設定を選択してください。

インヴォーク! 起動せよ、新生レグルス!!

その名はシャドウ
 その頃、攻撃役を担ったレグルスの戦士達は、占領した第1砦を拠点として周辺地帯の魔物を殲滅しているところだった。

「負傷者には無理をさせず砦内で休ませろ! 体力に余裕があるメンバーは可能な限りでいいから、周囲の安全を確保に回れ! イングリットがもうすぐやってくるぞ!!」

 クラウディオが砦の頂上から見張りをしながら指揮を執っている時だった。

『――団長! 敵要塞から増援らしきものが接近しています!』

 Aチームリーダーのエミリーが、ゲンロウガー内部からマイクを使って報告した。

「なに、本当かエミリー!? 数は!?」
『それが――たった一人です! 空中から接近しています!!」

――彼らが知る予知はないが、少なくとも退却という選択肢を選ぶことにおいてはこの時点で手遅れだった。

『!!』

 敵はとうとうスコープで視認できる距離まで迫っていた。

『敵はハルピュイア一体! 黒い羽のハルピュイアです!!』

 エミリーが見たのは、黒い羽、黒い髪、黒い衣服と――全身黒ずくめと呼ぶべき鳥形魔物であった。

『バルカンボウで迎撃します!!』

 バルカンボウは胴体に設置された連射式の矢。主に小型魔物戦に使う武装であった。
 今回の戦いではまだ一度も使っていない武器だから、弾数には余裕がある。

『当たれえええ!!』

 胴体からひたすらバルカンボウを撃ちまくる――無数の矢弾が飛んでいくが、敵はそれを軽々とかわして肉薄していく。

『無茶だエミリー! バルカンボウは対地攻撃用の武器だぞ! 飛ぶ相手には当たらない!!』

 ブライアンの制止通りであった。

『でも、ゲンロウフレアー以外で他に飛び道具はないんでしょ!?』

――その時、黒いハルピュイアがとうとうゲンロウガー本体に張り付いた。

『しまっ――』
『張り付かれ――』

 二人が言い合っている次の瞬間、それは悲鳴に変わった。

『アァァァァッ!!』
『ウォォォッ!!?」

 ゼロ距離から敵が雷魔法を放ってきたのだ。

「エミリー!? ブライアン、アレックス!?」

 クラウディオのみならず、レグルスの仲間達全員が動揺していた。

「――フフッ、いいざまだ」

 正体不明のハルピュイアがとうとう言葉を発した。共に雷撃を止めて砦頂上に向かって飛んでいく。

「――お前ッ!! 何者だ!?」

 クラウディオは、即座に激昂した。

「――こんにちは、トリスト人のクソ共。僕の名は、シャドウ

 冷笑しながら放ったその声に、クラウディオはさらに怒気を強めた。

「悪いけど、ホワイトエンペラー要塞を君達に渡すわけにはいかない。だから――ここで死ね!!

 シャドウと名乗ったハルピュイアは、途端に高高度まで飛び上がった。

「――なにをする気だ!?」
「わかりません! 一つ言えることは、ここに残るのは危険です! 坊ちゃん、急いで逃げましょう!!」


――辛い決断だが、今は安全を優先するしかなかった。今まで無敵だったゲンロウガーを一撃で倒すような敵だ。ここに留まっていては、ヘタしたら砦ごと吹き飛ばされかねない。

「みんな、急いで逃げろ! きっとデカイ攻撃が来るぞ!!」

――負傷者を連れての退却は、無理があるが、彼には見捨てられるはずがなかった。

「動けるなら急いで馬車まで走れ!! 早くしないと――」

――その時、光の帯がこの第1砦を襲ったのだった。
次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する