設定を選択してください。

深緑の魔法使い

05 旅の護衛
 このまま別れるのもちょっと、ということで、あたしはセドに連れられ、また違う酒場へと入った。さっきの所とは違い、バーのような落ち着いた店だ。

「さっきはありがとう。助かったわ」
「どういたしまして」
「命の恩人にこう言うのも何だけど。あなた、つけてきてたわね?」
「はは、バレたか」

 セドは悪びれずにそう言った。

「マヤのことが心配でね。最近、夜盗多いからさ」
「まあ、結果的に良かったけど、あなたの目的は何?」

 あたしは厳しい目を向けた。そうすると、セドは言った。

「マヤ。俺を旅の護衛にしないか?」
「護衛?」
「うん。俺が居れば、さっきみたいに夜盗を倒すことだって簡単さ。賃金は、生活費だけでいい。どうだ、悪い話じゃないだろう?」

 悪くない話、とやらには裏があるはず。あたしはさらに切り込んだ。

「どうしてあたしなの。旅人なら、この辺には沢山いるでしょう?」
「それは、えっとだな、マヤが魔法使いだからだよ。旅の資金なら、けっこう持ってるんだろ?」
「確かにそうだけど

 あたしはノエラに貰った資金のことを思い出した。もう一人分くらいの生活費なら、余裕で出すことができる。それで安全を買えるのだから、彼の言う通り悪い話ではないかもしれない。先ほど見たように、彼の腕は確かなものだ。

「いいわ。あなたを買いましょう」
「よっしゃ、決まりだな!」

 セドは心底嬉しそうに指を鳴らした。



 翌日、レドリシアの入り口で待ち合わせたあたしたちは、シオドルへ続く街道へと歩んだ。
 振り返ると、魔法院の塔が、あたしを見送るかのように高くそびえていた。ありがとう、ノエラ。あたしは心の中で呟いた。

「シオドルは、遺跡の街だ」

 頼んでも居ないのに、セドがそう語りだした。

「俺も一度行ったことがある。学者やら何やらもいっぱい居て、知的な街っていう印象だったな」
「どのくらいで着くの?」
「徒歩だと五日。途中、旅人の宿があるから、泊まりながら行けばいいさ」

 あたしの目前には、小鳥が飛んでいる。道を示す使い魔だ。とはいえ、街道沿いにひたすら進めばいいので、今の所出番はそうないのだが。

「そういや、聞いてなかったけど。なぜガレス山に行くんだ?」
「紅蓮の魔法使い、ドルガに会うためよ」

 ドルガの名は、ヤーデから何度か聞いたことがあった。誰よりも強い、炎の使い手だと。険しい山に住んでいるのも、修行のため。
 しかし、それ以上に、ヤーデとドルガの間には何かがあるようだった。今となっては、ドルガ本人に聞いてみるしかないが。

「紅蓮、か。なんだかおっかねえな。そういやマヤには、二つ名ってあるのか?」
「無いわよ。だから大樹の魔法使いの弟子、って名乗ってるわ」

 二つ名は、誰からともなくそう言われる場合と、魔法院から授けられる場合がある。ヤーデの大樹という二つ名は、一人立ちをした後、当時の魔法院長から命名されたらしい。
 初め聞いた時は、何だそれは、と思ったのだが、ヤーデの深い愛情を受けたあたしには、大樹という名がどれだけの意味をこめられているかが解る。
 二つ名があるということは、それだけ強大な魔法使いだということ。ノエラは気さくな方だったが、ドルガはどうか分からない。

「俺は魔法使いのことには詳しくないが、その手紙、なぜ直接渡さなきゃいけないんだ?」
「郵便じゃ、ダメなのよ。あたしが直接、その方々に会って、手がかりを探す必要があるの」
「手がかり?」
「あたしは、無限の魔法使いを探しているの。セドは知らないわよね」
「すまん、知らねえな」

 一緒に行動する以上、ある程度の話はしておいた方が良いだろう。あたしは続けた。

「あたしの故郷は、ちょっと遠いところにあってね。そこへ帰るための方法を探しているの」
「そっか。マヤの顔立ち、ここいらじゃ珍しいもんな」

 まあ、異世界から来た、なんて話はもちろんしないけど。したところで、きっと信じてもらえるはずはない。
 セドのお陰で、あたしの旅はずいぶんと賑やかになった。彼は始終、あたしに話しかけてきて、色々と笑える話もしてくれた。
 孤独な旅になると思っていた。たった一人で行くのかと思っていた。そうか、それで彼の申し出を受けてしまったのだな、とあたしは思った。
次の話を表示




トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する