設定を選択してください。

アリストーン・オンライン

#001. アリストーン・オンライン
 世間では憂鬱な月初めの月曜日なのだろうが、俺は朝からにんまり笑顔だ。
 俺はついにこの日がきたことに感動している。
 世界初フルダイブVR装置「アリスシステム」が2047年2月に発売されてから5か月。
 今日7月1日は待ちに待ったフルダイブVRMMORPGが配信開始になる。
 その間に、予約の抽選に当選し無事にハードは入手していた。

 ソロ用PRGなどをプレイして感覚をすでになじませてある。
 しかし俺がやりたいのはMMOなのだ。

 広大なオープンワールドをみんなで生活しているかのようにプレイしたい。

 高校から下校して家に帰ってきた。
 着替えて、食事とお風呂にも入ったので、あとはゲームと寝るだけの状態だ。

 ヘッドギアを被ってベッドに寝る。
 アリストーンは日本時間午前9時にすでにオープンしている。
 世界標準時午前0時というやつだ。

 今は午後5時半過ぎになろうとしている。
 アリストーン・オンライン内は午後6時から午前0時までが昼間なので、限界まで快適に遊ぶには今しかない。

「リンクスタート」

 VR装置が起動してVR空間に移行。
 デフォルト空間、マイルームに俺はいた。

「システム。ゲーム起動、アリストーン・オンライン」

 俺の音声入力に応答して、ゲーム空間が展開されていく。

 異世界風のタイトル画面が表示される。

 アリストーン・オンラインは、アニメチューンというかアニメ風世界観なので、全体的にほんわかしていて、優しい雰囲気だった。

 このゲーム機は脳波などの身体チェックによる自動ログインだ。
 転売、複垢などの規約違反になる行為は、事実上することができない。
 もちろんbotなども作ることができなかった。
 かなり不正行為には厳しい目を向けていると聞く。

 ログイン先サーバーが「日本語サーバー」と表示されていた。
 このゲームは言語別になっている。
 自動翻訳システムも搭載しているが、ゲーム内のネイティブ言語が日本語なのが日本語サーバーなのだそうだ。
 それで各言語毎に独立している。


 言語を確定すると、設定用空間にログインしていた。
 いわゆるキャラクリ画面だ。

 1匹、というには失礼だろうか。
 15cmくらいの1人の妖精が浮いている。

 青髪、青と紫の蝶の羽が特徴的だ。
 緑のミニスカ妖精服で見せパンの白いかぼちゃパンツ。

「こんにちは」
「こんちには、妖精さん。名前は?」
「ワタシはガイド妖精ルルコ族の通称、エリスです。よろしくお願いします」
「ああ、よろしく」

「名前を入力してください。それからオプションですがIDをお願いします」
「わかった」

 俺は名前を入れようと思う。

 ID@[ruru_highland]
 名前[ルル______]

 俺の本名は足高あしたか琉亜るあ
 ちなみに高校1年生。
 ルアー釣りが、三度の飯より好きだという父親による。

 ルアではあまりにあんまりなのでルルにしようと思う。

「はい、次はキャラクターの性別を決めてください」
「わかった」

 俺は女性を選ぶ。
 ルルにしたのは、女性アバターを選ぶつもりだったからだ。
 理由は女の子になりたい、からではない。
 こういうゲームはアバターが女性用のほうが豊富だ。
 そしてそんなアバター装備に高補正がついていることがある。

 例えばこのゲームではないが「大きな赤いリボン」に「魔法攻撃+10」とか。
 男がリボンをしてはいけないわけではないけれど、女性にしたほうがいい。

 ごほん、いや、女の子になりたいわけではなくても、可愛い女の子操作したいじゃん、な?

 では、次。

 ちなみにこのゲームでは複数アバター制なので、別に男性アバターを用意して切り替えもできる。

「種族を選んでください」

 ・ヒューマン
 ・エルフ
 ・ダークエルフ
 ・ドワーフ
 ・キャットレイス
 ・ドッグレイス
 ・ラビットレイス
 ・ハーフリング
 ・ジャイアント
 ・エンジェル
 ・デビル
 ・マシンナリー

 以上12種類。
 アバターの種族は後で変更できないらしいので、ここでミスると、詰んだりする。
 俺はハイパー安全マージン人間なので、一番普通のステータスのヒューマンを選んだ。

 ちなみにステータスは

 ヒューマン
 攻撃力★★★☆☆
 魔法力★★★☆☆
 防御力★★★☆☆
 俊敏性★★★☆☆

 エルフ
 攻撃力★★☆☆☆
 魔法力★★★★☆
 防御力★★★☆☆
 俊敏性★★★☆☆

 ラビットレイス
 攻撃力★★★☆☆
 魔法力★★☆☆☆
 防御力★★☆☆☆
 俊敏性★★★★★

 マシンナリー
 攻撃力★★★★☆
 魔法力☆☆☆☆☆
 防御力★★★★☆
 俊敏性★★★★☆

 こんな感じ。
 それぞれのステータスの特性はこの段階で決まる。

 ゲーム内ではキャラクターのステータス割り振りはない。
 マシンナリーの魔法星ゼロは、ピーキーで怖いな、こういう地雷。

 俺は運動神経にそこまで強くないので、そういうバランスは遠慮しておく。
 職業はゲーム内で決めると特集記事で書いてあったので、後で決める。

 次は容姿だ。

「容姿をカスタマイズしてくださいね」
「ああ」

 デフォルトでは俺をヒューマンでカスタムした女性アバターになっている。
 黒髪、黒眼、ショートのキュートな感じ。
 ミニスカートの初心者風冒険者服を着ている。
 それが俺の目の前に浮かんでいた。

「髪の毛はロングのふわふわなやつ」
「ふわふわですね」

「金髪、緑眼で」
「はい」

「目はもう少し丸い感じ」
「ええ」

「もうちょっと美少女みたいな細長い感じの顔に」
「はい」

「背はどうしたらいい? 俺と同じ170でいいかな」
「えっと、ヒューマンの女性は150cmくらいが平均ですね」

「じゃあのっぽになっちゃうか、じゃあ150cmで」
「了解です」

 うん、俺好みの美少女だ。
 おっと重要な部位を忘れていた。

「おっぱいはDカップ」
「Dカップ、ですね? いいんですか?」
「おお」

 胸がBくらいからDにアップした。
 ちょっと巨乳ぐらいのバランスだ。

「仮適用してみますか?」
「はい」

 デフォルト男性アバターだった俺が、美少女に変身した。
 左側が鏡張りなので、そちらを向くと、俺が、美少女に、なってる!

「あ、なんかスカートがスースーするな
「大丈夫ですか? 今からでも男性アバターに戻せますけど」
「だ、大丈夫」

 変な感じがする。
 股間がキュンキュンするが、まあ、うん、大丈夫だろう。たぶん。

「そうですか」
「それより、あーあー、なんだこれ」
「はい、可愛い声ですね」
「俺、いや、ボ、ボク、女の子の声になってる」
「そりゃあ男性の声だったらびっくりですね。声も選択できるので、違うのが良ければ要望、伺いますよ」
「あ、うん。変な感じだけど、大丈夫」

 声が可愛い。俺が可愛い。

「お、おっぱいがある」
「そうですね」

 白い目で見てくる妖精エリスちゃん。

「おっぱい、おっぱいが
「Bカップにしますか?」
「あ、うん、いやしかしやはりDカップで」
「はい。ちなみに800ジェムですけど、容姿の変更も後でできます。男性にはできませんが」
「わかった」

 うん、俺はゲーム内では、女の子、女の子で、プレイするんだ。
 大丈夫だろう。

「チュートリアル島はやりますか?」
「ああ、たのむ」
「わかりました」

「以上、確定でよろしいですか? よければ『確定』と言ってください」
「か、確定」

 俺は設定部屋から、チュートリアル島へと飛ばされたのだった。
次の話を表示




トップページに戻る


このお話には 1 件の感想があります。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する