設定を選択してください。

VRあるあるあるき

017.宿屋
 RPGでは宿屋も重要施設だ。
 寝て起きるとHP、MP全回復みたいな謎の施設としてよく使われる。
 MMOでは、ちょっとしたイベントシーンみたいなのが見れるだけで、すぐに朝になるのはRPGと同じだ。
 まぁフルダイブVR以外は、PCの前にいるのに画面内で寝られても困るから、それ以上どうすることもできない。

 でだ。

「わーいお部屋ですよ。木の部屋ってなんか落ち着きますね。家は鉄筋コンクリート製のマンションだから」

「そうだよな。うちもそうだわ」

 一人暮らしなんてそんなもんだ。

「あの、ベッドが一つしかないですよ」

「そういうもんなんじゃね。普通」

「そうなんですか?」

「ツインの部屋なんてないみたいだったよ。ツインにするくらいなら2部屋とるだろ、普通」

「そうなんですね」

「うん」

「お風呂は、ここはついてないみたいです。しょぼん」

「まあ、安かったしな」

「ダイブしたまま、寝るとどうなるんですか?」

「体は元から寝てるようなもんだ。で頭も寝るんだよダイブしたままね」

「じゃあ、普通に寝ればいいんですね」

「うん」

「装備を変えてっと」

 オム子は最初の青いシャツにズボンだけになり、靴も脱いだ。
 俺も初期装備の軽装に戻す。
 ワンタッチで楽々着替えだ。
 これが生着替えが必要になると、あーんなことやこーんなことが起こるけど、ちょっと言えないな。

 ベッドには白い枕が2つ並んでいる。

「じゃあ、寝心地を確かめましょうか」

「おっおう」

 童貞の俺様、心臓バクバク。
 対するオム子、普通に寝る態勢。

「おやすみなさい」

「ああ、おやすみ」

 ベッドに並んで寝て、布団を被る。
 体の左隅にオム子の体温と柔らかい感触がある。

 すーぴーすーぴー。
 オム子は速攻、夢の中のようだ。
 俺も目をつぶって寝る。
 VRの睡眠と現実の睡眠を兼ねてるのは、変な感じだ。


 ぐっすり寝た。
 朝の6時前、約6時間睡眠で快眠だった。
 夢の中では、オム子がカレーを食いまくっていた。変な夢だった。

「えへへ、おはようございます」

「おはよう、オム子」

「うわー。新婚さんみたいだ。恥ずかしー」

「いまさら、それですか」

「だって、木の部屋が暖かくて、ぐっすりだったから」

「ああ。VR、一度ログアウトしようか。トイレとか行かないとな」

「そうですね。すぐ戻ってきますね。シャワー浴びて、ご飯食べなきゃ。ちょっと遅くなるかも」

「それなら先にチェックアウトしよう」

「はい」

 宿屋を出て、店の前に来る。

「ではアディオス」

「ああ、アディオス」

 なんでアディオスなんだろう、オム子。
 俺もトイレやご飯などを済ませて、再ダイブだ。

 というわけだが、戻ってきたけど下手に動かないほうがいいかもしれない。
 その辺で立ったままオムイさんを待つ。

 今後の予定でも立てておこう。
 強い敵をだんだん倒す。
 武器、攻撃スタイルの確立。
 仲間を集めて、ダンジョン、ボスに挑戦。
 クラブに参加。
 生産のお試し。

 やることは山ほどありそうだ。

「ただいま」

 天使オムイさんが復活した。
 頭の上に輪っかがあるかと思ったけど幻覚だった。

「おかえり、何か食べる?」

「今向こうで食べてきたとこだよ?」

「向こうとこっちは別ボディとなっております」

「そうだね。軽く食べよっか」

「うん」

 露店街を歩いてお店を探す。
 肉まん、小籠包みたいなのを売っている店を発見した。

 肉まん1つ400ラリル。2つ買った。
 オムイ天使は1つだった。

「お、西洋風肉まんだな。ちょっと違う」

 何が違うかは分からないが、違う。

「でも美味しいな」

「うん」

 お店のおばさんが宣伝してくる。

「トマトスープとミカンジュースあるよ。美味しいよ」

「じゃあ俺トマト」

「私はミカンジュース」

「それぞれ100ラリルな」

 トマトスープは結構濃いめで味も付いている。
 トマト自体に旨味があるので、かなり美味しい。

「ミカンはこれさ。まだ青い間引くミカンを搾って砂糖を入れて水で薄めたら完成さ」

「なるほど。でも薄めるんだ」

「そのままだと酸っぱいよ」

「そっか」

 ブタ串焼きの露店も見てみたけど、いなかった。
 残金24.6k。
 武器ゾーンを見て回りメイスを探す。
 オムイさんのサブ武器が見つかった。
 鉄のメイス、11kラリル。

「どうですか」

「どうって俺を殴り殺さないでくれよ」

「愛の力でぼっこぼこにしてあげます」

「それ愛なの?」

「はい」

「撲殺天使か」

「ふん?」

「優しくしてください」

「うん」

 俺たちは、西門から出て牧草、草原を通過して丘を越えた。

 そこにはイノシシとヘビが出るらしい。
 肉まん屋のおばちゃんに聞いた情報だった。

 イノシシ、こいつはアベルボアだ。
 ん?
 あの美味しいお肉ちゃんじゃないか。
 絶対仕留めるマン。

「クロスボウよろ。3からカウントするから同時に攻撃しようず」

「えいさ」

「3、2、1、ファイヤ」

 イノシシに矢が飛んでいく。
 そして俺の手からは「石」が飛んでいく。
 どちらも見事命中。ウサギならこれで終わりだったけど、イノシシはまだ平気な顔をしている。

 石は投擲とうてきというやつだ。
 知ってるか。聖書にも記載されている世界最古の武器のひとつだ。
 聖書にはこうある「あなたがたのうち、罪を犯したことがない者が、最初に彼女に石を投げなさい」。
 俺は軽い罪を犯したことぐらいならあるが、相手は罪人ではなく、コンピューターデータのイノシシでお肉ちゃんだ。
 若干のためらいはあるけど、ゲームだと割り切るしかない。
 投石で人は死ぬ。すぐには死なないので処刑のひとつ、娯楽として古来から使われた。戦争でも意外と使われてきた。
 お城にも石落としの仕掛けがよくついている。

 イノシシがそのまま接近してきた。

「おりゃあ、槍攻撃!」

 俺の槍が炸裂さくれつして、イノシシを襲う。
 ダメージは入ったようだけど、まだまだ元気なようだ。

 前衛が戦っている所を後ろから弓矢を使うのは、物理的に考えれば難しいのがすぐに分かる。
 フレンドリーファイヤというやつだ。
 このゲームで同士討ちが発生するかは知らないが、痛いのは嫌なので、遠慮したい。
 昔のゲームでは、味方は貫通してノーダメージでその向こう側にいる敵だけにダメージがあるなんてのもザラだった。
 あるあるというかシステムの都合だ。
 人間がコンピューターの敵だけを倒すゲームをPvE、Player vs Enemyという。
 対して人間同士の対戦、将棋とかサッカー、FPSの銃撃戦とかを、PvPという。
 これはMMORPGでは、対人あり、決闘のみ、対人なし、のように分類し、その決闘モードをPvPと呼んでいる。
 対人なし系統では、人間を殺すことができない。
 これは平和なようで、ウザイ問題行動をする悪質プレイヤーを対人戦という方法で排除できないことも意味している。
 MMOでのフィールドでの対人、殺人行為をPK、Player Killという。PvPが対戦、格闘技的なのに対して、PKはゲーム内のロールプレイとしての犯罪と定義されていることが多い。
 ゲームシステムに犯罪者と認識されてしまう。
 しかしPKが実装されているゲームでは犯罪をゲーム内でする「自由」が認められている、ということになっている。
 VRゲームでは、橋や崖、家の屋根や城壁から突き落とすことも可能で、実質的なPKが可能だ。
 縛り付けてモンスターの前に放り出すことだってできる。
 敵をプレイヤーに押しつけてそのプレイヤーを殺すのをMPK、Monster Player Killという。
 大量の敵を連れて歩く行為をトレインとよび、トレインの敵を他のプレイヤーに押しつけてするMPKが問題になることがある。
 このように武器によるPKがなくても、抜け道はどのゲームにもある。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する