設定を選択してください。

🌎惑星の王👑~そのうちデッカイ星🌠を買ってやる~

第6話 支援物資🍜と生配信📱と百万円💴
「ピーッ、ピーッ、ピーッ、地球政府の軽トラック級輸送船がドックイン要請を出しています。受諾しますか?」

 宇宙プレハブに付いているAIが宇宙船の接近を知らせて来た。

 初の生配信から三日後、ついに地球政府の船がアイス小惑星にやってきたようだった。
 その間も僕とガイくんは配信を続けて、宇宙中の同情を誘う作戦に出ていた。

 時々投げ銭をしてくれる人もいて、食べ物の配達を頼めるぐらいにはなっていた。

「AI、接岸を許可しろ! おいコージ、これって支援物資が届いたのかな?」
「ああ、多分そうだなガイ!」

 僕たちの宇宙プレハブ内には、タタミが敷かれてそこそこ快適に暮らせるようにはなっていた。

 軽トラック級宇宙船は、僕たちが乗って来たスクーター級宇宙船より大きい。ちょっとした荷物の運搬や、軽い引っ越しなどに使われている。



「こんにちは、初めまして。地球政府の桐生舞きりゅうまいと言います。これから支援物資を運び込みますね! お二人も手伝って頂けると助かります!」

 軽トラック級宇宙船が接岸すると、僕たちのスマホにメッセージが送られてきた。

 ガイくんが「了解! 宇宙服を着て待機します。指示お願いします!」と返信していた。

 三十分もすると、マイさんがプレハブ内に入って来た。
 一時的にプレハブ内の空気が薄くなるが、僕たちもあらかじめ宇宙服を着ておいた。

 宇宙服越しなのでハッキリとは分からないが、舞さんはパッチリ二重の黒髪の女性のようだった。髪は多分長いんじゃないかな? そのあたりは宇宙服越しなのでよく分からない。

「舞さん初めまして、良くお越し下さいました!」
「舞さんとやらありがとうよ!」

 三人で軽トラから段ボールに入った箱をどんどん持ってくる。

「地球政府の職員って舞さんだけなのかな?」

 僕がぽつりとつぶやくと、舞さんは苦笑していた。

「あっはははは、地球政府はビンボーなので予算が無いんですよ実は地球自体をオークションに出す話まで出ているんです」

 舞さんと話ながら荷物運びする様子を、ガイくんがスマホで生配信していた。

「えっ? 地球を買えちゃうって事なんですか?」
「ええはいここだけの話ですけど、実は百万円で
「な、なんだってー!」

 僕とガイくんは、思わずハモってしまった。

「あ、あの、失礼ですけど、どうしてそんなに安いんですか?」
「地球を買うと赤字になるんですですから、何か産業を起こさないとダメなんですよねですから百万円で買っても採算が取れるか微妙なところでしてケプラー皇帝からも、どこかの貴族に買ってもらった方がいいって言われて

 そう、この世界は封建主義が復活している世界だ。
 理由は宇宙が広すぎて、統治するのに単一国家だと管理が厳しい点と、二十世紀ごろから貧富の格差が広がって、上級国民とそうでない国民に層が分かれたのが原因と言われる。

百万かどこかの富豪がポンとくれねえかなぁ」

 ガイくんがポツリとつぶやいたが、その声はしっかりと配信に入っていた。

 ――🔱面白い話だ、百万入れてやろう(ケプラー皇帝)

 チャリーンと言う音がプレハブ内に響く。
 誰かが投げ銭してくれた時の音だ。

「おっ、おい、コージ、金額見てみろよ!」
「えっ、えええ! こっ、こんなに!?」

 金額は、百十一万円だった
次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する