設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

10. 王都への道(2)
●10. 王都おうとへのみち(2)

 またあさから馬車ばしゃ移動いどうだ。あと五日いつかかるとわれた。今日きょうあさからあめだ。ざあざありではないが、なく雨粒あまつぶってくる。もっともおれたちは幌馬車ほろばしゃほろなかなので、あまり関係かんけいはなかった。御者台ぎょしゃだいもこの馬車ばしゃ屋根やねきだ。

あめみみれるのであまりきではないです」
「あたしは農作業のうさぎょうやすみだからきにゃ」
わらわあめきウサ。みず魔法まほう使つかいやすいウサ」

 理由りゆう様々さまざまだか、三人さんにんともおもうところはあるようだ。
 気候きこうについてたずねたところ、明確めいかくふゆはなくすこ気温きおんがる程度ていどで、ほぼいちねんじゅうあたたかく雨季うき乾季かんきもなく、いちねんじゅうたまにあめるそうだ。
 快適かいてきだが、しかし面白おもしろみにけるかもしれない。
 ちなみに、このくにには時計とけいがないので、はっきりした時間じかんからない。二十四にじゅうよ時間じかんなのはわらないようだが、普段ふだんは「何時間なんじかん」とかはわないようだ。

おれくにでは、ふゆこおったりゆきくらいさむい。なつはこっちよりあつい。そのかわりがわうみはいってあそぶ」
こおるとかゆきってなんですか?」
こおり魔法まほうがあるウサ」

 アリスが魔法まほうすうセンチかくこおりかたまりして、ピーテとソティにさわらせてくれる。

「これがこおりウサ」
「こんなにつめたいんですか? んじゃいそうです」
そとるとぬかもしれないな」
おそろしいくにですね。美味おいしいだけの楽園らくえんだとおもってました」

 地球ちきゅうめしはうまいが楽園らくえんではないな。もし楽園らくえんんでいるひとがいても、そのひとにとってそこが楽園らくえんとはかぎらないけれども。
 ついでにおれこおり魔法まほう練習れんしゅうをしてみる。な、なんと、こおりっているからか一発いっぱつセンチのこおりつくせた。

「ふむふむ。なかなかやりおるウサ。天才てんさいじゃな」

 おれ調子ちょうしって、じゅっセンチかくこおりつくす。ピーテとソティは無理むりなようだ。こおりはすぐにけだした。おおきかったので水浸みずびたしになった。

「ホクトは魔法まほうのセンスはいが、思慮しりょりないウサ」
面目めんぼくない」
巨大きょだい魔法まほうは、まわりに甚大じんだい影響えいきょうおよぼすウサ。しっかりかんがえて使つかわないといつかとんでもないうウサ」
かりました。姫様ひめさま

 アリスが今度こんどは、人差ひとさゆびさきちいさなほのおともす。おれけじと、人差ひとさゆびうえけて、むむむっとほのおのイメージをする。イメージをする。イメージをするが、なにきない。
 アリスはほのおすと一人ひとり得意とくいげな表情ひょうじょうをした。

くやしいアル。おれくやしいアル」
「プレレさんみたいな口調くちょうになってますよ。ホクトさん」
ほのおはそうじゃな、あつ空気くうきかたまり圧縮あっしゅくしたようなイメージウサ」
「なんか、がしない」
魔法まほうはイメージりょく無理むりっぽいとおもっておると無理むりウサ」

 あめなのでおひる休憩きゅうけいそとにはずに馬車ばしゃないでとった。ギーナさんもうしろに一緒いっしょやすんでいる。アリスが水筒すいとうからあついツメツちゃしてくれる。以前いぜんんだレモン風味ふうみあおいおちゃだ。

気温きおんひくには、おちゃはあったまるね」
わたし最初さいしょはどうかとおもいましたが、だんだんこのおちゃきになってきました」

 それにしても、ポコジャーキーにツメツちゃって本当ほんとうたび定番ていばんなんだな。もっとこう、豪華ごうからしのひとは、豪華ごうかなものをいしているイメージだったけど。
 そのことをアリスにはなしたら『庶民しょみんらしを体験たいけんしてみたいのでウサ』とっていた。
 休憩きゅうけいちゅうにお姫様ひめさまであることがバレたのが、ギーナさんにバレた。

「ところでお嬢様じょうさま秘密ひみつがバレているみたいですが?」
「だってウサ。ホクトがすぐにうさぎひとぞくであるのを看破かんぱしてきたウサ」
「しょうがないですね。皆様みなさま、このことはご内密ないみつにおねがいします」
「もう、おしろ招待しょうたいするってっちゃったウサ」

 ギーナさんも商人しょうにんではなく、王立おうりつ騎士きしだそうだ。護衛ごえいひとたちも、冒険者ぼうけんしゃふう格好かっこうをしているがそれは偽装ぎそうで、王立おうりつ騎士きしだん所属しょぞくだった。うしろの馬車ばしゃふたつは御用ごよう商人しょうにんだ。
 アリスが馬車ばしゃうしろからそとのぞいて、面白おもしろものせてくれるそうだ。

「ダンシング・ウォーター」

 地面じめんまっていたみずいっしょあつまり、スライムじょうがってプルプルふるえている。そして、左右さゆうれたり、びたりちぢんだりしておどっている。

面白おもしろいな。で、これどんな攻撃こうげき使つかえるの?」
「うむ。攻撃こうげきには使つかえぬ。余興よきょうようウサ」
使つかえねー」

 ピーテとソティはおもいのほかよろこんでいた。ギーナさんはたことがあるのかとくなにわない。

「ピーテとソティだけが味方みかたウサ」

 アリスはピーテとソティをぎゅっといだきしめる。ピーテがアリスのあたまでてやる。
 百合ゆり百合ゆりしい場面ばめんててこころうるおうね。殺伐さつばつとした異世界いせかい。たまにはこういうのもいいね。
 おれ三人さんにん非難ひなんけられてしまった。心外しんがいである。

 そのあとあめがり、順調じゅんちょうすすんでいく。おれはずっとゆびうえけて、魔法まほう練習れんしゅうれた。なぜなら魔法まほうこそ攻撃こうげき魔法まほう頂点ちょうてん。そうほのおてきつつみこんがりきあげる。それこそ究極きゅうきょくなのだ。
 結局けっきょく使つかえるようになるのに、さらに二日ふつかかかった。王都おうとまでのこりはあと二日ふつかだ。
 おれ休憩きゅうけい時間じかん馬車ばしゃからりたらけん練習れんしゅうではなく、ファイヤー・アローの練習れんしゅうはじめた。んですす魔法まほうだ。

「アローけい攻撃こうげき魔法まほう基礎きそちゅう基礎きそウサ。余裕よゆうウサ」

 アリスは五本ごほん同時どうじにファイヤー・アローをち、街道かいどう沿いにならんだ五本ごほん命中めいちゅうさせた。威力いりょくしぼっているらしく、ちょっとがついた程度ていどんだ。
 つぎには五本ごほんのファイヤー・アローをたばねてひとつのいし命中めいちゅうさせた。
 おれはまだたま前方ぜんぽうさんメートルにばすことしかできない。

「ホクトは魔力まりょくりょうおおいけど、あつかかたざつだから効率こうりつくないウサ。もっと魔力まりょく集中しゅうちゅうさせてイメージもしっかりするほうがいいウサ」

 練習れんしゅうあるのみのようだ。おれおおきいいしかって何度なんどたまばす。もう一度いちどアリスにお手本てほんせてもらう。
 なんか、かったかもしれない。たまばすんじゃなくて、ぼうやりびていくイメージなんだ。
 おれはついに強力きょうりょく一本いっぽんのアローを巨石きょせきにぶちむ。どなかにヒビがはいっていた。

「アリス。おれ、ついにやったよ」
「うむ。頑張がんばったウサ。つぎはファイヤー・ウォールだウサ」

 アローができたからかファイヤー・ウォールは簡単かんたんだった。つぎはファイヤー・ボールなんだが、練習れんしゅうするまえめられた。威力いりょくつよいのでそのへん練習れんしゅうしないでくれと。
 ピーテとソティは、それほど魔法まほう使つかうのにこだわりがないようで、積極的せっきょくてきではない。しかし、ピーテは魔法まほうしたみずをおにする魔法まほうおぼえた。ソティはからっきしダメだ。

 途中とちゅう宿やど一度いちど夕食ゆうしょくに、ニンニクとオリーブのポコにくパスタがた。そこの宿やど人気にんきメニューだという。ポコにくやすいジャーキーをおもどしたものだったが、しおとニンニクがいたものでそこそこうまかった。またソティがなぞうたうたっていた。

「パスタ、パッパッ、パスタッタ」

 パスタのおどりはフラダンスみたいに、よこけてゆらゆらしたやつだった。王都おうとったらパスタ料理りょうりわせてやろう。おれはニート期間きかんきたえた料理りょうりテクがある。家事かじならまかせろ。

 結局けっきょく最後さいごまで盗賊とうぞくずにたまにハグレの魔物まものてきたが、まえ護衛ごえいがさくっとたおしていた程度ていどだ。おれたちはのんびり王都おうとへとかうことができた。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する