設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

13. フクベル迷宮(2)
●13. フクベル迷宮めいきゅう(2)

 今日きょうあさから迷宮めいきゅう探索たんさくだ。昨日きのう探索たんさくおれたちは全員ぜんいんがギルドランクCになった。アリスはもとからCだったがまだそのままのようだ。
 迷宮めいきゅうはいるなりアリスが提案ていあんしてくる。

今日きょうそうのポコ牧場ぼくじょうってみようウサ」

 一層いっそうかるすうせんしてそうにたどりいた。ピーテの感覚かんかくとアリスの正確せいかくなマッピングであまりたたかわずにすすめる。

 そう大部屋おおべやだった。一層いっそうおなじで天井てんじょうあかるく、地面じめんひくくさがまんべんなくえている。ひつじ所々ところどころでそのくさんでいた。

しろひつじがいるみたいだが」
「あれが魔物まものポコよ。ちかづくとっておそってくるウサ」

 ポコはひつじだった。ひつじのうち半分はんぶんには湾曲わんきょくしたかく一対いっついついている。きっとオスなのだろう。ジャーキーとかいくつかの料理りょうりべてきたが日本にほんひつじべたことがなかったのでからなかったのだ。まああじおなじとはかぎらないが。

 普通ふつうひつじれるが、ここのポコはバラバラに食事しょくじちゅうだ。とりあえず一匹いっぴきだけはなれているオスのポコにちかづく。

「メェ~メェ~」

 二本足にほんあしちあがってきながらはしってきた。ほう。二本足にほんあしはしれるのか。
 そのままんできて、おれにパンチをらわそうとする。とりあえずたてふせぐ。ひづめなので、にぶおとがしてぶつかった。
 ポコはまるでカンガルー・ボクサーのようだった。パンチを左右さゆう交互こうごにお見舞みまいしてくる。おれはまだたてふせいで様子ようする。

弱点じゃくてんあしウサ。魔法まほうはなぜかあまりかないウサ」

 ソティが長剣ちょうけんでポコのあしねらう。ポコは一撃いちげきはジャンプしてけたが、二うちけてひときしてたおれた。のっそり四本よんほんあしがったがうしあしきずっている。
 ポコはあたまげて、つのによる攻撃こうげきえてきた。
 つの攻撃こうげき衝撃しょうげきがすごそうなので、おれひだりけた。
 おれけたので、ピーテとアリスのほうへポコがかった。アリスがあわててつえでポコのあたまをポコポコなぐる。
 アリスは四撃よんげきちからいっぱいなぐりつけた。ポコはたおれる。そこをピーテがくびりつけてわらせた。

一匹いっぴきずつなららくウサ。いっぱいいるとかこまれてこまるウサ」

 おれはピーテとソティの解体かいたい作業さぎょうながめながらかんがえる。
 どうしたものだろうか。おれはゲームてきかんがえのもとひとつの提案ていあんをした。それはまず小石こいしひろい、ポコにてる。おこったポコは一匹いっぴきでこちらにかってくるので、そこをむかつという戦法せんぽうだ。
 解体かいたいわった。かわにく魔力まりょく結晶けっしょうほねなどのガラをけてピーテが収納しゅうのうする。

 さっそく実践じっせんしよう。しかし小石こいし見当みあたらない。
 おれ魔法まほうこおりつくってそれをげる改良案かいりょうあんおもいついた。

 さっそくためしてみる。こおり生成せいせい投擲とうてきれだったのでおれねらったのとはちがやつたった。またつのいているオスだ。

 今度こんどはソティが正面しょうめん相手あいてをしているあいだにピーテが横腹よこばら一撃いちげきれた。ポコはいたがってたおれてしまった。さらにピーテがちをかけて急所きゅうしょいて絶命ぜつめいさせる。

 またこおり生成せいせいして投擲とうてきする。はずれた。再度さいどこおりつくる。これつめたいという欠点けってんがあるな。

 とりあえずなが作業さぎょうのように、十二匹じゅうにひき仕留しとめていったんわる。大量たいりょうんでもポコをってもらえない懸念けねんがあるからだ。
 二匹にひきぶんのおにくはおしろかえろう。きっとうまい料理りょうりにしてくれる。

 そのまま草原そうげん横断おうだんしてつぎ階層かいそうすすんだ。ゆっくり移動いどうするとポコたちはおそってくるということはなく、微妙びみょう距離きょりって遠巻とおまきにてくる。

 つぎさん階層かいそうはキノコの楽園らくえんだった。
 広葉樹こうようじゅもりがありその地面じめんいっセンチから五十ごじゅっセンチまでのキノコがいたところえている。

「キノコはたくさんあるウサが、どれがべられるかわたしらないウサ」
べられるのもあるのか」
美味おいしそうですにゃ」

 いろしろ黄色きいろあか茶色ちゃいろなどがある。かたちかさがあるもの、エリンギふうのもの、そのへんかたちのものがある。

 魔物まものもキノコだった。まずはブラウン・マッシュルーム。かたちはシイタケふういちメートルはんおおきさ。こいつは上下じょうげにバウンドしながら移動いどうしてくる。くきつのは不安定ふあんていだとおもうのだがファンタジーなので関係かんけいないようだ。くちいている。

あたまたたかないでくださいウサ。胞子ほうしるウサ」
かった」

 おれよこりで胴体どうたいねらう。一発いっぱつれてしまった。ちたあたまからすこ胞子ほうしぶ。

「げほげほ。むせる」

 結晶けっしょうだけしてあとてる。

 そのあとちゃキノコが一匹いっぴき五匹ごひき三匹さんびき二匹にひき団体だんたいてきたが、剣士けんし三人さんにんですべててた。

「なんかひまじゃウサ」
「このフロアにはほか魔物まものはいないのか?」
茶色ちゃいろ以外いがい上位じょういしゅしろとピンクがいるウサ。ピンクはレアじゃが睡眠すいみん使つかいウサ」

 さらにちゃキノコ四匹よんひきたおしたあとしろ二匹にひきでピンクが一匹いっぴき同時どうじあらわれた。

「ここは魔法まほう一撃いちげきにしよう。アリスたのんだ」
かったウサ。ファイヤー・アロー」

 後方こうほうのアリスが火矢ひや魔法まほうみっ同時どうじ発射はっしゃして三匹さんびき命中めいちゅうしてやっつけたようだ。
 しかしなんだかねむくなってきた。意識いしきたもっていられない。おやすみなさい。

「やっときたウサ」

 おれはやっとめた。剣士けんし三人さんにんはそろってねむりこけてしまっていた。ピンクまじおそろしい。

「どれぐらいていた?」
半時はんときほどじゃウサ。そりゃもうぐうぐうとウサ。よだれまでらしてウサ」
「そりゃ失礼しつれい。アリスは?」
わたしきてたので一人ひとり護衛ごえいをしていたウサ」
大丈夫だいじょうぶだった?」
みんなもうねむったまま二きないかとおもって心配しんぱいしたウサ」

 アリスはちょっと涙目なみだめになっている。おれはよしよしとあたまでてやる。アリスはおれにすりってきた。
 まわりには放置ほうちされたちゃキノコが五匹ごひきころがっている。ねむっているあいだにアリスが一人ひとりたおしたのだろう。全員ぜんいんねむっていたら大変たいへんなことになっていた。
 アリスによるとうさぎひとぞく魔法まほうだけでなく魔法まほう耐性たいせいつよく、状態じょうたい異常いじょうになりにくいのだそうだ。
 みんなでキノコの結晶けっしょう回収かいしゅうする。

「こののこったキノコの残骸ざんがいとかどうなるんだろう」
ほか魔物まものべるといううわさウサ。でも目撃もくげきしたというはなしかないウサ」

 ポコの解体かいたい睡眠すいみん結構けっこう時間じかんがかかったようなので、この探索たんさくはこれできあげるようにした。

 かえりはむかえの馬車ばしゃなどないのであるいてかえる。途中とちゅう中央ちゅうおう広場ひろば通過つうかする。
 そこでは一匹いっぴき灰色はいいろうさぎひとぞくおとこぼうさきふくらんでいるタイプのジャグリングをしていた。まわりにはおれたちしかいない。

異国いこくひとぞくのおにいさん一行いっこうていってよ」
うさぎひとぞくのピエロなどめずらしいとおもえば、エイマンではないかウサ」
わたしをご存知ぞんじかな、フードのおじょうさん」
「なに、わたしだウサ」
姫様ひめさまじゃないですか」

 アリスが、フードをすこげてかおだけせる。どうやらいのようだ。
 小声こごえでピエロをしているわけおしえてくれた。エイマンは王宮おうきゅう勤務きんむ最近さいきんきなくさうわさがいくつかあるようで、公園こうえん情報じょうほう収集しゅうしゅうをしているという。姫様ひめさまけるようにわれた。どんなうわさかははなさなかった。

 王宮おうきゅうもどると、おうから手紙てがみとどいていた。内容ないよう以下いかとおりだ。

 ポテトチップスはうまかった。フライドポテトもうまかった。今度こんど王宮おうきゅう料理人りょうりにんつくってもらう。ホクトにはほかあじちが料理りょうりをぜひおしえてほしい。

 やっぱり王様おうさま意地いじっていた。でもいにないで手紙てがみにするところが、いそがしさを物語ものがたっていてせつない。
 てっきり、きなくさはなしかとおもったが拍子抜ひょうしぬけだった。

 おれはこの、サンダー・ボルトを習得しゅうとくした。これで火水ひみずこおりつちかぜ基礎きそ魔法まほう習得しゅうとくしたことになる。色々いろいろ属性ぞくせいをまんべんなく使つかえるひとまれらしい。でも師匠ししょうであるアリスもちゃっかり使つかえるのですごい。
 ピーテは生活せいかつ魔法まほうほか湯沸ゆわかしができていたが追加ついかでヒールをおぼえた。
 ソティは祝福しゅくふくをしてもらっていないので、生活せいかつ魔法まほう使つかえない。ほか魔法まほうもからきしダメだ。

「あたし魔法まほう才能さいのうないにゃ。もっとカニをべる必要ひつようがあるにゃ」

 ソティはなんだかからない理由りゆうでカニの催促さいそくをしていた。明日あした王都おうと神殿しんでん祝福しゅくふくをしてもらってようとおもう。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する