設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

25. エルフの里
●25. エルフのさと

 いっ週間しゅうかん迷宮めいきゅうかよめて、戦闘せんとうきのフルベールは満足まんぞくしたようだ。
 そろそろ出発しゅっぱつしようとおもう。
 ちょっとみなみみちをしてエルフのさとというところってみたいとおもう。きっとなにかいいものがあるはずだ。

 デコアおうへの挨拶あいさつませてある。
 おかねとかはくれなかったが、中古ちゅうこ馬車ばしゃをくれた。
 国交こっこう樹立じゅりつについては、かんがえておくとだけわれた。

 そんなかんじでいまみんな馬車ばしゃ南東なんとうかってすすんでいる。
 エルフのさとまではこの馬車ばしゃ速度そくどだと六日むいかほどかるそうだ。

馬車ばしゃはひまだにゃ。れるにゃ。つまらないにゃ」
「しょうがないのです。魔法まほうでワープできればいいのですが」

 フルベールのとおりワープいいよなワープ。おぼえられないかな。

 馬車ばしゃ小麦こむぎやジャガイモばたけあいだすすんでいく。
 異世界いせかい街道かいどうだけは結構けっこうしっかり整備せいびされていて、はしかっているのでありがたい。
 これが江戸時代えどじだい日本にほんだったらほそ山道やまみちはしがないかわなどもあるので油断ゆだんならないのだ。

 ひつじふう動物どうぶつのポコジャーキーをべたり、風景ふうけいたりしながらのんびりすすんだ。
 ピーテも御者ぎょしゃ練習れんしゅうはじめて、たまに交代こうたいしてくれる。

 途中とちゅうあめったもあったが、御者台ぎょしゃだいおれはカッパを馬車ばしゃ運転うんてんした。
 このカッパはそらぶクラゲのかさ乾燥かんそうさせたものをったやつで、透明とうめい薄皮うすかわでできている。
 これなら姿すがたかくすことにならないので奴隷どれいでもることができるとおすすめされてってきた。
 この世界せかいには普通ふつうかさはないようだ。

 五日いつかもすると段々だんだんみち沿いのむらちいさくなってきた。
 ついにはたけもなくなってまわりははやし平原へいげん半々はんはんぐらいになった。
 かわちいさいところだとあらしがほとんどだ。あらしとははしがなく、かわみずなかをそのままわたることだ。

 つぎ野宿のじゅくになった。着火ちゃっか魔法まほう使つかう。
 かこんでツメツちゃむ。ものはポコジャーキーと、野菜やさいのスープで我慢がまんしてもらう。

「たまには質素しっそなごはんもいいウサ」
「そうですね。最初さいしょのころをおもします」

 アリスとピーテはとく不満ふまんはないようだ。ソティはジューシーなおおきいおにくべたいらしい。おにくってきましょうかにゃ、とかっていた。

 二人ふたりずつ、あとなかおれ一人ひとりばん見張みはりをしてよるごした。
 とおくでけものくようなこえこえた以外いがいとく平和へいわよるごせた。

 翌日よくじつはやしというかすでにもりになっているなかすすんでいく。

「そのさきところみぎがってくださいなのです」
「え、どこ?」
「よくるとみぎみちえるとおもうのです」

 フルベールの案内あんないみぎがる。

かりにくいように偽装ぎそうしてあるうえに、ひとけない結界けっかいってあるのです」
結界けっかいね。便利べんりだな」
わたしがいなければ迷子まいごだわ。感謝かんしゃするのです。えっへん」

 得意とくいかんじでっている。とりあえず感謝かんしゃしめしておいた。
 そのさきではみち雰囲気ふんいきわってきた。
 大木たいぼくばかりになり、木漏こもがとても綺麗きれいだ。キラキラひかっている。
 妖精ようせいさんとかがてきそうなそんな様子ようすだ。
 そして、おとがまったくしないようにかんじる。

 ぐちからさき結構けっこうながいようだ。みちがぎりぎり判別はんべつできる程度ていどところすすんでいく。

 木々きぎあいだなにおおきなぞうのようなものふたっている。
 ちかづいてみると、いしのゴーレムぞうのようだ。メートルはある。
 にぶ緑色みどりいろびたどういろをしたけんっていた。

 そのまますすむと、ゴーレムのあいだみちとおっていてこうがわた。
 エルフが数人すうにん弓矢ゆみやけんってっていた。
 そのさきけていて、家々いえいえがまばらにち、はたけひろがっている。

「フルベールはやいおかえりだな」

 さっそくエルフの一人ひとりはなしかけてくる。わか美男子びだんしだ。
 どのひとわかい。いや、わかえる。

「ただいま。ここがエルフのさとなのです。とく名前なまえはないのです」

 名前なまえがないほうが、かくむのにいているらしい。
 おれたちはさっそく長老ちょうろういえ挨拶あいさつしにった。
 いえ木造もくぞうたかさがそれほどない平屋建ひらやだてだ。
 お土産みやげ収納しゅうのうからポテチしお・カレーあじしてご機嫌きげんをうかがう。
 長老ちょうろうせんねん以上いじょうきている女性じょせいだった。二十にじゅうそこそこにえる。

勇者ゆうしゃさまれてかえってくるとは、こりゃ愉快ゆかいじゃ」
「ご存知ぞんじでしたか」
「わしもながきている。むかしのことは色々いろいろっておるのじゃ。それにポテトチップスとな。なかなかうまいのじゃ」

 長老ちょうろうはポテチをり、ワープ魔法まほう伝授でんじゅしてくれると約束やくそくしてくれた。

 はなしはやい。さっそくワープ魔法まほう伝授でんじゅしてもらうことになった。

「とりあえず全員ぜんいんまとめてポンじゃ。ほい、ワープ!」

 長老ちょうろう魔法まほうとなえたとおもったら、すでにゴーレムぞうまえ全員ぜんいんっていた。

「すごいですね」
魔力まりょくながれはみなれたかな? じゃあさっそくやってみるのだ。まずは自分じぶんだけばしてみるのじゃ」

 出口でぐち長老ちょうろういえおもかべて、からだ空間くうかんあいだばして移動いどうするようなイメージをかべる。

「ほい、ワープ!」

 おれふたた長老ちょうろうたく居間いまっていた。成功せいこうだ! やった!
 しかしすこってもだれんでこない。
 さびしいなぁ。
 しょうがないのでふたたびゴーレムぞうところんだ。

「おぬし、なかなかやるでないか」
「ありがとうございます」

 おれ自分じぶんけた魔法まほう再現さいげんするのがうまいらしい。
 みんないわってくれる。
 ほかの適性てきせいがないみたいだった。
 全員ぜんいんおれのワープで長老ちょうろうたくばした。

今日きょう面白おもしろものがみれたのじゃ。結構けっこう結構けっこう

 ワープ魔法まほう自分じぶんちかくにいるひとばすことができる。
 あまりおおきい馬車ばしゃとかはばせないようだ。
 また、ったことのある場所ばしょで、イメージできるならぶことができる。
 しかし日本にほんおれいえへはべなかった。
 距離きょりばすもののおおきさによって魔力まりょく消費しょうひわるそうだ。

 このさとには宿屋やどやがないので、フルベールの家族かぞくいえめてもらうことになった。
 ちょっと人数にんずうおおいので大変たいへんそうだ。

 ゆうはんは、みごはん、お味噌汁みそしる豆腐とうふ甘酢あまずあんかけ、ウドみたいなくきのお刺身さしみだった。醤油しょうゆきだ。
 おれ味噌みそ醤油しょうゆうれしさ倍増ばいぞうである。
 みなにそのうれしさをアピールしてみたが、いまいちかっていない。
 全員ぜんいん美味おいしければなんでもいいみたいだ。

 とりあえず、味噌みそ醤油しょうゆをある程度ていど確保かくほしておくことにした。
 フルベールの両親りょうしんたのんでけてもらった。結構けっこう備蓄びちくしているそうなので問題もんだいないらしい。

 よるはフルベールの部屋へやゆか雑魚寝ざこねになった。
 なぜかゆか全体ぜんたいにふわふわ毛布もうふいてある。
 左右さゆうのピーテとソティもあたたかくてやわらかいし寝心地ねごこちかった。

 翌朝よくあさきる寸前すんぜん、ピヨピヨとすずめのようなごえこえる。
 またしても、やわらかくてあたたかい感触かんしょくがする。あさのまどろみは、とても気持きもちがかった。

「ホクトさん、あーさーでーすようー」

 こえからするとピーテのようだ。
 もうすこし、ねむっていたいので無視むししていたら、なんかっかってきておもい。いや、おもったよりはかるいか。
 なんか次々つぎつぎうえっかってきて、おれうえ四人よにん体重たいじゅうがかかる。
 さすがにおもい。

おもくてきれないんだが、どいてくれ」

 おれ苦情くじょうったら、やっとどいてくれた。

「ホクト、あさはんできてるのです」

 フルベールが得意とくいげにおしえてくれる。

「フルベールがつくったの?」
「いえ、つくったのはママなのです。ママのごはん美味おいしいのです。えっへん」

 さっそくみんなでごはんべる。
 今日きょうあさはんは、お味噌汁みそしる、ごはん野菜炒やさいいため、豚肉ぶたにくいたもの、里芋さといも煮物にものだった。
 結構けっこうりょうがある。わいわいしながらたのしく食事しょくじができた。

 おれはフルベールの両親りょうしんになにか手伝てつだえることはないかいてみたが、とくこまっているものはないという。
 むらでとれないものも、むら商人しょうにんけにくので、すぐにははいらないが問題もんだいないようだ。

 とりあえず、むらなかをブラブラする。
 エルフむらなかでは獣人じゅうじん人間にんげんめずらしいので、じろじろたり、こえをかけてくれる。
 知識ちしきにあるエルフは排他的はいたてきだったとおもう。ここのひとわり友好的ゆうこうてきせっしてくれる。
 もりなかにあるむらにはいえのほかに水車すいしゃ小屋ごや穀物こくもつ倉庫そうこひろ田畑たはた綺麗きれい小川おがわいけなどが点在てんざいしている。

 いち時間じかんほどまわったがとくこまっているひともいなくてもどってきた。
 フルベールの両親りょうしん長老ちょうろう挨拶あいさつをして、さきすすむことにした。

 ゴーレムぞうあいだとおってむらからく。またもりとお草原そうげん地帯ちたいすすんでいく。
 ワープでもどれれば数日すうじつぶんはショートカットできるが、馬車ばしゃはワープでばせないのでのんびりくしかない。

 異世界いせかいたびではそのほとんどが移動いどう時間じかんかもしれない。なんとかならないだろうか。
 たとえば、飛空ひくうてい。あこがれるな。たとえばゴーレム馬車ばしゃ現代げんだいふうくるまみたいのとかか。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する