設定を選択してください。

花冠【完結】

花冠
 君のために繋ぐ。


 白い花と花を絡めて。
 繋いで。

 輪になって、その小さな頭に乗せて。

 君は笑う。

「とってもきれい、ね」

 幼い笑顔はとても温かくて、乳歯が一本だけ抜けた口を楽しげに開く。

 いつの間に君はそんな大きくなったのだろう。
 少し前まで小さくて一人でお手洗いにだって行けなかったのに。

 君は知らない内に成長していた。

 小さな手で、私と同じ様に花と花を絡める。

「はい、お父さんの」

 所々がほつれかけた花の冠を差し出す君は、愛しくてまぶしい。

 妻はこの子の成長を楽しいと笑う。
 私も楽しいと感じている。

 でも、何故だろう。

 いつか来る未来を想像すると少し寂しくなるんだ。

「有難う」

 私は冠を被せてもらう。
 まるで戴冠式だ。

「お花のかんむりって、私たちみたい。 なかよしで手をつないでる、お父さんと、お母さんと、私みたい」

 無邪気な彼女の言葉に笑みが溢れた。



 それから。

 時が経って。


 当然の様に君は私のもとから離れて行った。

 妻は「仕方の無いことよ」などと私に言う。

 想像していた未来と同じだと、私は寂しさを感じていた。
 君は美しい女性になって、簡単には会えないほど、遠くに行ってしまった。

 時が経って、虚しさを抱きながら毎日を過ごすのにも慣れ始めた。
 休日に妻と散歩をするのだけが楽しみになっている。


 公園を抜ける途中で、花を摘む親子を見かけ、孤独を感じる時もあった。

 そんな日々を過ごしていたある日……。

「お父さん」

 君は私たちに会いに来てくれた。

 君の腕には小さな少女が抱かれていて。
 その小さな少女が両手で大切そうに持っているのは、白い花の冠。

「ただいま、これ、この子が作ったんだよ」

 君は、少しヨレヨレな冠を見せ、私に手招きをする。

 君の腕の中で一生懸命に手を伸ばし、近付いた私の頭に少女は冠を乗せた。

「あぁ、有難う」

 私が言うと、少女は明るい笑顔を見せてくれた。
 嬉しくて、温かくて、私の目に涙が浮かぶ。


「お花の冠って、私たちみたいね」


 昔みたいに笑顔で君が言う。

 幼かった君が繋いでくれた花の冠。

 私のために、君達が繋いでくれた花の冠。

 どちらもとても温かくて……。


 これからも「私たちみたい」だと、笑っていきたい。

 笑っていこう。

 幸せは、すぐ近くにあるのだから。

最新話です



トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する