設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

23 弟子選抜試験だよ
●23 弟子でし選抜せんばつ試験しけんだよ

「――ということで、よろしくおねがいします」
「はい。大切たいせつにおあずかりします」

 メホリック商業しょうぎょうギルドguildナンバーnumberスリーthree、ボロラン・ロッドギンさんがていた。
 簡単かんたん説明せつめいするなら弟子でし選抜せんばつ試験しけんだった。
 メホリックないめにめ、ついに三人さんにんまでにはしぼられたのだけど、だれにするかはめられなかった。
 そして、その決定けっていけんわたし、ミレーユにまわってたのだ。

 アンナ・ウィルソンです」
 サマンサ・ジャクソンです」
 シャーロット・マーシャルです」

 なるほど、アンナちゃんとサマンサちゃんとシャーロットちゃんね。

「では、みんな錬金れんきん基礎きそはできてるんだよね」
「「「はいっ!」」」
「いい返事へんじだね。じゃあ低級ていきゅうポーションpotion耐久たいきゅう試験しけん、いってみよう」
耐久たいきゅう試験しけん!?」
「そうだよ。どれくらいポーションpotionつくつづけられるかてみたいです」
かりました」
「は、はい。頑張がんばります」
「うひゃんっ。そ、そんな」

 反応はんのうさんしゃさんようだった。

 アンナちゃんは普通ふつうれる姿勢しせい童顔どうがんねこみみ、おっぱいぼいんの十五じゅうごさいだ。
 サマンサちゃんはなんとか頑張がんばるらしい。おねえさんがおのすらっとした美人びじんさん。十四じゅうよんさい
 それから戸惑とまど気味ぎみのシャーロットちゃん。目立めだつのはピンクpinkがみのふわふわツインテールtwin-tail可愛かわいかんじの十三じゅうさんさい

 どうでもいいかもしれないが、三人さんにんともボロランさんが大好だいすきなミニminiスカ[skirt]メイドmaidふくている。
 だれ知恵ぢえか、わなくてもかるとおもう。
 もしかしてわたしメイドmaidふくきだとおもわれてしまっているかもしれない。

 さてだれくのか。

全員ぜんいん錬金れんきんがまってるかな」
「はい、あります」
ってきています」
実家じっかからってきました」
「よろしい」

 錬金れんきんがまをみんなでならべる。

「ではスタートstart

 あ、ナイフknifeとかもいるけど、大丈夫だいじょうぶみたいだ。一応いちおう本業ほんぎょうはしくれなんだろう。道具どうぐ一式いっしきってきているようだ。

 みんなナイフknifeでモリスそうきざんでいく。
 うん、まあ全員ぜんいん普通ふつう。アンナちゃんはちょっとざつかな、でも許容きょよう範囲はんいだ。

 あまりにもざつだとこまるけど、薬効やっこうちない程度ていど手抜てぬきをすることは、間違まちがいではない。
 そうじゃないと、ずっと錬成れんせいしていたら大変たいへんだもんね。

 錬金れんきんがま一度いちどにできる容量ようりょうぐらいをきざんだら、錬金れんきんがまれてそれにみずそそぐ。
 そしてぜながらあたためる。
 まずここで魔力まりょくをけっこう使つかう。

 それがわったら発光はっこうするやしのちからそそ作業さぎょうだ。
 これもけっこう魔力まりょく使つかうんだよね。

 ポーションpotion意外いがい魔力まりょくいだ。

 だからこそ、錬成れんせいつづけることができるりょう限界げんかいがある。
 ということで、新米しんまいにはちょうどいいぐらいの試験しけんではなかろうか。

 わがながらいい試験しけんだとおもうよ。錬金術れんきんじゅつらしいし。

 じつはこんなことしなくても、魔力まりょくけいというのをギルドguildったらいてあるので、はかってくることができる。

一回いっかいわりました」

 はやかったのは、ちょっとざつっぽいアンナちゃん。はやいのは優秀ゆうしゅうあかしでもある。
 あと二人ふたりはそれからちょっとだけおくれたけど、普通ふつう範囲はんいだった。

二回にかいわりました」

 まだアンナちゃんが若干じゃっかんはやいけどはちょっとちぢまっていた。

三回さんかいわりました」

 三回さんかい終了しゅうりょう時点じてんトップtopはしるのはシャーロットちゃん。
 けっきょくアンナちゃんは集中しゅうちゅうりょくがもうれちゃったみたいで、ちょっと作業さぎょうおくれがはじめた。
 うん、そうなんだ。魔力まりょく使つかうには、集中しゅうちゅうりょく消費しょうひしてしまう。単純たんじゅん魔力まりょくたかいだけではだめだったりする。

「はいどうも。じゃあ四回よんかいってみよう」
「あの、どこまでつづけるんでしょうか」
「えっとね、二人ふたり脱落だつらくするまでだよ」
「ひえぇっ、は、はい。では四回よんかいきます」

 シャーロットちゃんはおびえつつも、四回よんかいはじめた。アンナちゃんは再度さいど気合きあいをれなおして頑張がんばっている。
 普通ふつう作業さぎょうしてるのは、サマンサちゃん。ちょっとかげうすい。

 こうしてトップtop五回ごかいえるころに、サマンサちゃんがギブアップgive upした。

「アンナはもうすこし、頑張がんばれます」
「シャーロットは、はい。まだ大丈夫だいじょうぶです」

 両者りょうしゃともにまだいけそうだ。大変たいへんだからながたたかいにならないといいけど。
 でもながたたかいになるほうが、錬金術れんきんじゅつうでがいいということになる。

八回はっかいできました」

 淡々たんたん報告ほうこくしたのは、結局けっきょくシャーロットちゃんだった。
 序盤じょばんからはやかったけど、そのペースpaceたもつづけて、集中しゅうちゅうりょくつづいていた。

八回はっかいできました、もう、げふ。無理むりです」

 ギブアップgive upしたのはおくれて八回はっかいをこなしたアンナちゃんだ。
 このたたかいを勝利しょうりしたのはシャーロットちゃんだった。
 彼女かのじょ普通ふつう九回きゅうかいつくっている。

九回きゅうかいできました」

 そのまま完成かんせいさせた。

「はい、終了しゅうりょうです。勝者しょうしゃ、シャーロットちゃんです」

 うん。この勝負しょうぶじつはや勝負しょうぶではないのだ。どれだけ時間じかんないにできるか、という勝負しょうぶだったりする。
 ペースpaceみだされて、なみがあったアンナちゃんは実力じつりょく発揮はっきできていないかもしれない。
 しかし錬金術れんきんじゅつには、そういういざというときの冷静れいせいさとか『淡々たんたんとこなす』というちからはとても重要じゅうようなのだ。

出来できとかもチェックcheckしたけど、シャーロットちゃんは安定あんていしてたんだよ」
「はい、ありがとうございます」
「そういうの全部ぜんぶひっくるめてても、やっぱりシャーロットちゃんを弟子でしにしたいとおもいます」

 ぱちぱちぱち。

 健闘けんとうをたたえう。みんな仲良なかよくできてえらいね。ねたみみたいなのもありそうなのに、いい笑顔えがおだった。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する