設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

28. 帝都と皇帝と悪魔
●28. 帝都ていと皇帝こうてい悪魔あくま

 帝都ていと宿やどいてさっそく馬車ばしゃき、海岸かいがんにあるという皇宮こうぐうかった。
 海辺うみべにはおおきな皇宮こうぐうがありちゅうれてもらう。
 うみなかには規模きぼちいさいはなじまがあり、断崖だんがい絶壁ぜっぺきほこっていた。
 このしまちいさな宮殿きゅうでんがありそこで皇帝こうていらしているという。

 皇宮こうぐうなかあるかされて、中庭なかにわのようなところにると気球ききゅう用意よういされていた。

「では、この気球ききゅうって離宮りきゅうのほうへご案内あんないします」

 どうやらしままでかないといけないらしい。

 気球ききゅうにみんなでなんとかんだ。
 そこまでそらたかくないとはいえ、それなりにこわい。

「すごいですねぇ」
たかこわいにゃん」
「こ、こわいウサ」

 ピーテは平気へいきそう。ソティはこわがっている。
 運転手うんてんしゅ護衛ごえい一人ひとり。そしておれたち五人ごにんけい七人ななにんり。地球ちきゅう熱気球ねつききゅうくらべると、ちょっとおおきいとおもう。
 ピーテとアリスがおれにくっついてくる。とくにピーテの一部分いちぶぶんやわらかくてなんかすごい。ぽよんぽよん。あたたかいしこれはおれとく
 うみうえこわかったけど、なんとか宮殿きゅうでんのところにいた。

 すぐに出迎でむかえの近衛兵このえへい出迎でむかえられて、謁見えっけんというところへ案内あんないされた。
 皇帝こうていはイケメンふうのおじさんで、まあ皇帝こうていっぽい普通ふつうひとだった。

「よくたな」
「はい。面会めんかいしていただきありがとうございます」
「よいよい。堅苦かたくるしいのはナシじゃ、らくはなせ」
「ありがとうございます。ではさっそく、親書しんしょをセルフィール王国おうこく国王こくおうからです」
ってまいれ」

 アリスがあたまげてから、アンダルシア皇帝こうてい親書しんしょ手渡てわたす。
 普通ふつうひとならあいだ家臣かしんつうじてわたすものだけどアリスはこれでもお姫様ひめさまだから、直接ちょくせつわたすのをゆるされている。

「ふむふむ、なるほど、たしかに勇者ゆうしゃ殿どのだな。我々われわれかれ召喚しょうかんしたというのも間違まちがいではない。たしかに召喚しょうかん儀式ぎしきはしたが失敗しっぱいしたとおもっていたが、成功せいこうしていたのか」

 なるほど、おれ異世界いせかいびつけたのはどうやらこのひとたちらしい。

「して、勇者ゆうしゃ殿どの今更いまさらではあるが、我々われわれ勇者ゆうしゃとして、魔王まおう討伐とうばつけんけてくれるのだろうか」
「まあそういわれると、ちょっとこまりますが」
ちからはそれなりにあるとかれているし、ればかる。装備そうびもいいものをしているじゃないか」
「それなりには、まあ」
魔王まおういま帝国ていこくひがしすみ砂漠さばく横断おうだんしたさきにある王国おうこくにおる。誕生たんじょうもない魔王まおうだが、ちからよわいまのうちにやらねば、被害ひがいはこのさきえるばかりだ」
「はぁ」
「そちらのセルフィールも他人事たにんごとではあるまい。前回ぜんかい魔王まおうははるかむかしであったが、当時とうじ人類じんるい危機ききひんしており、獣人じゅうじん奴隷どれい大量たいりょう投入とうにゅうして戦闘せんとうをし、多大ただいがいがあった」
獣人じゅうじん、セルフィールが」
「そうだ。いまもまた、魔族まぞく進行しんこう開始かいしされれば、我々われわれはセルフィールに宣戦布告せんせんふこくし、蹂躙じゅうりん大量たいりょう獣人じゅうじん奴隷どれい確保かくほしたのち、使つかてる戦法せんぽうをとることになる可能性かのうせいたかい」
「そんな! 獣人じゅうじんたちが、セルフィールがなにをしたっていうんですウサ」
なにもしていないが、個々ここ能力のうりょくがそれなりにたかい、獣人じゅうじん戦闘せんとうきなのだ。いま国内こくないにいる奴隷どれいだけでも、戦場せんじょうには投入とうにゅうされるだろうな」
かりました。おれたちがやります。やってやろうじゃないか」
「そうか、そうしてもらえるとたすかる。今更いまさら獣人じゅうじん奴隷どれいというのも正直しょうじき面倒めんどうすすまん。しかしそちらにならんでいる家臣かしんたちはそのつもりらしいのでな」
「はぁ、かりました。けます」

 なるほど、こういうはなしいて、だまってはいられない。

 皇帝こうてい奴隷どれいたちにもへん目線めせんもやらなかったし、きわめて紳士しんしだった。いや内心ないしん変態へんたい紳士しんしなのかもしれないが外面がいめんさないというだけでも、十分じゅうぶん人間にんげんのできてるひとらしい。
 獣人じゅうじん弾圧だんあつしている親玉おやだまというから恐怖きょうふ政治せいじをしているのかとおもっていたのに、なんだか全然ぜんぜんちがった。
 昼食会ちゅうしょくかいひらかれて、普通ふつう美味おいしいごはんをいただいた。おにくもカニもて、ピーテもソティもよろこんでいた。
 アリスだけはちょっと獣人じゅうじん奴隷どれいされて戦争せんそうさせられるはなしをまだすこんでいたようで、あまりかないかおをしていた。

 ごはんわり、おれたちは今後こんご予定よていかんがえなきゃならない。

 装備そうびはすでに十分じゅうぶんつよいやつになっている。
 魔法まほう訓練くんれんもそれなりにしたし、けんだって毎日まいにち訓練くんれんしているし、ダンジョンでは実践じっせんもした。
 冒険者ぼうけんしゃランクてきにはまだCランクだけど、これは経験けいけんというか実績じっせき回数かいすう圧倒的あっとうてきりないだけで、実力じつりょくならAランクぐらいだとおもう。
 うぬぼれかもしれないけど、それなりにたたかえるはず。

 今後こんご予定よてい王様おうさま家臣かしんたちとはなして、予定よていてた。
 いまのまま馬車ばしゃたびつづければいいらしい。
 かうのはひがして。

 また気球ききゅうこわい、そらみちとおって帝都ていともどり、三日みっかかん観光かんこうをした。
 観光かんこうぐらいはべつ問題もんだいないらしい。

 そしてひがしへと旅立たびだち、毎日まいにち馬車ばしゃられた。
 もうれたものだ。
 アリスは奴隷どれいになってからかおかくせないので、現地げんちひとたちはこわがったりするが、笑顔えがおければころっと態度たいどえたりする。
 たまにアリスがなみだかべておどしをすると、やっと態度たいど軟化なんかさせるひともいる。

 途中とちゅう宿町しゅくまち食堂しょくどうでこんなことがあった。
 ちょうど夕食ゆうしょくべていたところだった。

「おい、そいつ、セルフィールのしろ悪魔あくまじゃないか」
「それは本当ほんとうかい」
「ああ、しろいウサギは王家おうけあかし、そして悪魔あくまだって、むかしたしかにいたぜ」
「そりゃこわいわね」

 高齢こうれい夫婦ふうふっていた。

「よし、身体検査しんたいけんさをしようぜ。全裸ぜんらいて、おれたちにそれでもさからわないかたしかめるんだ。どんなたいしてんだろうなぁ」

 ゲスい中年ちゅうねんのいかにもわるいやつですっていうかんじのかお暴漢ぼうかんが、したなめずりしてってくる。
 さけでもんでいたのかかおあかい。
 まだむねもほとんどふくらんでいないこんな可愛かわいいアリスを全裸ぜんらにするだなんて冗談じょうだんじゃない。

「そんな、ひどいですウサ。わたしなんにもわるいことしてないのに。ひとだってころしたことないのにウサ」

「ほれてよ、悪魔あくまさんよ」

 アリスはがると、大粒おおつぶなみだかべてした。
 ほかたちも、全員ぜんいん暴漢ぼうかんをにらみつける。

「あんたさ。忠誠ちゅうせい奴隷どれいあか首輪くびわえないかね。おれ奴隷どれいだ。命令めいれいすればすぐに全裸ぜんらにもなれるが、このかよわおんなにそんなことさせられない」
「けっ、なにがおんなだ。けものじゃねえか動物どうぶつだよ」
がしてみればおんなだってかるけど、それをしたら今度こんどはあんたさんの評判ひょうばんちるけどいいのか」
「そりゃこまるな。人間にんげんだったらな、ガハハ。このくにじゃあ獣人じゅうじんなんてけものだよ。ひとじゃねえ」
「このは、ねと命令めいれいすれば、躊躇ちゅうちょせずくびにナイフをしてにますよ。忠誠ちゅうせい奴隷どれいですからね」
「ご主人しゅじんさまこうですウサ? はだかにされてなぶられるくらいなら、ご主人しゅじんさまいっそなせてください」

 アリスはそういうとナイフを収納しゅうのうから魔法まほうして自分じぶんくびける。

「ぐぬぬ」

 暴漢ぼうかん若干じゃっかんひるんだがまだのようだ。
 そこへフルベールがげて、はなしだす。

「このたしかにセルフィールのしろ悪魔あくまよ。でもねいまはホクトの忠誠ちゅうせい奴隷どれいなのですよ。もしまんいちにもここでなにかしてごらんなさい。なんでもいうことをく、悪魔あくまにふさわしい魔法使まほうつかいのお姫様ひめさまにいくらの値段ねだんがつくとおもうのかしら? どんなバカでもそれくらいかるでしょ。それこそ国家こっか賠償ばいしょうに、国家こっかかん問題もんだいになるわ」
「ぐっ、くそ」

 アリスのナイフは先端せんたん鋭利えいりにとがっていて、ほんのすこしだけはだきずつけてかんできた。
 アリスはなみだかべたままからそうなかおをして、暴漢ぼうかんをまっすぐにつめていた。
 それをているまわりのきゃくも、暴漢ぼうかん非難ひなん視線しせんげかけてくる。

いてるじゃないかあの
悪魔あくまってどっちが悪魔あくまだかからないぜ、まったくよう」
「やだねぇ獣人じゅうじん差別さべつ主義者しゅぎしゃは。忠誠ちゅうせい奴隷どれいなら絶対ぜったい服従ふくじゅうたりまえだろ、そんなこともらないのかねぇ、無知むちはやだねぇ」

「いや、そ、そこまでしろとはってねえだろ、おれは! っけ、なんだよおれわるくねえ。悪魔あくまなんだぞ、っけ。そんなミニスカートなんていてさそってくるほうがわるいんじゃねえか」

「あんなおさな欲情よくじょうなんてしてまぁ」
変態へんたいだわ変態へんたい悪魔あくまだなんだってってちいさいおんな全裸ぜんらにしたいだけの変態へんたい
「なんだ獣人じゅうじん差別さべつかとおもったらたんなるわけかぁ、ダサいなぁ」

 きゃくたちはどうやらおれたちの味方みかたらしい。

「くそったれ、もういい、じゃあな、おれる」

 暴漢ぼうかんとまきゃくらしく、二階にかいんでいった。
 最初さいしょ悪魔あくまだとった老夫婦ろうふうふあやまってくれた。

 アリスのミニスカートがちょっとエッチいのにはおれ同意どういするところではあるんだが、あえて地雷じらいみたいとはおもわない。
 とくしろいニーソックスとのあいだ絶対ぜったい領域りょういきはだがすべすべでしろいのもあって、とってもまぶしい。
 スカートのなかがどうなってるのかは、になるポイントではあるだろうけど、公然こうぜんなか調しらべようなんて人間にんげんのすることじゃない。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する