設定を選択してください。

深緑の魔法使い

12 稲穂の村
 アデルアの街を出て、船着き場までは、数十分程度の道のりだった。今から渡る川は、海と見まごう程大きな川で、対岸が見えなかった。

「船なんて久しぶりに乗るな。漁師の日雇いしてたとき以来だぜ」
「セドって本当に、色んなことしてたのね

 あたしたちは船に乗り込んだ。乗客は少なく、あたしたちの他には五、六人程度だ。
 今朝、目覚めたときに、セドは言った。ハーレンを見つけるまで、側に居ると。
 しかし、彼は理解しているのだろうか。もしあたしが元の世界に帰れたら、永遠の別れとなるということを。
 船は大きく揺れていた。あたしは水面を見つめながら、そのことばかりを考えていた。

「お嬢さん、浮かない顔だね」

 小さな子供を連れた、年配の男性が話しかけてきた。

「ええ、ちょっと船酔いしたかもしれません」

 あたしは言い訳をした。

「もしよければ、この飴を舐めなさい。少しは楽になるから」

 あたしは有り難く、飴を受け取った。ついでにセドも。

「見たところ、旅の魔法使いさんのようだね。ナナ様に会いにかい?」
「そうです。あなたは、サンメイリーの方ですか?」
「そうとも。ナナ様は、サンメイリーの救世主だ。土壌を整える魔法を使い、村を豊かにしてくださった」

 土壌を整える魔法とは、初耳だ。稲穂、という二つ名を聞いたときは、変わった名称だと不思議に思っていたのだが、ここで疑問が解消された。

「ナナ様は、どんな方ですか?」
「気さくでとてもいい方だよ。客人をもてなすのが好きでな。きっと山ほど食事を出されるぞ?」

 すると、セドが口を挟んできた。

「サンメイリーの食事は、さぞ美味しいんでしょうね」
「もちろんだとも。田舎の村だとバカにされることもあるが、うちで採れる米は絶品だからな」

 米が食べられる。そのことに、あたしは少し浮かれた気分になった。この世界に来て長いが、やはり根は日本人なのである。



 川下りは、思っていたよりも長かった。夕刻になり、ようやく船はサンメイリーの村に着いた。
 あたしたちは、話しかけてきた年配の男性、ホッヘの家に厄介になることにした。今からナナの家に行っても、遅すぎるからだ。
 ホッヘには、妻と三人の子供たちがいた。騒がしい食卓に、思わず顔がほころぶ。子供がいるというのは、いいものだ。

「あなたたち、ご夫婦なの?」

 ホッヘの妻が聞いてきた。

「いえ、違います。セドは護衛をしてくれているんです」
「あら。てっきりそうだとばっかり。ごめんなさいね」

 出された食事は、粥と焼き魚だった。美味い。なんて久しぶりの食感なんだろう。醤油が欲しいところだが、さすがにそこまで望んじゃいけない。

「お姉ちゃん、魔法見せて!」

 ホッヘの子供たちが、あたしの足元にまとわりついてきた。あたしはしばし考えた挙句、水球を宙に浮かべる魔法を見せてやった。

「わあ、すごいすごい!」
「もっと見せてよ!」
「すまねえなあ、魔法使いさん」
「いえ、いいんです」

 あたしは調子に乗って、水球を沢山増やしていく。子供たちが触れても壊れないので、格好のおもちゃになったようだ。



 あたしとセドは、屋根裏部屋で寝ることになった。昔見たアニメを思い出す。藁のベッドだ。
 昨日の夜とは、別な意味で寝付けない。あたしはどこかはしゃいでいた。

「今日は楽しかったな!」

 セドが、ベッドを寝転がりながらそう言う。あたしは同じベッドの上に座る。

「うん、大勢で囲む食事って、美味しいね」
「俺もこんな子供時代を送りたかったよ。そうだ、マヤはどんな生活をしていたんだ?」
「一人っ子だったから、両親にはずいぶん甘やかされたわね。まあ、あちらの世界では、平凡な家庭だったわ」

 あたしとセドは、育ってきた環境がまるで違う。異世界人同士なのだから、当然だ。けれど、そんな環境の差もあまり気にならなくなっていた。ヤーデとの暮らしが長かったせいだろうか。

「マヤの世界は、どんなところなんだ?」
「そうね。あたしの国は、何十年も前には戦争をしていたけれど、その教訓から平和な国になったの。でも、まだ戦争をしている国はあるわ」
「それって、どこの世界も同じなんだな。サンメイリーはこうして平和だけど、俺の街はそうじゃなかった」

 そうだ、どちらの世界も、根本的には似ている。こちらには魔法があるという特異性があるけれど、夕食で出されたとおり、米もある。
 なぜ、二つの世界があるのだろう。その答えを、ハーレンは知っているのだろうか。

「なあマヤ、もっと聞かせてくれよ。俺、マヤの世界の話、もっと知りたいんだ」

 あたしはそれから、思いつく限りのことを話した。車や電車といった交通機関があること。学校があり、病院があり、暮らしを整えるための施設が沢山あること。
 そして、あたしの個人的な話。初恋は中学生のときで、一つ上の部活の先輩。卒業してしまうまで、ついに想いを告げられなくて、実らなかった。

「セドは、過去にお付き合いをしたことはあるわよね」
「まあな。俺、けっこうモテるから」
「ふうん、そっか」
「なんだ、妬くなよ」

 セドは起き上がり、あたしの頭を小突いた。
次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する