドguildっていく。

「メイラさんいますか」
「はい。おりますよ。この時間じかんいているとおもいます」
「ありがとうございます」

 いつもの青年せいねん受付うけつけがかりさんにんできてもらう。
 やっぱりおなじように、メイラさんみずかてきてくれる。

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する