設定を選択してください。

モノモノ~物書きたちの物語~

04 作法のお話
 初めて桜口さんと話してから、一週間ほど経った頃。放課後に彼女は、僕の机にやってきた。

「ねえ、上野くん。冒頭を書いてみたんだけど、読んでくれるかな?」

 そうすると、篠原と深田も集まってくる。

「上野だけずるいぞ。オレにも見せろ」
「あたしもあたしも!」

 桜口さんが取り出したのは、プリントアウトされたA4の用紙だった。



 あなたのことをを思い出すとき。
 いつも、桜が見える。
 桜の咲かない季節でも関係ない。
 あなたと桜、それは切っても切れない関係だから。
 私とあなたが出会ったのは、あの満開の桜の木の下だから—。
「おはよう!アスカ!」
 同級生のキヨミが話しかけてくる。今日は大嫌いな体育のある日だ。
「おはよう。」
「何よ、浮かない顔してるわね。」
「体育だもん…」
 キヨミは私の頭をくしゃりと撫でると、励ますようにこう言う。
「いいじゃん、お花見ついでだと思ってさ。今日は外周だから、桜がよく見えるよ!」
 そうか、桜。桜が咲いているんだった。
 ということは、あの人と出会って、もう一年が経つんだ。



「ど、どうかな?」

 桜口さんは、両手で顔を隠しながら、身体を左右に動かしている。
 さて、どこから指摘したものか、と僕がぼんやり考えていると、深田に先を越される。

「内容はいいけど、読みにくいわね……行間、取った方がいいわ。改行後の字下げはできてるから大丈夫」

 次は篠原だ。

「ダッシュと三点リーダも気になるな、これは偶数で使うんだ。それと、セリフ内の句読点。あとは感嘆符か?」

 僕の言いたかったことは全て言われてしまった。よって、僕はルーズリーフを取りだし、添削することにしてみる。



 あなたのことをを思い出すとき。
 いつも、桜が見える。
 桜の咲かない季節でも関係ない。
 あなたと桜、それは切っても切れない関係だから。
 私とあなたが出会ったのは、あの満開の桜の木の下だから——。



「おはよう! アスカ!」

 同級生のキヨミが話しかけてくる。今日は大嫌いな体育のある日だ。

「おはよう」
「何よ、浮かない顔してるわね」
「体育だもん……」

 キヨミは私の頭をくしゃりと撫でると、励ますようにこう言う。

「いいじゃん、お花見ついでだと思ってさ。今日は外周だから、桜がよく見えるよ!」

 そうか、桜。桜が咲いているんだった。
 ということは、あの人と出会って、もう一年が経つんだ。



「わあ、本当だ。読みやすくなったね」
「そうね。縦書きだと別だけど、ネット小説はこのくらい行間があった方がいいわ。少なくとも、あたしはこのくらいが読みやすい」

 桜口は、僕の書いた字を丁寧になぞる。

「びっくりマークの次って、空白なの?」
「うん。次に記号がくるときは別だけど。あと、カッコの前に句点は要らない」

 僕も、できていないことがあるけどね。とは、恥ずかしいので言わない。

「そっか。プロットの作り方については色々読んでみたんだけど、こういった小説の作法については知らなかったなあ」
「ま、作法を気にしない人も居るけどね。あたしはどうも、読んでると気になるから、つい感想に書いちゃうわ」

 深田、こわい。僕は帰ったら、自分がきちんとできているかどうか読み直そうと思った。



 帰宅してから僕は、推敲を始めた。桜口さんに偉そうに言った手前、直しておかないとカッコ悪い。

(うわ、感嘆符の後の空白、できてないとこ多いぞ。ここの三点リーダもだ)

 ゆっくり書いているはずなのに、読み直すとこういうこともある。良かった、気付いて。
 推敲を終えた後、僕はベッドに横たわり、今後の展開を反芻する。

(竜のリョクが迷子になってしまって、ユウキとチエミは必死に探す。そして、ユウキはチエミの涙を見て、彼女にも弱いところがあるんだと気づくんだ)

 そうして縮まっていく二人の距離。それを描くのが難しい。
 どうしたら、少年と少女が惹かれあう様子を、上手く書くことができるんだろう。
 そこまで考えて、僕は自分自身が誰かに惹かれたことのないことに気付いた。
 こんな僕に、ユウキとチエミのことなんて表現できるのだろうか。

(やばいな。スランプになりそうだ)

 迷いが出てきた以上、書き進めることができない。僕の小説を待ってくれている人は、少なからずいるけれど、適当なものを提供するわけにはいかない。

(もう少し、ユウキのことを考えよう。彼は、どんな少年なのかということを)

 僕はベッドから勢いをつけて起き上がり、パソコンに向かった。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する