設定を選択してください。

インヴォーク! 起動せよ、新生レグルス!!

荷電粒子砲
 時はさかのぼり、黒いハルピュイアのシャドウは高高度まで飛んでいた。

「飛べ、飛べ蓄積しろ、電気を蓄積しろ

 彼は風を受けながら、雷魔法を放つのに必要なエネルギーを供給しているところであった――そう、第1砦を一撃で破壊するほどの威力を持った、雷魔法を撃つために。

「よし、充分だ」

 エネルギーの供給が終わったのか、雪を降らす雲を越えた先の青空に向いていた顔を地に向ける。

「――バイオコンデンサ、エネルギー充填完了」
荷電粒子砲、発射っ!!!」

 そして彼は、胸を露出させそこから覗く赤いコアを地面に向け輝かせた。
次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する