設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

2 ここが憧れの王都だよ
●2 ここがあこがれの王都おうとだよ

 まえにはくに最大さいだい規模きぼ城壁じょうへき、いわゆる城塞じょうさい都市としというものだった。
 王都おうと入場にゅうじょうれつ【さば】いていくやり装備そうび衛兵えいへいたちが、検分けんぶんしながら処理しょりをしていく。

 わたしばんになるまえ馬車ばしゃからりて、よこ整列せいれつする。
 この馬車ばしゃ乗合のりあい馬車ばしゃなので、全員ぜんいん審査しんさ対象たいしょうだ。

 わたし緊張きんちょうしながら、自分じぶんばんった。

「はいつぎ、えっと何々なになに
「ミレーユ・バリスタットです」
「ミレーユちゃんね。それでおとうさんとおかあさんはどのひとだい? 年中式〔ねんちゅうしき〕まえ子供こどもおや一緒いっしょじゃなきゃだめなんだよ」
「あの」
「なんだい? ミレーユちゃん」
わたし、もう年中式ねんちゅうしきぎました。こうえても十三じゅうさんさいなんです」
「そうなの? じゃあ身分証みぶんしょうせてもらえるか?」

 わたしむらからってきた身分みぶん証明証しょうめいしょうせる。カードcardがたになっていて、誕生日たんじょうび名前なまえ性別せいべつなどがいてある簡易かんいカードcardだ。
 魔法まほう、たぶん錬金術れんきんじゅつけいのものが使つかわれていて、本人ほんにん魔力まりょくながすと、ちょっとひか不思議ふしぎカードcardだった。

「あら本当ほんとうだ。はいよーし。えらいえらい」

 いつまでも子供こどもあつかいしてくる衛兵えいへいさんにあたまでられつつ、しょうがないので、笑顔えがおでそのそのをやりごした。
 下手へた機嫌きげんわるくしたら、おこられてしまう。

 とく普通ふつう旅人たびびとは、おかね徴収ちょうしゅうとかはないらしく、安心あんしんしてふたた乗合のりあい馬車ばしゃもどった。

 城門じょうもんから終着しゅうちゃくえきまではまだちょっとかかるらしい。王都おうとひろいんだって。

 王都おうともんいままでなか一番いちばんおおきい。それがよこふたならんでいる。
 はいひとひと効率こうりつよくあつかっていた。
 感動かんどうするもんした通過つうかするとなかえてきた。

「スゴイ、これはスゴイ」
「きゅ、きゅぅ」

 ポムとわたし一緒いっしょ馬車ばしゃからすようにして、まわりを見渡みわたす。
 石畳いしだたみみち綺麗きれいでそしてひろい。そのなかひと馬車ばしゃわかれてたくさんったりたりしている。
 左右さゆうにはおみせ露店ろてんところせましとならんでいるんだもん。

 もうこれだけで感動かんどうモノだよ。

 ひとなんていしかいない田舎いなかむらとはちがってらないひとしかいない。いやあ、なかにはこんなにおおくのひとがいるんだね。

 とにかくみちなりに馬車ばしゃすすんでいき、またびっくり。なんと広場ひろば中心ちゅうしんにはちいさいながらも噴水ふんすい設置せっちされていた。

て、ポムぅ、噴水ふんすい噴水ふんすいだよう」
「あはは、じょうちゃんははじめてかい。一人ひとりでえらいね」
「はいっ」

 ほかいのひとはなしかけられた。べつ人見知ひとみしりというわけではないけど、子供こどもあつかいだし、はじめてだし、ちょっとずかしい。
 どうせおのぼりさんですよ。

 このくにでは十三じゅうさんさいで「一人前いちにんまえ仕事しごとができる」とされている。結婚けっこんできるのもこのとしからだ。
 おさけんだり、一人前いちにんまえ大人おとなとしてあつかわれるのは二十歳はたちからだけど、わたしだって立派りっぱ青年せいねんだもの。
 一人ひとりでできるもん。
 ポムだっているから大丈夫だいじょうぶ
 それなのにみんなみんな、わたし子供こどもあつかいして、本当ほんとうずかしい。

 十三じゅうさんさい立派りっぱレディーladyなの。

 馬車ばしゃ噴水ふんすいまわんだところのえき馬車ばしゃ建物たてものまえ到着とうちゃくして、解散かいさんになった。

 さて、ここからは自分じぶん行動こうどうしないといけない。
 まず噴水ふんすいって水筒すいとうのおみず補給ほきゅうするんだ。

 えいしょ、えいしょ。

 ちょっと噴水ふんすいのおみずむための場所ばしょたかかった。
 背伸せのびをしてやっととどいた。

 まだまだわたしはちんちくりんだ。こればかりはどうしょうもない。
 でもでも最近さいきん、ちょっとむねがついに成長せうちょうしてきて、ふくらみはじめてきたのだ。立派りっぱ女性じょせいになるんだ。

 なんとかおみずめた。
 すんすん。おみずにおいをいでみる。べつへんにおいもしないし、カビっぽくもなく、大丈夫だいじょうぶそうだ。

 けっしてんでみる。

美味おいしい、つめたい。はぁ、かえる」

 王都おうとのおみず大丈夫だいじょうぶだ。これならポーションpotionつくさいにも問題もんだいなさそうだ。

 ここまで途中とちゅう、おみずがあまりくない、ちょっとおおきいまちもあったので、警戒けいかいしていたのだ。
 王都おうとでもみずわるかったらどうしようかとおもった。
 もちろん錬金術れんきんじゅつ濾過【ろか】装置そうちや、みず精製水せいせいすい錬成れんせいすることもできるけど、コストcostたかくなってしまう。
 必要ひつよう材料ざいりょうすべってきているわけではないので、元手もとでがないいま精製せいせいはしたくなかったのだ。

 おみず美味おいしい、本当ほんとうによかった。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する