設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

9. 王都への道
●9. 王都おうとへのみち

 翌朝よくあさぎ、ソティと合流ごうりゅうして商人しょうにんギルドまえかう。たび商人しょうにんギーナさんの姿すがたえる。今日きょう帯刀たいとうしているようだ。
 ギーナさんにれられて、馬車ばしゃ小屋ごやがあるおおきめの宿屋やどやかった。
 そこにはすでにアルパカの幌馬車ほろばしゃ準備じゅんびができていた。おれたち三人さんにんうしろの荷台にだいむ。なかにおいのリンゴがまっているはこがたくさんと、くろのフードきローブをかぶったひと一人ひとりおくすわっていた。ぽつりと一言ひとことだけしゃべった。

「よろしく」

「ああ、こちらこそよろしく」
「よろしくおねがいします」
「よろしくにゃ」

 おれたちもそれぞれ挨拶あいさつをする。彼女かのじょはそれだけうと反対はんたいがわいてしまった。

「なんか愛想あいそがよくないにゃ。そういうのよくないにゃ」
「まあまあ」

 ソティが小声こごえ文句もんくっている。おれはローブの彼女かのじょはな相手あいてがほしいはずなのに、あまり会話かいわをしたくなさそうなところ若干じゃっかん疑問ぎもんだったが、はなしをたくさんしなくてむのはらくだなくらいおもった。

 馬車ばしゃよんだい隊列たいれつになってすすんだ。おれたちの馬車ばしゃ以外いがいは、普通ふつううまいている馬車ばしゃだ。おれたちの馬車ばしゃ先頭せんとうからだいいちだい護衛ごえいせているようだ。

 おれたち三人さんにん若干じゃっかんちいさめのこえで、ぽつぽつ会話かいわをする。

「ポテチはいつごろつくってくれるのでしょうか」
「ジャガイモがあればすぐつくれるよ」
あぶらは、オリーブというのでいいんですよね」
「うん。あじはまずは塩味しおあじだな。コンソメあじむずかしい」
塩味しおあじたのしみです。はやべたいです」
「あたしもたのしみにゃ」

 ローブの彼女かのじょが、うつむきぎみでこっちをいていてくる。

「ポテチというのはなんなのウサ」
「ポテトチップスといって、ジャガイモをうすったものねっしたあぶらげたものだよ」
「ほう。それは美味おいしいのウサ?」
「ええ、おれきですよ。ピーテもきですね」
わらわべてみたいのウサ」

 おれは、どうしてもきたくなったので確認かくにんしてみる。

「ところでお嬢様じょうさま、もしかして、ウサギぞくなのですか?」
「ひゃ! な、なんでかるのウサか」
「だって、『ウサ』っていているし」
「それでかるのウサか」
おれ世界せかいでは常識じょうしきだ」
「しくじったウサ」

 しぶしぶというかんじでローブのフードをいでくれる。可愛かわいけい美少女びしょうじょで、はだしろい、ながかみしろく、だけがあかい。まれそうなふかあかだ。もちろん、あたまにはながいウサみみいている。

「にゃ。しろ兎人族うさぎひとぞくは、王家おうけしるしにゃ。魔法まほう才能さいのうすぐれていて、とってもつよいにゃ。はじめてるにゃ。可愛かわいいにゃ」
「かわいいウサ?」
「うん、とっても可愛かわいいよ」

 可愛かわいさをほめると、少女しょうじょらしさのやさしいみをかえしてくれる。天使てんしだ。ウサギの天使てんしちゃんだ。きっとうしろにはしろつばさかくしているにちがいない。
 おれが、感動かんどうしてつめていると、小首こくびかしげてつめかえしてくれる。さらに天使てんしがった。
 なぜかとなりのピーテがおれのおしりひねってきた。い、いたい。

「そ、それで、ポテチなのウサ」

 お嬢様じょうさまはポテチの詳細しょうさいいてきた。おれは、色々いろいろあじがあること、サクサクしてうまいことなどをはなした。そして王宮おうきゅういたら、ジャガイモとあぶら確保かくほしてくれることになった。

「お嬢様じょうさま、それでお名前なまえは?」
「ウサ十九じゅうきゅうさいでウサ」
うそくないな。もうバレてるんだから真実しんじつを」
「うむ。かったウサ」

 ウサは、ローブをいでひざちになる。

「アリス・ルーベルト・セルフィール、だいさん王女おうじょ十五じゅうごさいでウサ」
「はい、よくできました」

 スカートのはしをちょこんとってひろげてあたまげる。可愛かわいい。しかも格好かっこうあかしろでできた上着うわぎに、あかのチェックのプリーツのミニスカート、そしてしろいニーソックスである。
 現代げんだいふうとはすこちがうがなんだろうこれ。ちなみに、どことはわないがぺったんこだった。

 また、ローブを羽織はおってまえめた。ただしフードはかぶらない。
 そのあと約束やくそくどお色々いろいろことはなす。最初さいしょしずかだったのがうそのようだ。人見知ひとみしりをしていたらしい。
 あの格好かっこう防御力ぼうぎょりょくてきにどうかとおもったが、れいという特殊とくしゅいとでできていて、魔力まりょくめると、魔力まりょくまくのようなものを外側そとがわ展開てんかいして防御ぼうぎょできるため、魔法まほう物理ぶつり両方りょうほうとも普通ふつうてつよろいよりもたか防御力ぼうぎょりょくほこるそうだ。

 アリスと民主みんしゅ主義しゅぎ議会ぎかいせいについてはなす。このくにだけでなくこの世界せかいでは、王国おうこくがほとんどで議会ぎかい元老院げんろういんのようなものはあるものの、市民しみん代表だいひょうあつまったりすることは皆無かいむだそうだ。

おうみぎへとったらぐんみぎうごく。迅速じんそくめねば戦争せんそうけてしまうウサ」

 たしかに戦争せんそうなどをやっている場合ばあいは、議会ぎかいでぐだぐだめている時間じかんはないだろう。そういう世界せかいでは民主みんしゅ主義しゅぎはあまり有効ゆうこうではないかもしれない。
 宗教しゅうきょうについていてみたが、東邦とうほうからないがこのへんくにでは神殿しんでんせいサルクが信奉しんぽうされているものの、あまり権力けんりょくっておらず、病院びょういん孤児院こじいん冠婚葬祭かんこんそうさいれい祝福しゅくふくをするだけのようだ。おおきいまちでは病院びょういん孤児院こじいんべつ組織そしきになっているそうだ。

 魔法まほうについてもいてみた。なにやらむずかしいことをぶつぶつしゃべりだしたので、要点ようてんだけをたのむとおねがいした。

生活せいかつ魔法まほうには、ライトの魔法まほうもあるウサ」

 そうってひかりたましてせるアリス。空中くうちゅうたまいている。おれためしてみたら、あらびっくり。でかいひかりたま出来できてまぶしくてみな非難ひなんされた。

攻撃こうげき回復かいふく魔法まほう学院がくいん管轄かんかつウサ。わたしきゅう魔法まほうをすでに卒業そつぎょうしたウサ」
おれ学校がっこうって年齢ねんれいでもないので、ほかたりたいんだが」
「なら、わたし道中どうちゅうおしえてあげるウサ」

 アリスはかなり優秀ゆうしゅう生徒せいとだったようだ。念願ねんがん魔法まほうがついにおれものに。

「それでいまはおしのびで国内こくないまわってばかりいるウサが、これももうきたウサ。どこへってもたような景色けしきウサ」

 そう言いながら、収納しゅうのう魔法まほうしたポコジャーキーをモグモグべている。おれたちにもけてくれる。以前いぜんもらったものとちが胡椒こしょういている高級こうきゅうひんだ。

《!right》「まさか収納しゅうのうなか全部ぜんぶポコジャーキーじゃないよな」《!right》
「まさかまさか、ちゃんとロッドをしまってあるウサ」
「ロッド以外いがいは?」
「ジャーキーを中心ちゅうしん小物こもの少々しょうしょうしまってあるウサ」

 一通ひととおりしゃべりわると、おれたちの魔法まほう練習れんしゅうはじめた。
 まずは回復かいふく魔法まほうだ。おれはライトの魔法まほうからすると、魔法まほう才能さいのうはあるほうだそうだ。
 おれとくにケガをしていないが、おれ回復かいふく魔法まほうけてくれる。アリスはおれかって両手りょうてをかざしをつぶる。おれはほんのり体全体からだぜんたいあたたかくなった。連日れんじつ訓練くんれんつかれがれたような清々すがすがしい気持きもちになった。

「ヒールよ。お手本てほんせたウサ。わらわかっておなじことをしてみるウサ」

 おれはアリスにかって両手りょうてをかざし、両手りょうてさきからいやしパワーをアリスの全体ぜんたいかって放出ほうしゅつするイメージをする。

「ヒ、ヒール」

 魔法まほうめいはっしてイメージを強化きょうかする。しかしとくなにかんじない。

「もう一回いっかい、ヒール!」

 しかし、うまくいかない。さらにかい連続れんぞくでやってみると、さきあつまっていた魔力まりょく自分じぶんからだからけていくかんじがした。

《!left_pink》「おお、あたたかい。気持きもちいいウサ。たぶん成功せいこうウサ。ひとぞくのくせにみがはやいウサ」

 お手本てほんたからか、おれはすぐにヒールらしき魔法まほう習得しゅうとくした。

「ホクトさん、わたしにもヒールけてください」
「ホクト、あたしにもヒールをけてにゃ」
「はいはい」

 ピーテ、ソティにそれぞれヒールをけてやる。

「おーあたたかくて、すっきりしました」
「ぽかぽかにゃ。気持きもちいいにゃ」
「ちなみに、魔力まりょく消耗しょうもうするとどうなるんだ?」
「すっごくねむくなり、すぐてしまうウサ。でもそのまえってきたのが感覚かんかくかるウサ」

 おれ魔力まりょくはまだまだありそうだ。あと二十にじゅっかい楽勝らくしょうかんじである。ピーテとソティも練習れんしゅうしたがうまくいかないようだ。
 たまに休憩きゅうけいはさみつつ夕方ゆうがたにはつぎむら到着とうちゃくした。今日きょうむら宿やど一泊いっぱく予定よていだ。ここは主要しゅよう街道かいどうなので、だいたいは馬車ばしゃいちにち距離きょりごとにむらまちがあるそうだ。
 この宿屋やどやはアリスはギーナさんと、おれたちは三人さんにんひと部屋へやだ。ツインの部屋へやでピーテとソティがおなじベッドでねむることになった。
 この夕食ゆうしょく宿屋やどや食堂しょくどうで、固焼かたやくろパンにポコにくのスープ煮込にこみ、一切ひときれのチーズだった。アリスが主人しゅじんだからといって豪華ごうか食事しょくじというわけではなく、普通ふつうおなじものを一緒いっしょのテーブルでべた。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する