設定を選択してください。

灰銀の楽園

#8 夢の恋仲者
 あたしはいつものようにお昼寝を楽しんでいた。

 月日がちにちはずっとポカポカしてて、とっても気分がよかった。

 なのに、さっきから彼がずっとおでこをつついてくる。

 目を開けると、彼は目の前に居た。

 彼は真っ黒な目であたしのことを覗き込んでいた。

【やあ、おはよう】

 彼はなんの悪気も無く、あたしに話しかけてきた。

 こっちの眠りを邪魔したくせに、何がおはようだ。

 少し恨みを込めて彼の葉っぱのような触角を握る。

【あっ、ごめんよ。起こしちゃまずかったかな?】

 彼はその固い顔を驚かせて、あたしに謝ってきた。

 固い指で顔を掻きながら。

 そうだ。

 思い出した。

 彼に謝らないと。

 あの嵐の日の夜にしてきたことを全部忘れるんだ。

 そしたら、ずっと友達でいられる。

天蟲てんこ……ごめんな――】

あまァァァ!!いつまでアラームつけっぱなしなんだ起きろォォォ!」

 目の前に広がっていた景色が全部消えて、目の前にあったのは灰色の天井だった。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する