設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

18. 東国方面へ出発
●18. 東国とうごく方面ほうめん出発しゅっぱつ

 翌日よくじつおれたちは十一じゅういっそう探検たんけんした。十一じゅういっそうさかなとクラゲが魚介類ぎょかいるいゾーンだった。
 クラゲは空中くうちゅういておりこおり魔法まほう触手しょくしゅこおらせてりつけると簡単かんたんたおせた。さかなおなじように空中くうちゅういていて、尻尾しっぽ攻撃こうげきがやや強力きょうりょくだったがすんなりたおせた。

絶好調ぜっこうちょうウサ」
「もう地上ちじょうにはあたしたちのこわものなんてきっとないにゃ」
「ソティちゃん、そんな簡単かんたんにはいかないとおもいますよ」

 しん装備そうびおもった以上いじょうおれたちのからだになじんだ。これなら大丈夫だいじょうぶだろう。
 あまり資金しきんはないが、いつまでも王宮おうきゅうにお世話せわになりっぱなしというのもわるい。

「そろそろつぎ目的もくてきこうかとおもうんだ」
東側ひがしがわひとぞくくにですね」
「ああ、今日きょう問題もんだいなければすすもう」

 午後ごごにはいつものように王宮おうきゅうもどる。王様おうさまはなしをすることになった。また謁見えっけんしつだ。
 今日きょう王様おうさまなかすわとなり王妃おうひさまがいる。王妃おうひさまはアリスとそっくりでひくくぺたんこなのもおなじだ。
 アリスはおれたちと一緒いっしょに、王様おうさまたちの対面たいめんならんでいる。

はなしてあるようにアリスも一緒いっしょくウサ」
「いいでしょう。しかし条件じょうけんがあります」

 このくにひがしどなりにはデコア王国おうこくがある。デコア王国おうこく六十ろくじゅうねんまえにこのくに、セルフィール王国おうこくんできて戦争せんそうになった。いま両国りょうこくかんには正式せいしき国交こっこうがない。
 セルフィール王国おうこく北側きたがわうみになっていて、デコア王国おうこく回避かいひしてさらにひがしのアンダルシア帝国ていこくまでふねでもくことができる。しかしこの船旅ふなたびはたまにあらし遭難そうなんをする難所なんしょだった。
 デコア王国おうこくとセルフィール王国おうこく国境こっきょうには大河たいがながれていて公式こうしきながらふね短時間たんじかんわたることができる。
 王妃おうひさまはデコア王国おうこく経由けいゆ安全あんぜんみちってほしいという。

「しかしデコア王国おうこく経由けいゆ大変たいへん困難こんなんっているでしょう。それでもあきらめないならってらっしゃい。無理むりならもどってくればいいわ」
「お母様かあさまかりましたウサ。ってくるウサ」

 国境こっきょう警備けいびたいにいるエルリルだい王女おうじょとデコア国王こくおう、そしてアンダルシア帝国ていこく皇帝こうていへの親書しんしょわたされた。どれもえなければわたさなくていいという。
 親書しんしょはアリスが収納しゅうのうにしまった。

王妃おうひがうるさくてな。すくないが金貨きんか魔力まりょく結晶けっしょうっていくといい」

 王様おうさま金貨きんかまい魔力まりょく結晶けっしょうをくれた。デコア王国おうこくとは貨幣かへいちがうので、魔力まりょく結晶けっしょうっていってってくれば現地げんち貨幣かへい交換こうかんできる。大中小だいちゅうしょう結晶けっしょう数個すうこずつもらった。

 準備じゅんびをして明日あしたあさ馬車ばしゃ出発しゅっぱつになった。アリスの護衛ごえいであるギーナさんがまた馬車ばしゃせてってくれる。


 翌朝よくあさ。とくに見送みおくりなどはなく馬車ばしゃ出発しゅっぱつした。今度こんど商品しょうひんとして小麦こむぎなどを満載まんさいしているらしい。木箱きばこはいっているからほかはよくからない。
 おれ御者台ぎょしゃだいでギーナさんに馬車ばしゃ運転うんてん指導しどうしてもらう。
 国境こっきょうまではおくってくれるがそのさきおれたちだけだ。自分じぶん馬車ばしゃ運転うんてんをすることもあるかもしれない。

 アリスが荷台にだいからかおしてポコジャーキーをれしてくれる。

「ありがとうアリス。でも大事だいじべなよ。このさき補給ほきゅうできないかもしれない」
「なに。ポコのじゃなくてもなにかきっとあるウサ」

 四日よっか国境こっきょうまち到着とうちゃくした。このまち貿易ぼうえき国境こっきょう警備けいびたい中心ちゅうしん構成こうせいされているそうだ。
 おれ異世界いせかいてからはじめてひとぞくた。

ひとぞくのほとんどはこのまちまで商品しょうひんるとデコアがわかえっていきます」

 ギーナさんが解説かいせつしてくれる。おれたちは警備けいびたい本部ほんぶっすぐかう。

「アリスとそのお友達ともだち、ようこそ警備けいびたいへ。わたしがエルリルですわ」

 アリスとおなあかしろ似非えせ制服せいふくている。背格好せいかっこうもアリスとおな一四〇ひゃくよんじゅっセンチで王妃おうひさまとわせて三姉妹さんしまいみたいにえる。アリスが親書しんしょわたすと、エルリルはそのひらいてんだ。

了解りょうかいしましたわ。アリスは川向かわむこうへきたいのですね」
「はいウサ。お姉様ねえさま
「よくいて。デコアには獣人じゅうじんたちは普通ふつう入国にゅうこくできないの。でも例外れいがいひとぞく奴隷どれいになれば入国にゅうこくできるわ」
「そんな。わたし王女おうじょなのに奴隷どれいなんてウサ!」
王女おうじょでも例外れいがいみとめられないわ。お父様とうさまもお母様かあさま承知しょうちよ」
「ちょっとかんがえさせてくださいウサ」
奴隷どれいしょうところくわしいはなしいて、それでめればいいわ」
かりましたウサ」

 おれたちは警備けいびたいあとにして、ついてきた警備けいびたいひと奴隷どれいしょうところ案内あんないしてもらう。
 ギーナさんは奴隷どれい商店しょうてんそと待機たいきしている。
 奴隷どれい商店しょうてんはあまりひろくない木造もくぞう建物たてものだった。奴隷どれいしょう一人ひとり管理かんりしているらしい。でっぷりした五十ごじゅっさいぐらいのひとぞくだった。

つぶぞろいの可愛かわいたちですね。それなりのお値段ねだんになりますよ」
おれりにたんじゃないんだが」

 奴隷どれいしょうにデコアにれてきたいことをつたえる。

「でしたら、ホクトさま奴隷どれいにすればいいのです」
おれのですか?」
「そうです」

 奴隷どれいしょう奴隷どれい説明せつめいをしてくれた。一般いっぱん奴隷どれい忠誠ちゅうせい奴隷どれいがある。
 奴隷どれい命令めいれいには絶対ぜったい服従ふくじゅうである。隷属れいぞく首輪くびわ魔法まほうにより命令めいれい違反いはんをするといたみなどのペナルティをける。
 一般いっぱん奴隷どれいくろ首輪くびわをしており、強制的きょうせいてき奴隷どれいにされる。主人しゅじん死亡しぼうしてもつぎ主人しゅじんにより継承けいしょうされる。
 忠誠ちゅうせい奴隷どれいあか首輪くびわで、主人しゅじん忠誠ちゅうせいちかったものだけが契約けいやく魔法まほうでなれる。契約けいやく命令めいれい主従しゅじゅう同意どういした制約せいやくもうけることができる。また主人しゅじんぬと一緒いっしょ死亡しぼうする。主人しゅじん変更へんこうすることはできない。

忠誠ちゅうせい奴隷どれいのほうが主人しゅじん大切たいせつにされていることかっているため、デコアでもひどいあつかいはけないでしょう。奴隷どれいをいじめたら主人しゅじん復讐ふくしゅうされてしまいますから」
「なるほど」
一般いっぱん奴隷どれいにはだれでもなれます。忠誠ちゅうせい奴隷どれい魔法まほうみとめられる必要ひつようがあるので、かならずなれるとはかぎりません」

かりました。わたしはホクトの忠誠ちゅうせい奴隷どれいになります」
わたしもなるにゃ」
わたしもホクトの忠誠ちゅうせい奴隷どれいになるウサ」

「ホクトさま忠誠ちゅうせい奴隷どれいのほうが首輪くびわだい手数料てすうりょうたかいですがかまいませんかな」
「あ、ああ。おねがいします」
「では一人ひとりずつ契約けいやく儀式ぎしきをおねがいします」

 うしろで三人さんにんならんでいたなかからアリスが一歩いっぽまえる。

わらわからおねがいしますウサ」
「それでは、まずそのローブをいでください。奴隷どれい服装ふくそうかおそれととく首輪くびわかくすことは禁止きんしされているのです」

 アリスがローブをいで魔法まほう収納しゅうのうする。奴隷どれいしょう見開みひらいておどろいたがすぐにかおもともどす。

「これはこれは王家おうけかたのようですが、よろしいですかな。デコアだけでなくセルフィールでも奴隷どれいからはもどれないですぞ」
「よい。もう決心けっしんはついたウサ。奴隷どれいになってやるウサ」

 奴隷どれいしょうあか銀色ぎんいろ金属きんぞくせい首輪くびわってきた。この首輪くびわ無理むりはずすとんでしまうそうだ。
 おれ料金りょうきんである金貨きんかさんまい先払さきばらいする。
 おれはアリスと制約せいやくについて確認かくにんする。

なにもなしでよいウサ。しかしやさしくしてほしい。これはおねがいウサ」

 儀式ぎしきにのっとりおれはアリスに首輪くびわける。すきがなくかぎもない。なかくさりけるためのリングがいている。その左右さゆうにはちいさな魔力まりょく結晶けっしょう装着そうちゃくされている。

「では、奴隷どれい正式せいしき挨拶あいさつくちづけをおねがいします」

 アリスはをつぶっておれのほうに上向うわむきでかおけた。アリスのかおがはっきりとあかくなっていた。

「すみませんちがいます。主人しゅじんくつあしこうにおねがいします」

 アリスは一度いちどけてまずそうにする。

はじめては普通ふつうにしたいウサ。ホクト、キスしてくださいウサ」

 アリスはふたたおれほういてをつぶる。
 おれくちびるわせるだけのキスをする。二十にじゅうびょうほどキスを堪能たんのうする。

「ありがとうウサ」

 アリスは今度こんどおれまえ両手りょうて地面じめんにつけてあしにキスをした。
 キスをした瞬間しゅんかんにアリスがうめいた。さき奴隷どれいしょう説明せつめいしていたが、奴隷どれい契約けいやく魔法まほう契約けいやく苦痛くつうあた対象者たいしょうしゃため術式じゅつしきふくまれているそうだ。

 アリスがちあがった。無事ぶじ契約けいやくえたようだ。

 ピーテとソティも制約せいやくについてなにもなしでいいと主張しゅちょうした。二人ふたりともやはりさきくちにキスしてきた。そして無事ぶじ契約けいやくませた。

 おれ契約けいやくすみますとトイレをりた。もどってくるなり三人さんにん順番じゅんばんう。

「ご主人しゅじんさまよろしくおねがいします」
「ご主人しゅじんさまよろしくにゃ」
「ご主人しゅじんさまこれからもよろしくなのウサ」

 おれ呼称こしょうがご主人しゅじんさまになっていた。どうやら奴隷どれいしょう知恵ぢえのようだ。

「ご主人しゅじんさまはやめてくれ。いままでとおりでいいよ」

 おれ奴隷どれいしょう一瞥いちべつしてからみせた。
 三人さんにんとも奴隷どれいになったのにみょうにうれしそうだった。おれはなぜうれしいのか全然ぜんぜんからないのでなやんだがいてみた。

忠誠ちゅうせい奴隷どれいは、けっ、結婚けっこんおなじようなものだとっ、奴隷どれいしょうわれましたっ」

 ピーテがテンパり気味ぎみってくる。
 たしかに一生いっしょう面倒めんどうるって契約けいやくだ。おれ、これだと日本にほんかえるの無理むりかもしれないな。じゃあなんでたびしてるんだろう。
 なんか本末転倒ほんまつてんとうというかよくからない事態じたいになっている。
 ピーテはかおあかくしてずかしがっている。

ずかしいならわなきゃいいのに」
奴隷どれいとは主人しゅじん質問しつもんにしっかりこたえるべきなのです」

 忠誠心ちゅうせいしんたかいのがかった。いつのにこんなにおれ好感度こうかんどげていたのだろうか。
 このはこのまま国境こっきょうまちまることになった。おれ一人ひとり、ピーテとソティが二人ふたり部屋べや、ギーナとアリスで二人ふたり部屋べやだ。
 おれはなんだか、気持きもちとか決意けついとかがかないまま、複雑ふくざつ気持きもちでねむった。

次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する