設定を選択してください。

海老郎のココだけの話

15.形成文字と誤字
こんにちは。第15回目ですね。
お昼休み中に失礼します。
今回のお題は「形成文字と誤字」。
なんのことかと言いますと漢字ですね。
今趣味で誤字確認ツールを作っています。
漢字は象形文字の甲骨文字、つまり亀の甲羅に火の棒を使って入れた割れ目の占いが基になっています。
この個々の部品を組み立てたのが形成文字です。
例えば「人」+「足」で「促」とかですね。
形成文字の多くは意味が偏で、読みがつくりでできています。
そのため、多くの漢字で同じ旁のものは音読みが同じなのです。

 板 ハン いた
 版 ハン
 坂 ハン さか
 阪 ハン さか

つまり、こうですね。

これ、非常に単漢字変換すると、誤字りやすいのはお分かりいただけるかと思います。
 読みが同じで見た目も半分は同じなので、誤認しやすいんです。

ということで、形成文字由来の誤字はいっぱいあります。

今回はここまで、また次回、お会いしましょう。
次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する