設定を選択してください。

オオカミとメカ

鎮圧を終えて
『――こちら、アイアンクロス大隊所属、シルヴィア・フローベルガー少尉だ! アネット、聞こえるか!!』

 ――そんな中で、遅れた援軍がやっと来た。

『シルヴィア!? 来たのね!!』
『……その様子だと、もう終わったみたいだな』

 ぐちゃぐちゃに損壊した己の乗機を見て、バツが悪そうにシルヴィアがそう言った。

『急いでそいつと中にいるガキンチョを連れて帰るぞ』
『……そうだね』



 それからのこと。ゼーレスヴォルフを強奪したフィーア・ブリューゲルは、基地に連れ帰られてすぐ、医務室に運ばれた。
 幸いにも見た目より傷は浅く、回復は早く済んだのだが。

「…………」

 ――事情を聴きとろうとアネットが医務室へ向かうと、そこには衝撃の景色があった。
 フィーアがベッドに、拘束されている様子だった。

「少佐、これはどういうことですか!?」
「見ての通り、逃げ出さないように拘束しているのよ」
「いくらあれだけのことをしたとはいえ、子供相手になんてことをするんですか!!」

 完全に四肢を、ベッドの手すりから延長した鎖でつながれているフィーアを見て、アネットが叫ぶ。

「一応言っておくけど、博士の承諾はもらっているわ」
「!?」

 あろうことか、母である博士の承諾もおりているらしい。

「……!!」

 その時、鎖の金属音が響き渡った。

「……目を覚ましたか」

 ベアトリクスが即座に、理不尽な拘束を施した子供の方を向く。

「……離せええ!!」

 目覚めるなり、彼女はさっそく暴れだした。

「大人しくしなさい」

 ――が、そこに少佐は拳銃を向けた。

「――!?」
「私はアイアンクロス大隊所属、ベアトリクス・イーダ・シェーンハイト少佐だ。君が我々の保有する兵器を強奪した件に関して、事情を説明してもらおう」

 銃を向けながら話した彼女は、証言を強要していた。

「無論、これ以上抵抗の意志を見せるなら、この場で射殺する」

 青ざめ始めるフィーア。その顔は、母親相手にも見せたことのないおびえた顔であった。

「少佐!!」
「……どうやら、抵抗する気はないようね」

 その顔を見て、ベアトリクスは銃を降ろした。

「さて、話しを聞かせてもらうわよ」
「…………」
「なぜ我らの保有する、ゼーレスヴォルフを奪った?」

 拘束されるフィーアに、ベアトリクスは質問を続ける。

「…………」

 再び沈黙するフィーア。

「答えるんだ!!」

 沈黙するフィーアに、ベアトリクスは再び銃を向けた。

「あれの開発者は、君の母であるジークリンデ・ブリューゲルなのは知っているな? 彼女はわが軍の軍需品開発に欠かせない人材。君の短慮な行動の責任を彼女に取らせ更迭するのは遺憾だが、君が沈黙を貫くならそうしざるを得ない」
「……言えない」

 だが、それでも彼女は口を割ろうとしない。

「なに?」
「あいつの奴隷になり続けるくらいなら、ここで親不孝な子供として死んでやる!!」
「…………」

 ここでフィーアがあいつと呼んだ人物、それが彼女の母であるジークリンデ・ブリューゲルであることは明白であった。

「……どうやら、口を割らせるのは無理そうね」

 ベアトリクスは銃を降ろした。

「少佐、乱暴すぎますよ!!」
「仕方ないわ。この様子じゃ、何を言っても無駄でしょう。それにこれ以上、彼女に尋問する理由はないわ」
「少佐、それはどういう……」

 少佐がフィーアの方へと視線を向ける。
 彼女の視線とフィーアの視線が交錯した。

「しばらく時間をあげるわ。私の気が変わるより先に、正直に話すことね」
「…………」
「それとあなた、博士のことが……いや、お母さまのことがずいぶんお嫌いなようだけど、私は博士より怖いわよ?」
「……あんただって、あいつと同じだ! 暴力でしか人を従えられないんだ!!」
「軍隊の規律というのは、もとよりそういうものよ」

 その二人の視線が互いににらみ合う中、ベアトリクスがアネットの方を見る。

「私はこれから博士に聞き取りに行くわ。この子は任せたわよ」
「……わかりました」

 渋々ながらアネットが頷くと、フィーアは再び恐怖の視線で少佐を見ていた。

「結局は口だけの威勢ね、子供はみんなそういうものよ」

 フィーアを拘束する鎖を外しながら、ベアトリクスは呟いた。
 そんな彼女に、少佐は無言でいた。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する