設定を選択してください。

文芸部でも恋がしたいし異世界小説も書きたいから両方する!!

第5話F1「転生ポールマスター」
 今日は日曜日。
 俺は転生者で10歳ぐらいなので、教会で洗礼を受けることになった。
 隔週の日曜日でこの洗礼の儀式が教会で行われる。

「次はハイル」
「はい!」

 大きい声で返事をする。
 後ろでは俺を拾ったリーリアが両手を握って、祈っていた。

 俺は薄暗い洗礼部屋に神父とともに入る。
 目の前には等身大の白い女神像があった。
 ステンドグラスの上の明かり取りから女神像だけが光輝いていた。

「さあお祈りをするのです」
「あ、はい」

「女神様、俺にギフトをお授けください」

 女神像と周辺がさらに光りだし、女神様が降臨する。

「ハイルのギフトは『ポール・マスター』です。よかったですね。よく励みなさい」
「ポール・マスター?」
「女神はいつでも、あなたを遠くから見守っています。では、よい日々が送れることを祈っております」
「ありがとうございます、女神様」

 女神様の幻影が薄れていき、薄暗い洗礼部屋に戻る。

 俺は転生し、ポール・マスターのギフトを得た。



 ◆◆◆

 話はギフトを得る、3日くらい前に戻る。

 あいてて、頭が痛い。
 転んだか何かして頭を打ったようだ。

 俺は気が付くと、平原の真ん中にいた。

「で、ここはどこなんだ。確か高校の帰り道を歩いていて、それで、そうだ!」

 その時の光景を朧気ながら思い出した。

トラックにひかれて、血だらけで死んだはず。て、て、転生なのか」

 自分の手を見てみると、手が小さい。
 それから身長が低い。

「10歳ぐらい、だな、うん」

 俺は男子高校生から10歳の男の子になっていた。

 緑が生えている平原だ。
 木々もまばらではあるが、生えている。

 ある程度は遠くまで見える。
 目を凝らして周辺を見てみると、遠くに川らしきものがあり、その向こう側に、町だ、城壁に囲まれたヨーロッパみたいな町のようなものがあった。
 川には橋が架かっていて、商人なのか旅人なのか判別がつかないが人が渡っている。
 それから馬車が一台、橋を渡って門から町に入っていくのが見えた。

「馬車中世なのか、いわゆるファンタジー世界なのか?」

 とにかく、ここにいてもしょうがない。

「話が通じるといいんだけど、行ってみるしかないか」

 自分の格好は、普通の村人みたいな薄茶一色の目の粗い服とズボンだ。
 学生服ではないらしい。
 体が縮んでいるし、さすがに学生服のままなわけないか。

 少し町の方向に歩いたところ、土がむき出しの街道にたどり着いた。

「路面はそれほど悪くないな。ちゃんと固めてあるし、溝もある」

 馬車がすれ違える幅があり、左右の隅には気持ち深めに溝がある。
 ここがただの道ではなく、手を入れてある街道である証拠だ。

 道沿いに遠くに見える町まで歩いていく。

 結構な距離歩いた。

「おい、そこの子供、止まりなさい」

 に、日本語、ではないな。
 聞いたことがない言葉だったけれど、意味はなぜか理解できる。
 返事をしようとすると、同じ言語が頭に浮かんでくる。なんだこれ。

 これが世にいう、転生チートの一つ「言語理解」のようだった。

「はい、なんでしょうか? 気が付いたら平原に倒れていて、それ以前の記憶がないのです」
「そうなのか坊主? 大丈夫か?」
「大丈夫か、大丈夫じゃないかといえば、大丈夫ではないです」
「だよな、どうしたらいいんだ」

 門番もこのような事態に困惑している。

「門番さん、お困りですか?」

 後ろから来ていた少女、お、おお、かなりの美少女が声をかけてきた。
 俺と同じくらいの身長なので10歳ぐらいだろう。
 きれいなピンク髪をツインテールにしている。
 胸は少し膨らみ始めたくらいで、将来性を感じさせる。

 少しくすんだピンク髪の女性が少女の横に立っていた。
 母親なのだろう。二人とも背中には薬草が入っている籠を背負っていた。
 どうやら薬草採取の帰りらしいと当たりをつける。

「ああ、どうも記憶喪失らしくて」
「それはお困りですね。そうだ。私がお世話をしますから、通してあげられませんか?」
「そうですね。それならいいですよ」
「ありがとうございます」

 俺がびっくりして彼女を凝視していると、そっと目を細めてから、ウィンクをしてくる。
 かわいい。

「あっああ、ありがとうございます」

 俺は見とれてしまっていたが、急いでお礼を言う。

「よかったな坊主、じゃあ通っていいぞ」
「はい、お疲れ様です。門番さん」
「はーい。次の人」

 こうして俺はピンク髪の少女と門を通った。

「はい」

 彼女が右手を差し出してくる。

 握手かなと思い手を出すと、手を握られた。
 そのまま歩き出そうとする。

「あなたはどこの誰ですか? 『自称』記憶喪失なんでしたっけ?」
「そ、そうなんだ! 記憶喪失になっちゃって」
「ふーん」

 彼女はかがんで下から俺の目をのぞき込んでくる。
 その青い瞳はらんらんと輝いていて、すごくきれいだ。

「私はリーリア、あなたは? 名前くらいありますよね?」
「俺は、その

 俺は青山あおやまたかしだったんだけど、そーだな。
 せっかくだから、何か異世界の名前を考えるか。

「俺はハイル」
「ハイル君ね、よろしく!」
「ああ、よろしく。俺、どうなるの?」
「どうって、家も家族もいないんですよね? とりあえずうちにおいで?」
「うん」

 おばさんはニコニコしてみているので、問題はないのだろう。
 治安とかスリとか、子供が悪いことをすることはないのだろうか。
 少し善良すぎる対応に不安を感じないわけではないが、好意には甘んじよう。

「ハイルのギフトもしくはジョブは何でしょうか?」
「え、ギフト? ジョブ? さあ」
「じゃあ洗礼はまだなのですね。何歳でしたか?」
「たぶん10歳ぐらいだと思うんだけど」
「そうなんですね

 それから3日間彼女の家にお世話になった。
 井戸、火のかまど、藁を敷き詰めたベッド。
 町中には馬に馬車。馬じゃない鳥馬や飛べないアースドラゴンなどもいた。

 まさに中世ファンタジー風世界だ。
 俺は感動しつつ、若干の不便さも感じる。
 特に夜はロウソクや魔道具の明かりもあるものの、貧乏人には暗くなったら寝るのが基本らしい。

 食事のメインはジャガイモスープ。
 少しだけ入っているベーコンの切れ端が塩味がしておいしい。

 決して裕福ではないが、まだ異世界を満喫していた。

 そして日曜日。

「ハイル。今日は日曜日で洗礼の日なの。ギフトが何なのか分からないのよね? 洗礼前なのでしょう。やってもらいに行きましょう」
「あ、うん」

 こうして俺は洗礼を受けてギフト「ポール・マスター」を授かったのだ。

次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する