設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

27 グラノーラだよ
●27 グラノーラgranolaだよ

 石鹸せっけんなどにおけいのものがそこそこれるようになってきた。
 おみせ順調じゅんちょうだ。でももっともっとげをばしたい。
 というのも錬金術れんきんじゅつ上位じょういのものをつくるにはその材料ざいりょうだけでもかなりの出費しゅっぴがかかる。
 中級ちゅうきゅうポーションpotion量産りょうさんもまだだし、かがみとかもつくりたいとなると、投資とうし費用ひようはかなりのものだ。
 だからげはあったらあっただけいい。

 ポーションpotion非常時ひじょうじのみ。におけいのものはたまに。薬草やくそう常備薬じょうびやくだから一度いちどったら当分とうぶん必要ひつようない。
 おちゃ毎日まいにちむけど、消費しょうひりょうはそこまでないので、たまにえばいいだけ。
 そうなるとげはそこまでおおくないのだ。
 そこで注目ちゅうもくしたのは食料しょくりょうだった。

 携帯けいたい食料しょくりょう開発かいはつしよう。開発かいはつといってももとネタはある。
 グラノーラgranolaだ。むらではそれなりにつくられていた。
 グラノーラgranolaとは、穀物こくもつ蜂蜜はちみつなどでかためてスティックstickじょうにしたものだ。
 つくかたべつ錬金術れんきんじゅつはあまり関係かんけいないけど、かためたりする作業さぎょうをするには錬金術れんきんじゅつ応用おうようすると、とてもいい。

 ということでむらでもつくっていたとおりに、穀物こくもつあつめて、蜂蜜はちみつ使つかって錬金術れんきんじゅつ駆使くしして、かためていく。
 この作業さぎょうわたしはもちろん、シャロちゃんも普通ふつうにできたので、二人ふたり量産りょうさんした。

グラノーラgranolaっていうやつください」

 おきゃくさんはすぐにえた。というのもポーションpotionいに冒険者ぼうけんしゃひとたちが、携帯けいたい食料しょくりょうとしてグラノーラgranola愛好あいこうしてくれだしたのだ。
 そして冒険者ぼうけんしゃよこつながりで、あれよあれよとはなしつたわっていき、どんどん冒険者ぼうけんしゃひといにるようになった。

携帯けいたい食料しょくりょうとかいうのくれ」
グラノーラgranolaくだせい」
グラノーラgranolaくれ」

 ちょっとざつっぽいのが冒険者ぼうけんしゃ特徴とくちょうだ。行儀ぎょうぎがいい冒険者ぼうけんしゃもいるけど、少数しょうすうだろう。
 なかにはまちなか日雇ひやといみたいにはたらいているひとも、手軽てがるなおひるはんとして、グラノーラgranolaっていくひとまでいる。
 一番いちばんターゲットtargetかんがえていたのは、野営やえいでの携帯けいたいしょくだったので、まちでも普段ふだんからべるのは予想よそうがいだった。
 もうひと予想よそうがいだったのは、蜂蜜はちみつあじだったので、子供こどもたちがおやつ、栄養えいよう補助ほじょ食品しょくひんとして、べたいというはなしがあった。
 王都おうとでは食料しょくりょう不足ぶそくからせているおおい。グラノーラgranola栄養えいようたかいおやつがべられれば、すこしはしになるとおもう。

「わーい。おねえちゃん、グラノーラgranolaちょうだい」
グラノーラgranolaください」
グラノーラgranola美味おいしいよね。みっつください」

 子供こどもたちも、こうして頻繁ひんぱんいにてくれるようになった。ついでに子供こどもたちが使つかポーションpotionもうちのみせってくれるようになりげに貢献こうけんしている。

 ただ、まえもいったけど、蜂蜜はちみつはややたかい。げん材料ざいりょうコストcostたかいから利益りえきりつはあんまりよくない。それからちいさい乳幼児にゅうようじべちゃだめというのを徹底てっていしないと事故じこきてしまう。
 蜂蜜はちみつ乳幼児にゅうようじ危険きけんなのは経験けいけんてきられているだけで、何故なぜなのかは解明かいめいされていないはず。

 ポムはというとまえ蜂蜜はちみつあめきだったからか、やっぱりグラノーラgranolaきみたいで、くちくわえてべていた。
 よく常連じょうれんのおねえさまがって、ポムにグラノーラgranolaべさせているのをるよ。
 あめはあげたらわりだけど、ったままなのが人気にんきらしい。

「はいポムちゃん、グラノーラgranolaですよ」
「きゅっきゅっ」

 もぐもぐもぐとべるポムはてると可愛かわいい。まぁおねえさまたちの気持きもちもかる。

 わたしはというと、グラノーラgranola催促さいそくするシャロちゃんに、スティックstickじょうグラノーラgranolaってですね。

「はい、あーん」
「あーん、んっ」

 とまあこうやってべさせるのがわりあいたのしいです。
 ポムと一緒いっしょったまま、ぱくぱくべていくところがなんかたのしい。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する