設定を選択してください。

バーボチカの冒険 激震のフロンティア

傲慢たる使徒●
「ヒャッハー!」

 迫る男が放った乱拳、それが衝動の赴くまま空を切る。

「……えい!!」

 だがそれに合わせてバーボチカが地を蹴った。己の姿勢を重力に合わせ、はるかに大きい男の肩へ飛び乗る。

「なに!?」

 これでは自慢の拳も届くはずがない。

「ねえお兄さん、あなたは今まで何人殺したんですか?」

 首を囲うのは足、ナイフをつきつけるのは右手。

「そんなの知るかよ!」
「ふーん、そうですかあ」

 余裕を見せながら笑うバーボチカだが、次第に怒気を強めていく。敵は殺しを楽しんでいる。それを確信したからだ。

「私はあなたが殺したおじさん達がどのお友達のお父さんなのか、みんな一人一人覚えているのですよ?」

 平静を装う裏に、どれだけ強い怒りがあるのか。

「うるせえ! 未練がましいんだよ! そんなに好きなら今すぐそいつらのところに送ってやるよ!!」

 逆上した男が奇手に出た。地面にめがけて背面飛び、これで潰すつもりだ。

「おや?」

 それに対するバーボチカの動きは、見事な垂直跳びだった。

「ウゲッ!?」

 男が仕留めそこなったことに気付いた時には、少女が重力を活かして飛びかかっていた。

「とおっ!」

 胸に飛び乗ったバーボチカが両手に握ったナイフを全力で突き立てた。

「痛ぇ!?」
「えいえいえいえーい!!」

 浴びせられた追撃は別のナイフによる連撃であった。しかし相手の鍛えられた肉体にはほとんど痛手を与えられない。丸太につけた切り傷みたいに浅い。

「――フンッ!」

 案の定反撃のチャンスを与えてしまった。男がとっさに両手で掌底を放つ、それをモロにくらい、バーボチカは強く跳ね飛ばされてしまう。

「うわああ!?」

 ナイフを落とし吹っ飛び、思いっきり尻もちをついてしまった。

「その程度か、クソガキ?」

 男が嘲笑交じりにナイフをブーツで踏み潰し、破砕。これでもう、彼女に戦うすべはない。

「ウフフフ……」

 だが不思議なことに、彼女は笑っていた。

「……何がおかしい?」
「皆さん、敵は私が討ちました。安らかに眠って下さい」
「……ハァッ!?」

 まさかの勝利宣言。逆上する敵を背に、村長の待つ村の方へ走った。

「……ふっざけんじゃねえー!!」



「村長さーん!」

 仕留めた獲物を拾いなおして戻ってきたバーボチカ。その背にはあの男が。

「いかん、逃げろ! そんなものに構っている暇はない、殺されるぞ!!」
「待ちやがれぇぇぇー!!」

 その時だった。叫ぶ男の口から勢い良く血液が飛び出す。

「――!?」

 さらに胴からも出血。出血性の劇毒だ。元から即効性の高いものだが、この男が些細なことで激昂することで血流が良くなっており、通常より早く毒が回ったのだ。
 倒れる男。もう立ち上がることはない。確実に死んでいた。

「……な、何が起こったのじゃ?」
「お母さんが元気だった頃、強力な毒の作り方を教えてくれたんです。いつか必要な時が来るから忘れずに持っていなさいって」

 その毒とはあの彼岸花から抽出したもの。バーボチカの母はシャーマン。生前の頃からこのような事態を予知していたのか、事前に対策を打っていたのだ。

「村長、ご無事ですか!?」

 逃げた村人達が戻ってきた。同族ではない背の高い女性を連れて。

「あ、ああ……じゃが、なぜ戻ってきたのだ」
妖精王様が賊を倒すために来て下さったのです!」
「なんじゃと、それは本当か!?」
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する