設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

18 お風呂とクッキーだよ
●18 お風呂ふろクッキーcookieだよ

 まだ夕方ゆうがたよりちょっとまえ
 はたけ仕事しごととかもしたから、お風呂ふろはいりたいな。

 すっごいたのしみ。はじめてのこのいえのお風呂ふろ

「マリーちゃあん」
「なんですか、へんこえして」
「あのね、あのね。お風呂ふろはいろう~よ」
「あ、いいですね。わたしもお風呂ふろというものにはいってみたいです」
「じゃあ、お風呂ふろ準備じゅんびねがい」
「え、そのよくからないんですけど」
「そうだよね。じゃあ二人ふたりでやろうか」
「はい」

 こうしてマリーちゃんとおもてにある井戸いどからみずんでくる。
 はこんで、はこんで、あーつかれたなっていうくらいはこんで、お風呂ふろみずでいっぱいにした。
 お風呂ふろ台所だいどころみずみや排水はいすい関係かんけいで、一階いっかいすみにある。

 お風呂ふろ浴槽よくそうよこには、おおきなかんみたいなお風呂ふろきがついているのだ。

「というわけで、ここにまきれてね、をつければ」
「なるほど」
「そのうえにある配管はいかんあたたまって、なかのおみずがおになるんだよ」
「ふむふむ」
「じゃああと、ばんと、おゆ加減かげん確認かくにんしてできたらおしえてね」
「はーい」

 こうしてほか雑務ざつむ自分じぶんはこなす。

 あ、そうだ。もともとおちゃ予定よていだったから、おちゃけもかんがえていた。それはクッキーcookieだ。

 材料ざいりょうはもう準備じゅんびしてもらってあった。たまご小麦粉こむぎこ砂糖さとうバターbutterなどなど。
 砂糖さとうはまだまだたか高級品こうきゅうひんだけど、いいんだ。

 それから季節きせつはずれだけどとくナッツnutsるいというかたねだね。

 材料ざいりょうぜて、クッキーcookie量産りょうさんしていく。
 そして台所だいどころオーブンoven、なんとこのいえにはオーブンovenそなけられている。
 だけどちょっと横着おうちゃくしてですね。

 魔力まりょくちからずくでですね、錬金れんきんがま使つかってクッキーcookieいていく。
 特殊とくしゅなので、かなりはやける。

 もうなが作業さぎょうのように、さくさくいていく。

 お風呂ふろができるよりさきクッキーcookieいちゃうもんね。

 こうして大量たいりょうクッキーcookieができあがりましたとさ。

「ミレーユさん、お風呂ふろできました」
「はあぁい」

 マリーちゃんがびにきたし、ちょうどりがいいのでオッケーOkey

「じゃあさきはいりますか、ミレーユさん」
「いえいえ、そんな。一緒いっしょはいろうよ、マリーちゃん」
一緒いっしょにですか?」
「そう、一緒いっしょに」
「もう、しょうがないですね」

 かおあかくしてれるマリーちゃんを尻目しりめに、つないで脱衣場だついじょうかう。

 ささっとふくいでいく。マリーちゃんも背中せなかわせでぬぎぬぎする。

 そして風呂ふろおけでおをすくってかたからける。ですな。お風呂ふろかる。

「はあ、かえる」

 マリーちゃんもていて真似まねをしてお風呂ふろかる。

「あぁあ、気持きもちいいです。これがお風呂ふろ、なんですね」
「ね、おもてどおりよりも、にわとお風呂ふろきにして、よかったでしょ」
「はい」

 それにしても、実家じっか書物しょもついてあった「たわわにみの瑞々【みずみず】しい果実かじつ」というものが、まえ現実げんじつにあった。
 両親りょうしんはやくにんでしまったので、実物じつぶつるのははじめてだ。
 これはたしかに禁断きんだん果実かじつだろう。とっても美味おいしそう。
 ちょっとうらやましい。わたしのもはやおおきくならないかな。

「きゅっきゅぅ」

 ポムはマリーちゃんのむねうえでくつろいでいる。
 あぁ一番いちばんいい場所ばしょ占領せんりょうちゅうだ。そのかお気持きもちよさそうだ。
 そういえばむかしからお風呂ふろきで、実家じっかでもわたしむねうえっかって入浴にゅうよくしてたわ。

 おかるという文化ぶんかおもに、貴族きぞくのものだけど、この気持きもちよさのまえでは、貴族きぞくだけのものにするのはもったいない。
 もっともっと、ここのもとぬしみたいに、お風呂ふろとうひとえるといいとおもう。
 そうしたらお風呂ふろグッズgoodsとかもたくさんってもうけよう。

「る~ん♪る~るる~♪」

 お風呂ふろうたうたう。
 マリーちゃんはらないうたみたいで、ニコニコしていていた。

 ここのお風呂ふろ二人ふたりでぎりぎりはいれるおおきさだけど、これでもけっこうお風呂ふろとしてはおおきいんだよね。
 よくこんなお風呂ふろ貴族きぞくでもないのに設置せっちしたものだ。

 じつはこれ、お風呂ふろじゃなくて巨大きょだい湯沸ゆわかしではないか、というせつもないわけではないんだけど、にしてはいけないのだ。
 ここをつくった、もしくは改造かいぞうしたひとがどういう目的もくてきだったかは、もういまとなってはなぞだ。

「あ~気持きもちよかったあ」
「すっきりですね。これならおタオルtowelからだくよりずっといいです」
「でしょ」
「はいっ」

 わたしもニコニコ。マリーちゃんもニコニコで、かえっていった。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する